CUT A NEWS@REVIEW

百花繚乱 真田幸村 アルター版

メーカー:アルター 発売:2010/01
原型製作:田中冬志

メーカー希望小売価格:8,190円(税込)

ホビージャパン誌上通販限定

玩具レビュー

パンツ丸見えと精細なつくりで人気を博した「十兵衛ちゃん」(まぎらわしい言い方はやめろ)は、売り場でほとんど姿を見ることなく消えていった一方で「アルターの無駄遣い」という声も聞こえてきたりして、レビュアーとしても人気があるのかさっぱりわからない「百花繚乱」シリーズ…。

最近、メーカー側のけちり過ぎじゃね?綿密な出荷数量を上回る人気で品薄傾向のあるアルター製品の上、第二弾は誌上通販だったり第三弾はカラバリが誌上通販だったり、「水着十兵衛」にいたっては1500体限定の抽選販売ふざけてるの?…と、フィギュア界におけるシリーズコンプリートの最難易度に挑戦しているような販売方法には本気で勘弁してもらいたいモノです。

今回の「真田幸村」は2009年5月にホビージャパン誌上により通販申込みが行われたもので、何度かの出荷延期を経てようやく今月出荷されたものです。第三弾のメイド忍者(AM)は発売日未定の延期となってしまいましたが、このシリーズがどこまでいってくれるのか実に楽しみです。

…次はイベント会場限定抽選販売とかだな!(それはボークスさん的なアレ?)

今回はHobbyJAPAN誌上通販による限定販売
幸村さんは延期に次ぐ延期だったし、半蔵さんの方は発売日未定になっちゃうしで
イロイロと目が離せないシリーズになっちゃってますね
フトモモにしめ縄の十兵衛ちゃんもたいがい謎な意匠でしたが
陣羽織風コスにスク水というこれもかなり新しいと思います
両手に持った大きな扇子はてっきり外せるのかと思ってましたが手に固定となってます
その分ポロリがないのはありがたいですが、この扇子がまた撮影泣かせでねぇ…
扇子に描かれた家紋である六文銭
どんだけ六文銭好き?と思わせるほど隙あらば描かれております
おでこちゃんって立体化の際には割とバランス取りが難しいところですが、さすがです
アイプリントのキリッとした視線がばっちり決まってますね
コスチュームに施されたプリント柄は恐ろしい精度で
こんなのが裏側の見えづらい位置まできちんと描かれております
例によって各所にツッコミ入れたくてしょうがない組み合わせの素敵デザイン
この上げ底スポーツシューズとか…実に新世紀仕様
スク水にはひらがなで「さなだ」のネーム入り
しかし、百花繚乱って原作読んだ事ないんだけど、どんな話の上でスク水なんだろう?
えっと、戦国水泳部とか?(どんなだ)
これだけ無茶のあるデザインコンセプトにあって
キレイにまとめられているセンスはある意味すごいですね
流れる髪の毛と広げた扇子はまさに舞
チラッと見える白いスクール水着以外は実に見事な舞と言えますね
キツメの視線とまぶしいフトモモ&スク水がチラッと見える辺りは、独特のコントラストを作っています
むっちりしたフトモモと白いスク水…素晴らしい絶景
こうなると紺スクバージョンがいつ、どのように発表されるか気になりますね
半蔵さん以降の話を聞きませんが、3人で終わりってことはないですよね?
まぁ、バリエーション含めると3人で6種類というあたりになにか間違ってる気がしますが
AM:百花繚乱 服部半蔵 完成品フィギュア[アルター]
百花繚乱 柳生十兵衛 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
AA:百花繚乱 柳生十兵衛 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします