CUT A NEWS@REVIEW

百花繚乱 千姫 アルター版

メーカー:アルター 販売時期:2010/07/07

メーカー希望小売価格:8,190円 (税込)

原型製作:高橋 剛

玩具レビュー

WFのイベントレポートのおかげで久々のレビューになってしまいましたが、久々のレビューはいろいろあってうっかりお蔵入りしてしまいそうだった公開までに時間が空いてしまったシリーズコンプリートの厳しさがむしろ人気の秘訣(いやな秘訣だな)、百花繚乱シリーズ最新作。

パンツ丸見えの第一弾は品薄(再販決定!(AM))、スク水ロリ第二弾は誌上通販限定、メガネメイド忍者(AA)の第三弾は限定カラバリあり、さらに十兵衛水着Ver1500体限定という…シリーズコレクター的にエクストリームな「百花繚乱」シリーズにおいて、「店頭販売あり、限定版告知なし、そしてカラバリ無し」(現時点では)という極めて異色作がここに!(フツウって難しい)

…まっ、発売からほんのちょっと間の空いたことで見えてくる事もあるというかちょっと目を離してる隙にこんなお買い得になっちゃって(AA)って、おぃぃぃっアレか?やっぱアレなんですか?ホントにソレが秘訣だったんスか?(不明瞭な発言はやめて欲しい)

エキセントリックなコスチュームばかりのこのシリーズにおいて
意外に普通に見えながら(そうか?)頭の将棋の駒とか襷がけのしめ縄とか
和洋折衷だけでとどまらないところがチャームポイントですね
袖にプリントされた柄はさすがに見事
サンプルの時から気になっていた首の角度がそのまま発売されたのはちょっと以外
微妙に違和感を感じる上に表情も微妙なところ
一作目から三作目までのはじけた感じからすると落ち着いた雰囲気ですね
ミニスカニーソで薙刀もつのはアレかもしれないけど
薙刀から延びる紐の先には分銅のようなものを装備、紐はリアル素材
絶妙なへそだし具合が一番の見どころ
おなかの肉のあまり方が妙にマニアックな案配で素敵
武器の質感、ディテールは安心のアルタークオリティ(一応言っておこう)
やっぱり一カ所くらいはこれくらいのネタどころが欲しいですね
これでもこのシリーズの中だと普通のインパクト
衣装デザインはさすがにむやみに独創的な方向性で驚かされますね
一歩間違えるとガイアが囁きそうです
ちらリズム(ってほど隠れてないけど)的な魅力はそこかしこに用意されており…
パンツのシワについては言わずもがな
淡泊なデザインながら魂を感じさせるつくりでナイスですね
いわゆる首から下は満点…とついつい言ってしまいがちな惜しさがあると言いますか
WFでもこのシリーズの続編が発表されていなかったのが残念なところ
「百花繚乱」としてはアニメ化も決まり、メガハウスさんからも製品化が発表されている作品だけに
先駆けであるアルターさんのこのシリーズにも期待したいですね
AM:百花繚乱 千姫 アルター版
百花繚乱 1/8 千姫
AA:百花繚乱 1/8 千姫 アルター版

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします