CUT A NEWS@REVIEW

IS〈インフィニット・ストラトス〉 シャルロット・デュノア
-Bunny Style- コトブキヤ版

メーカー:コトブキヤ

発売:2012/10/30 原型制作:橋本涼/ウサギ:尊成

メーカー希望小売価格:8,190円(税込)

玩具レビュー

新作フィギュアの予約開始日、今日は夕方からあみあみ重いなとかAmazonの予約開始情報がTL上に乱舞する昼休みとか、ITが身近になった昨今では昔とは違った意味で予約の確保に四苦八苦することも少なくありません。

最近ではWEB受注限定の方が確実に手に入る分ラクとか思うことも少なくなかったりしますが、以前のようにコトブキヤさんだし現物見てからでも大丈夫だろうとか、コトブキヤさんだし一週間様子を見ようとか…舐めたことを考えて、手痛いしっぺ返しをくらったことも一度や二度では無いのではないでしょうか?(当たり前の様に言わないで欲しい)

そんな中、油断してなくても手に入らない、通販サイトで待ち構えてもカートに入らない、会社を出る前に予約券が消失したとTLに流れる…というPoPかよっ!(メガハウスさんのワンピのアレね)とツッコミを入れた人も多いことでしょう。(ねぇよ)

この手の争奪戦において幾つもの戦場において勝利を知らないまーしゃは、本来なら間違い無く難民決定→「持つべきこころの友よ」カードの効果が発動するところですが、珍しく自力で確保…やっぱり原作がどうとか考える前にカラダが動いていたのが勝因でしょうか。(ぉ)

ブヒれればそれでいいのか?いいですとも!と、即答していたあの日の答えはやっぱ間違っていなかったんですね。(誰もそこまで言ってない)

バニースタイルとしては正統派フォルム
見る人を引きつける網タイツはリアル素材で編み込まれており、つい破りたくなる衝動に駆られます
ほんとなら2個かって一つは破いてみたいと思ってたのですが…
イラストの忠実な再現度という点では文句なしですね
アイプリントと所謂恥ずかし線といわれる頬をそめた表現も違和感なし
髪の毛のつくりも丁寧でエッジもシャープです(一応言っておく)
しかし、バニースーツというのは本当にいいものですね
うさぎのポーズはさりげに腰のひねりが絶妙でして
バニースーツの光沢感とお腹のふくらみなどが相乗効果
みどころを選ばせません
バニースーツの質感については独特の光沢感ですね
ヌメッとしたような、さらっとしたような…
グロス塗装テカテカの光沢感とはまたちょっと違う魅力があります
やはり本物のネット素材で作られた網タイツはその表現において別格ですね
最近はこうした作りもそう珍しくはありませんがバニーフィギュアはこうあって欲しいです
バニースーツ部分は陰影が強調された塗り具合で、カラダのラインや
おなかのふくらみといったアピールポイントをより際立たせています
ハイレグバニーにピッタリとフィットした網目の歪み具合が
なんとも悩ましくバニーさんのフトモモという一点を見ても
最高のバニーフィギュアのひとつと言えるでしょう
少し腰をあげたポーズとバニースーツのおしりの食い込みなど
網タイツとあわせて素材の持ち味を最大限に活かした立体化ですね
付属のうさぎさんと台座
台座はモフモフとした毛の素材でできており、シャル本体はビス止めされて
しっかり固定されているのですが、ご自由に配置してくださいという
うさぎがコロコロと倒れやすくて撮影中はちょっと悩まされました
うさぎは全部で4体、足元の2体以外、腰にひっつくのはマグネットによる固定
左足についているのは踵にダボで固定となっています
ひっついているうさぎに対して殺意が芽生えること幾度か…
代わってくれ腰についてるヤツ
胸の谷間とISペンダント
ペンダントは別パーツで首を一旦外して装着します
ぴょんと跳ねるようなうさぎポーズがあざとい!あざとすぎる
…だが、それがいい
予約時点から久々の瞬殺劇となったバニーシャル
人気キャラとバニースタイルという組み合わせはそれも納得
製品版の仕上がりも上々で数あるシャルフィギュアの中でも最高傑作の一つと言えそうです
惜しむらくは入手が困難だった点ですが、再販要望も多そうですし
大丈夫でしょう…コトブキヤさんだしね
AA:IS[インフィニット・ストラトス] シャルロット・デュノア -Bunny Style- (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
AA:IS〈インフィニット・ストラトス〉 シャルロット・デュノア -Bunny Style- 完成品フィギュア[コトブキヤ]

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします