Home > フィギュアレビュー > 和風堂玩具店 Archive

和風堂玩具店 Archive

ラ・ピュセル 光の聖女伝説 ダークエクレール 和風堂玩具店版

ガレージキットとして有名な原型がPVC完成品として発売されることも珍しくなくなってきた昨今では、夢見れば夢も夢じゃないというように「あの人気キットが!」とか「あの原型師さんの作品が!」と、ガレキ製作という高いハードルを乗り越えることなくそれを手に入れられるという点で良い時代だと言えますね。

もちろん、ソレを自力で作り上げた時の素晴らしさは、何度となくHobby Dogさんなどで紹介されており、特に先日のブロンドパロットさんのシャナなどは製品版アレンジとの差に暴れそうになるくらい素晴らしかったです。(おちつけ…なっ?)

…とは言え、製品化をただ待つ身にできることと言えば、せいぜいメーカーさんの発表に一喜一憂するくらいしか無いわけですが…その点、和風堂玩具店さんの製品化発表の際のワクテカ感は異常、デコマスが発表された時、製品版サンプルが発表された時、常に先が読めない筋書きの無いドラマを堪能できるわけです。

そんな訳でまーしゃ的には、和風堂さんによる製品化が発表されるたびに、うれしいニュースとガッカリニュースを同時に味わうという、例えるならば天にも昇る気持で数百メートル上昇したのち予告なしで保障の無いバンジージャンプをさせられてきた気がします。(生還率は聞くな)

一度、グッスマさんから同じく鉄虎竜さんのいろはが発売されると聞いた時のまーしゃの嬉しさはどれほどのものだったかわかるでしょうか?
こういった感動は、コンスタントに良作を出し続けるアルターさんにはなかなか出せない魅力的なところといえましょう。(そんな魅力いらねぇよ)

ふぅ、これくらいでいいかな…。
前回がちょっと微妙すぎて(AA)かなり自分を励ます必要があると思って気持ちを盛り上げるテキストをしたためておりましたが、やればできる子の気配(AM)を感じさせてくれたので、確変が終わっていない事に賭けていました。(ぉ

昔から憧れていて止まなかった、一歩間違えればなんどかオークションで完成済みのものに手を出していた、まーしゃにとって「あこがれの一品」と思える作品を、こうして純粋にうれしい気持ちでレビューできたことに今はただ感謝したいところです。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

ラ・ピュセル プリエ 完成品フィギュア 和風堂玩具店版

今年は、「ミナ」や「いろは」といった鉄虎竜さんの作品がPVC完成品として発売され、その非常に肉感的な表現のファンとしては、なんともうれしい限りです。

随分前になりますが、和風堂さんから発売された「アテナ」を限定版「白」と共に手に入れられた時は、「うわ〜い」(棒読み気味だが一応かなりうれしい)、先日グッスマさんの「いろは」を手に入れた時は「いやっほうぅぅぅぅぅっ!!」と、テンションの差は気にしないように…。

今回の「プリエ」は初めて行ったWFで完成作例を見た時からずっと憧れていた作品だったりもしたので、完成品として発売されるらしいと聞いた時は、ウルトラクイズの後楽園予選通過くらいの喜び、それが和風堂さんからと知った時はグアムまでの機内ペーパーテストを通過したくらいうれしかったです。(すごい微妙なポイントだね)

ひとまず店頭で見たサンプルを見る限りちょっぴり微妙な印象
このままならありかな?もう少しいけるかな?量産化でがくーーーっとなっちゃうのかな?…と、なまじ期待が大きいだけに勝利寸前のアタックチャンスで赤さんに端を取られて緑さん涙目な展開だけは勘弁していただきたいところです。(えと、なんかそういうムーブメントなの?)

今回の「プリエ」は、既に怪人の集会所2さんでもレビューがされており、先日の「エロジャーマン萌える!プロレスのススめ」も購入済みということで(レビュー期待しております)非常にタイトな属性にシンパシーを感じますね。(一方的に)

次は、「タキ・コーポレーションさんのアレ(AM)」で一緒にマイノリティな道を目指してみませんか?(とんでもない方向へ誘わないでいただきたい)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

PRINCESS WALTZ -プリンセスワルツ- アンジェラ 和風堂玩具店版

さ〜てみなさんおまちかね〜、王子を巡り、六カ国6人の姫達が戦って、戦って、戦い抜いて…、最後に勝ち残った者にはプリンセス・ザ・プリンセスの称号があたえられ、王子を手に入れることができる…というGガンダムっぽくて時期的に多分にFate風味なインスパイアを受けたゲームと聞いていた『プリンセスワルツ』、まーしゃが適当なこと言ってる割にそんなにハズれていないと思います。(え〜

ゲームの評価的には、誰に聞いてもちょっと微妙な返答を受けることが多いのですが…『アンジェラとルンルンはガチ』というのが「プリンセスワルツ」において、まーしゃが知ってる唯一であり全てであります。

それ故、前回フィギュア化された「イーリス」については、えっと、誰ですか?…という感じで、購入を見送っちゃったんですよね。
(あやまれっ、ファンのみなさんにあやまれっ)

とは、言いながらも、まーしゃ的やってみたいゲームのTop3の座に二年連続で燦然と輝いているものなのですよ。(それは栄誉あることなのか?)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ぱにぽにだっしゅ! 橘玲 和風堂玩具店版


しかしこの製品、キット版が発表されてからPVC完成品として発売されることが発表されるまで早かったですねぇ。
結局は、発売延期、延期で…2ヶ月ほど遅れて8月終わりに発売となり帳尻合わさっちゃった気もしますけど、それでも早いですね。

キットの時点で、かなり欲しいと思わせるだけの物でありましたが、「PVC完成品化きぼー」と騒ぐ前に発売が決まった感じで、ありがたみを噛みしめることもなくという贅沢な感想ではありました。
…けど「やっぱり、和風堂からなんだな」という軽い失望感はお約束ということで。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

和風堂玩具店 宇宙のステルヴィア 藤沢やよい

発表された瞬間から、キット版に手を出せなかった層から感謝40%と「うわっ、よりによってあそこからか」という思い60%が和風堂さんへ向けて放たれたとかなんとか…。(ホントに失礼なファンですね…ファン?)

でも今なら言える、「ありがとう、良くやった」…と。

↑クリックでレビューページへどうぞ。

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

和風堂玩具「アテナ」イベント限定カラーVer.暫定レポート

ねんがんの しろアテナをてにいれたぞ!
…とりあえず、お約束のコメントから。

いろいろがんばって手に入れることができました。12時前には「本日分は完売しました」との告知があったので、明日(12/30)発売分もあるようですね。

さすがに、明日の連戦を考えて本日は簡単な写真アップにとどまりますが、とりあえず「白=透け=正義」の方程式は健在ということで苦労は報われたと思います。

↑クリックで暫定レポートページへどうぞ。

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > フィギュアレビュー > 和風堂玩具店 Archive

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

イズルハ 黄金の歌姫Ver. HobbyJAPAN誌上通販限定
イズルハ 黄金の歌姫Ver. HobbyJAPAN誌上通販限定

WonderFestival 2015 SUMMER Act.6
WonderFestival 2015 SUMMER Act.6

メガホビEXPO 2014 SPRING(アルター編)
メガホビEXPO 2014 SPRING(アルター編)

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top