CUT A NEWS@REVIEW

百花繚乱 後藤又兵衛 アルター版

メーカー:アルター 発売元:ホビージャパン

発売:2011/06 原型制作:高橋 剛(一期栄華一杯酒)

メーカー希望小売価格:8,190円(税込)

「月刊ホビージャパン」2011年1月号(11/25売)
2011年2月号(12/25売)の誌上限定通販

玩具レビュー

百花繚乱はホビージャパンの記念企画としてスタート、戦国武将な女の娘がいろいろやるという…もはや説明するだけ野暮なジャンルですね。

原作となる小説とそのキャラクターのフィギュア化という微妙なメディアミックス展開っぷりは、いやでもクイーンズブレイドシリーズを彷彿させますが、アニメ化されるまでどちらかというとフィギュアの方しか認知されていないという余計な部分まで似ちゃったとも言えますね。(ほっとけ)

そのクイーンズブレイドはというと、一応原作的ポジション(一応とか言うな)である対戦ビジュアルブックは対戦型ゲームブックという体をなしていますが、基本的にいかにパンチラを…というかアニメはモロ出しな訳ですが、きわどいカットをどれだけ自然に盛り込むかが作品テーマであり(どういう私的解釈?)、こちらはメガハウスさんからフィギュア化される際のコンセプトと非常に親和性の高い方向性で双方ヒットしたもうなずけるというものです。

一方、HJxアルターコラボの百花繚乱においてはアルターさんが製作ということで、やや上品な作風が(パンツ丸出しなヤツが上品か?)らしいと言えばらしいですが、エキセントリックなコスチュームはキャストオフ要素などないにもかかわらず魅力的で、再販されるほどに好評だったようです。

抽選限定誌上限定などが多いこのシリーズも、アニメ展開によってたくさんのメーカーから発売されることになりましたが、元祖とも言えるこのシリーズはやはりひと味違いますね

 なんという漢らしいフンドシルック!
槍から垂らした布を左手に握り、そのシルエットはとても見映えしますね
下半身はフンドシ丸だしなのにかっこよく見る不思議!
布を支える台座が付属していますが無くても安定してますね…撮影後まで忘れたくらい
毎度おもしろカッコイイセンスが斬新なコスチュームデザインですが
今回のセーラー服っぽいアレンジは比較的普通っぽく見えますね
戦国キャラにセーラー服&フンドシを普通っぽく見えるって、どんだけ…
 振り返り美人…いや、尻を正面に向けて飾りやすいためとかじゃなくてね
髪の毛についてはややソフトなつくり?
いつものカリカリシャープなエッジに比べての話ですけど
例の不思議デザインなアクセサリーは控えめで
小太刀にした髪飾りくらい?(セーラー服っぽいのはもはや普通すぎ)
ちなみにこれは隠し武器かなにか?最後の切り札的なヤツ?
武器のエッジはさすがにシャープ
金属の質感は十二分、武器も申し分のないつくり…というか精細すぎ
槍から垂らした布はその形状塗装共に実にハッタリの効いた作りで良いです
よろしい、よろしいが…なに、この絶妙な隠蔽率
えっと…この淫獣何だっけ?
 台座の向きを考えると公式に尻を正面にして飾る事推奨…という訳ですね(違います)
圧倒的に魅力的なおしりですが、こちらも絶妙な後ろ髪ジャミング
がんばっていろんな角度をフォローしましたが、これは立体物で眺めたいところ
赤い布を外してみると素敵な腹筋とフンドシ
なんだこの肌色支配率
 胸はサイズ的にはともかく、そこはかとなく漂うアルター的な上品さが…(メガハウス比)
なんか…こう、量産機的なカラーリングだよね
こういうコメントいらずなカットって、好きだなぁ
 いろんな意味で全方位隙のないつくりでどこから見てもとても楽しい
こうしたフィギュアは肌色自体の質感、塗装がとても重要だなと再確認させられるものですが
通販でありながらその点についてはほとんど心配する必要のない安心感とその結果、この安定感
サンプルからの劣化もほとんど無く、安心と実績のアルターxホビージャパンコラボ
限定販売ものは興味を持った人があとから集めるのが難しいという点は今でも変わりありませんが
最近は他のメーカーからも多くのキャラが発売されるようになった、このシリーズですが
アルターさんにも引き続き展開を期待したいですね
後藤又兵衛 [百花繚乱] (製作:アルター) ホビージャパン誌上限定品(1/8 PVC塗装済み完成品)
AA:後藤又兵衛 [百花繚乱] (製作:アルター) ホビージャパン誌上限定品(1/8 PVC塗装済み完成品)

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします