CUT A NEWS@REVIEW

クイーンズゲイト ペインキラー琴音ちゃん ホビージャパン版

メーカー:製作 ホビージャパン

発売:2011/07 原型制作:Vispo

メーカー希望小売価格:9,800円(税込)

玩具レビュー

いまや飛ぶ戦闘機を落として国際問題に発展しそうなくらいの勢い中国嫁日記で有名な井上純弌先生ですが、同人フィギュア、TRPGの頃からの追っかけとしては「けっ、にわかどもが…」と素直になれないまーしゃです。(いつもはにわかって言われる側だよね)

しかし、井上先生はTRPG(テーブルトークRPG)で、同人誌で、同人フィギュアで…と、TRPGでキャラメイクしようとしたらどんなチートダイス使ってんの?と疑いたくなるほど、多方面に渡るマルチタレント持ちでいらっしゃいますね。(最近ダイスでキャラメイクするTRPG少ないけどな)

琴音ちゃんは以前希有馬屋さんよりバリエーション違い含む5種(+2種)を同人フィギュアとしてコミケ(およびWEB通販など)で頒布されましたが、今回はクイーンズゲイト版としてホビージャパン誌上通販として新たにデザインされ発売されました。

同人版の時は希有馬屋FINALと銘打たれており、「ハイハイ、いつもの終わり終わりアレね」と思っていたら本気っぽいので、慌てて全種類購入した思い出があります…そのうちそちらもレビューしたいと思います。(だって、全部で7種類もあるんだよ!)

HJ誌で発表された時は同人版のセルフリメイク的なものかと思ってましたが、コスチュームの作りなどは
キャストオフ後の仕様変更を除いてもかなり違う印象です。
サイズ的にも一回り小さいですが、かわいらしくむっちりとした体型はより元絵のイメージに近いかもしれません。
 右手の注射器は大型ハンドに差し替え可能です
残念ながらギミックこそありませんが、腕の部分は角度を変更する事が可能となっています
表情はさすが作者監修の極みというところですね、とてもかわいらしい表情です。
髪の毛については最近の基準で考えると若干もっさりに感じちゃいますね
 コスチュームデザインやガジェット、アクセサリーといったデザインは独創的で
作りもエッジが効いており、塗装の精度も高いですが、一部やはり色移りには気をつける必要がありそうです
腰回りはベルトとウェポンラックによってやや隠れるものの
ほとんど貞操帯だった同人版と比べてもその分その下の露出がえらい事になってます 
 シリンダー式の注射器や各所に銀色の十字のアクセサリーを配し、それに包まれたフトモモと
その隙間から見える、これ下着?っていうフンドシみたいなモノがまた…
 さぁ、ベルトを上にズラしてみましょうか…
これがまたうまい具合にシャツにベルトが引っかかってくれます。
…でまぁ、フンドシというか紐というか、ここまで来たらいっそ引きちぎってしまえよ
そんな魅力的な選択肢を選ぶのはあなた次第です(いやいや)
シャツ(?)の下は微妙なふくらみと魅惑の先端造形
カワイイおしりは若干PVCのヒケが残念ですが、割と本気にヤバげな形 
 同人版もメーカー製と比べても遜色のない素晴らしい作品でしたが
こちらも誌上通販とはいえ大胆な作りと印象的な各種アクセサリー
キャストオフこそ無いモノの、なによりかわいらしい琴音ちゃんは甲乙付けがたいと言えます
クイーンズゲイト ペインキラー琴音ちゃん  ホビージャパン誌上限定品 (ノンスケールPVC塗装済み完成品)
AA:クイーンズゲイト ペインキラー琴音ちゃん ホビージャパン誌上限定品 (ノンスケールPVC塗装済み完成品)

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします