CUT A REVIEW

WONDER FESTIVAL 2005 SUMMERレポート

開催日時:2005年8月21日 東京国際展示場(東京ビッグサイト)東3・4・5・6ホール

イベントレポート

全体的な印象としては、やはり「Fate」、「ToHeart2」の勢いが目立ちましたね。
「ToHeart2」は特にタマ姉の存在感が・・・いや、ほらいろんなところのね。

おっぱいリロードか!(あれって公式名称なんかぁ)

右端はラジコンでコントロール可能なロボ、すごいかっこよすぎです。

ゲームではすっかり下火な格ゲーも、同人とフィギュアの世界ではまだまだ超元気、いつだって僕らの妄想夢を形にしてくれるのです。

まーしゃは子供の頃、ワイアール星人が怖かったのです、そりゃもうトラウマ植え付けられるほどに!(右端=ワイアール星人、チルソナイト808付き)

脳内にBGM再生されるほど迫力ある立体化、ダライアスの戦艦はやっぱかっこいいですね。そしてイソギンチャクはやっぱインパクトあるな・・・あの形

冬の時はうまく写真撮れなかったミントさん、やっぱスク水!そしてニーソ!で、絆創膏も?。隣のハバロネさんもかわいいですね。

すごいイイ笑顔のアルクさんで前半をシメっ!。

東京23区推奨のゴミ袋は、透明度をもっと上げるべきではないか?と思う、夏の日の午後

Pinky系も、もはや定番ですね。ゆきえさんも結構見かけました、あんなマニアックな体型なのに(ぉ

すごいぷにっぷり、ここに極まれりってかんじ。

これがわたしのご主人様のメイド服って、非常に立体化が映えるコスチュームですねぇ。

レイジングプリンス(右から二番目)かっけー、ベルゼルガのコレクションフィギュアもこのくらい狙ったラインナップが欲しかったな

いやぁ、やっぱり立体物はいろんな角度から眺めるのが大切だと思うんですよ!(主にキャミーさんを見ながら)

綾波&アスカは今でも新鮮なものが次々出てきますね

山口式ダグラム、来春登場ということで超期待しまくり!

デドアラのアレは思ったより小さいですね、でも思ったより動きまくりそう

まーしゃはORE-GAN 5(迫撃砲)を買ってみました、他ほとんど売れちゃってたしね。試しにフリーダムに持たせてみましたが、ホントあわないなあのロボットにこういう武器ブキっとしたものは・・・

フェアリオンいいなぁと思ったけど、一番いいなと思ったのは量産型ヒュッケだな

完成品の登場を期待したいモノが多数ありました・・・僕らの未来はとんでもないことになりそうですよ

あっ・・・ストライクドックの写真が被ってるよ(それがコメントかよ

Fateの新キャラさんが早くも登場、あのどういう構造だか気になっていた服をじっくり見れる素敵な機会(チャンス)でした。いやぁ、実に素晴らしい作りだ・・・特に下半身

やっぱWFは一日かけてゆっくり回りたいモノです・・・まぁ、今回は自業自得でしたけど。でも、まぁこの日に使った金額よりも、完成品発売時が怖いというか楽しみです。

Topへ