CUT A NEWS@REVIEW

キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 1/7 マックスファクトリー版

メーカー:マックスファクトリー 発売:2009/12

原型製作:シャイニングウィザード@沢近 (マックスファクトリー)

メーカー希望小売価格:8,800円(税込)

玩具レビュー

そろそろブームも下火だろう?」…既に幾度の再販が行われているのにもかかわらず、いまだにねんどろいど 初音ミク(AA)を手に入れられないまーしゃは他の誰から見ても一番センチメンタルだろうか?(日本語でおk)

昨今、二次創作物の趨勢がさらなるブームの引き金になることが多いのは紛れも無い事実とは思いますが、音声合成ソフト的なボーカロイドシリーズからここまでキャラクター人気が盛り上がるとは誰が予想できたでしょうね。

figmaやグッスマ版、プライズ製品ですら発売直後からほとんど市場にその影を残す事はなく…オークションなどでそのプレミアムな痕跡を見る事が常という、いろんな人達に愛されているまさに現代の歌姫!

冒頭の通り、さすがにそろそろブームも…と思っていましたが、先日発売されたねんどろいどぷち ボーカロイド(AA)のヒットにつづいて、この先もアレンジ次第で無限可能性を感じさせるモノ(AM)商品展開的に)が待っていることを考えると、来年以降も楽しみです。

さて、今回は原点に立ち戻っての正当派にして決定版とも言えるものがきたかもしれません!素晴らしいコスチュームの質感を感じさせるこだわりシワの表現は必見!もちろん、普段見えないところのシワもすごく期待して良いですよ!(一言多い)

figma、プライズ…と気が付くと数多く製品化された初音ミク
そのほとんどが市場に残る事は無いというまさに
髪の毛の絶妙な透明感をお伝えしたい…という訳でアレだ
まぁ、インスパイアの元が実にわかりやすいアレな画ですが、ちょっと新鮮で楽しかったです
やわらかそうなほっぺたのラインは独特で、立体映えする作りですね
光沢パール塗装やメタリックなど様々な表現方法で立体化されてきたミクさんですが
この透明感は今まで無かったのが不思議なくらいのベストマッチと思えますね
定番(?)のポーズは公式絵の雰囲気に忠実なイメージ
コスチュームの光沢感とカラダに密着したシワの表現は非凡のデキ
サイドのシームラインやプリントパターンの精細な表現
ツヤツヤ感と質感は思わず撫で回したくなりますね〜…なるよね?
ミニスカニーソの絶対領域
ニーソの質感もさすが、この辺は最後発というのもあって納得のデキです
こう…思わず手を添えてみたくなる素敵サイズ…いやいや見どころはそこだけじゃなくて
ムネのVOCALOIDのプリントはこのサイズにしてこのクオリティとは恐れ入ります
アップで撮影してみないとわからないくらいのサイズにしてこの精細感…素晴らしい
ローアングルからはガードの甘いミクさん…グッドです
台座はシンプルながら映り込むほどの光沢感がベストマッチ
ヘッドセットのディテール、髪飾りがクリアパーツなど本当に細部まで作り込まれてます
表情や雰囲気は数ある完成品ミクのなかでも一番オリジナルに近いアプローチですね
こんなトコロまでシワとくい込みの表現に妥協は一切見られません100点!(なにが)
人気のボーカロイドシリーズ…とは言え、その実やっぱりミクさん頼りといった感じですが
このクオリティで隣に列べるもう一人が欲しいところですよね
AM:キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 1/7 完成品フィギュア
[マックスファクトリー]
キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
AA:キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク (1/7スケールPVC塗装済み完成品)

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします