Home > イベントレポート Archive

イベントレポート Archive

WonderFestival 2010 summer PhotoReport -flickr-Update2


Update:2010/07/27 23:30 WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 12ブースを追加

Post to Twitter

WonderFestival 2010 summer PhotoReport -flickr-Update

現在、次のメーカーレポを作成中です。

Update:2010/07/27 17:10 レジーニャ&グリフォンエンタープライズブースを追加

Post to Twitter

CUT A NEWS WONDERFESTIVAL 2010夏(ALTER)

今回はひとまず速報性を重視して(そんなに早くなかったけどな)Flickrを利用した公開形式を活用してみましたがいかがでしょうか。スパさんのリアルタイム更新などに比べれば比較するまでもありませんが、イベントレポートにおけるライブ性というのは非常に大きな要素だと思いますので今後もいろいろと工夫していきたいと考えております。

毎度反省点の方が多いイベント撮影についての感想としてはノウハウ的な最適化にも限度があるな…という点でしょうか。もちろんまだまだ改善の余地は多々ありますが、WFの規模的に考えて一人で撮影してまわるのには限度があるというのを痛感しました。

今回は企業ブース以外にも一般ディーラーブースも多少見て回ることができましたがそれでも全体から見ればほんの一部、今回の総撮影枚数は1482枚になりましたが企業ブースで撮り忘れたモノがあったりと撮影手法以外のところでも反省点が多かったです。

…とは言え普段なかなかお会いする事のできないフィギュア系サイトの方々と話をする数少ない機会でもあり、年に2回の大きな立体物のイベントとして今回も十二分に楽しむ事ができました。そんなに買うつもりではなかった会場限定品もなんだかんだで欲しいモノは全部手にいれる事ができました…全部他人任せですが、持つべきは友ですね。

さて、WFイベントレポートの初回はアルターさんからまとめていきたいと思います。アルターさんといえば数々の傑作を出すフィギュア界のトップメーカーの一つであるといえば否定する人は多くはいないでしょう。

気になる新作や「あのシリーズの続きはあるんだろうか?」というのが一番気になるメーカーと言っても否定する人は多くはいないでしょう。(ぉ
今回も「製品版発売まだ~」とか「これ今売ってくれませんか?」とか発売が待ち遠しくなるものや、「えっ、あの作品からあのキャラが」とか「なぜこのキャラから…(誰得?)」とか、常に「さすがアルターさんだ」となるラインナップの数々に驚かされました。

個人的には「百花繚乱」シリーズ新作についての発表が見あたらなかったのが非常に残念でした。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

一部コメント追記中

Post to Twitter

WonderFestival 2010 summer PhotoReport -flickr-

本日(7/25)開催されましたWonderFestival 2010 summerのイベントレポート編集中です。レポートページが完成するまでの間は下記のページにて簡易PhotoReportを公開・更新していきます。

↑クリックでflickr ページへどうぞ

Update1:2010/07/26 15:40 Giftブース&あみあみブースを追加
Update2:2010/07/26 17:10 ALTETRブースを追加

Post to Twitter

アニメ・ブラック★ロックシューター七夕プレミアム試写会

7/7、秋葉原UDXで開催されました「アニメ・ブラック★ロックシューター七夕プレミアム試写会」に行ってきました。

この日は19時から公開される一般公開に先駆けて15時より公開されたプレス向け試写会に参加させていただき、試写会直前に出来上がった完成ほやほや状態の映像を一足早く見る事ができました。

今まで公開されていた映像は主にブラックロックシューターとデッドマスターの対決シーンだった為、今回のアニメ版で中学生のマトとヨミがそこにどう絡んでくるのか?、イメージ映像っぽいあの荒廃した世界はなんなのか?誰しも気になるところではありますが…、少なくとも「わたしブラックロックシューターになちゃったよ」、「ハッピーバースデー、ブラック★ロックシューター」とかそんな展開ではありませんでした

今回ほとんど前情報がない状態で観ていて上記の点など非常にハラハラしながら観る事ができたのでここではストーリー展開などはあえてふれませんが、日常パート的な学園シーンでは中学生のマトとヨミの二人がイチャイチャしているシーンでは思わずニヤニヤしてしまうと思うので、一人で観ることを推奨します

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2010年 09月号(AA)


↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

グッドスマイルカンパニー「サンプル撮影会」その4

月日の流れるのは早いものですね、発表時日本での発売日未来すぎると身悶えたiPadは既に発売され、興奮覚めやらぬうちに発表されたiPhone4も本日発売されてしまいました。

発売日に手に入れられない予約になんの意味があるのでしょうか?と問い詰めたくなる気持ちを抑え「まっ、iPhoneは持ってるからね、別に大騒ぎすることもないでしょ」(眼鏡クイクイっと)と涼しい顔をしながら「がいだい(買いたい)」(ドンッ!)ワンピース風大泣き演出で本日のトップニュースを眺めるまーしゃです。

そんな訳で光陰矢のごとし先月(5/19)、グッドスマイルカンパニーさん(松戸)にて開催された、サンプル撮影会(ブロガー様ご招待サンプル撮影会開催)から既にひと月経って最後の隠し玉、先日いよいよ公式サイトでも「デッドマスター -original version-(AA)」の情報が公開されました。(強引な前フリだったなぁ)

今回はグッドスマイルカンパニーさんでのサンプル撮影会イベントレポート最終回、発売日は11月とちょっとばかり先の話ですけど前フリの通り、時の流れに身をまかせればきっとすぐ先のことです、桜が咲く頃にはきっと手に入りすよ!(おぃぃぃっ!!)

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

トレジャーフェスタin AKIBA その3

3回に分けての公開となりましたが珍しく当初の見込み通り今回でラストとなります、6/20に秋葉原UDX内アキバスクエアにて開催されましたトレジャーフェスタ in AKIBAイベントレポートです。

さて、今回はイベントに参加した上での総括的なものでも…とは言え、まーしゃ自身は15時少し前からようやく参加というていたらくゆえにイベント開始直後の阿鼻叫喚にも似た戦場の熱さセンセイさんから伝え聞くばかりです…うん、たぶん丁度良かったっぽいね。

一般参加者が撮影可能となったのは13時からということで、15時前でも撮影する人もまだまだ多くこの点はちょっと見込み甘過ぎでした。1時間ちょいの撮影時間では全部の卓を撮影してまわる事ができず、とあるひのコタツガさんのリンク集(いつもご紹介ありがとうございます)で余所様のイベントレポートを眺めていると、「なんでこれ撮れなかったんだろうorz」という思いをまさかそれほど広い空間ではなかったあの場所で思い知らされるとは思いませんでした。

いろいろと言われがちなイベントですが(キミもイロイロ言ってるよね)、今となっては立体物系イベントとして貴重な存在であると言えるトレジャーフェスタ、アキバで開催という今回の試みもおもしろく、まだ課題もありそうですがいち参加者として今後も楽しみです。

まぁ、今はなにより来月開催されるWFが楽しみ予行演習的にも素晴らしいタイミングだったな訳ですけどね。(余計な事いわんでよろしい)

ディーラーのみなさま撮影を快く許可していただきまして、ありがとうございました。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

トレジャーフェスタin AKIBA その2

秋葉原UDX内アキバスクエアにて開催されましたトレジャーフェスタ in AKIBAイベントレポート(と言っても写真掲載のみですけど)前回に続いての第2回、なんとか3回にまとめたいところですね。(投げ出シスト的に…)

重ね重ねになりますが、ディーラーのみなさま撮影を快く許可していただきまして、ありがとうございました。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

トレジャーフェスタin AKIBA その1

久々の更新となってしまいましたが、昨日(6/20)秋葉原UDX内アキバスクエアにて開催されましたトレジャーフェスタ in AKIBAに行ってきました。

2008年夏に起きてしまったWFでの事故により2009年冬にはガレキ系イベントとして最大のワンダーフェスティバルが開催中止、他にもWHFなどのガレキイベントが終了してしまい少し寂しくなってしまった造形物系イベント界隈あざといくらいに颯爽と登場したトレジャーフェスタ、幕張メッセで開催されたトレジャーフェスタin幕張プロローグ期待半分アレ半分という微妙な心持ちで参加したのも今ではいい想い出です。

その後もWFで撮影する練習に丁度いい思いのほか快適なイベント運営具合など『思ったよりよかった』から『意外と楽しいイベント』に…、また『頒布機会という意味では特に買い手的にありがたい』など一定の評価とイベントとしてのポジションを確かなものにしつつあると言って良いかもしれません。(個人的見解です)

今回アキバで開催されるガレキ系イベントとして「トレジャーフェスタ in AKIBA」の告知を聞いた時…正直耳を疑ったというか、いまひとつ開催シーンが想像できなかったのですが、きっと有名どころが少数出展する展示会的なイベントなのかな?と思ってさして期待していなかったのですが…。

やればできるというかやってしまえばなんとかなるというか、まさか文字通りのイベントとしてあのAKIBA SQUAREの中でガレキイベントを成立させるとは驚かされました。

今回は家を出る前にtwitterのTLで撮影可能になるのは13時以降ということを知ったので、ゆっくり目の参加…というかゆっくりしすぎて会場に着いたのが15時ちょい前というていたらくで本当の意味での混雑っぷりは見れなかった見ずにすんだ訳ですが、それでもあの空間によくぞと言うくらい密度の高いイベントスペースを形成したのはは確かに人跡未踏の境地と言えるかもしれませんね。

ディーラーのみなさま撮影を快く許可していただきまして、ありがとうございました。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

グッドスマイルカンパニー「サンプル撮影会」その3

5/19、グッドスマイルカンパニー(松戸)にて開催された、サンプル撮影会(ブロガー様ご招待サンプル撮影会開催)に行ってきました。…という訳でグッドスマイルカンパニーさん「サンプル撮影会」についての第3回目、先日いよいよ公式サイトでも情報が公開された「ブラック★ロックシューター -animation version-(AM)」です。

サンプル撮影会の主役は間違いなくひたぎさんだっと思いますが、「ガハラさん」と言われてガンダムの人?(ないだろ)とか惚けた回答が素で出せるまーしゃ的には、主役同等以上の存在感を放っていたB★RSとDMの二人は必然的に会場での撮影枚数の割合も多くなってしまい(この辺内緒な)、撮影した画像を早く公開したいな…と今か今かと一日千秋の想いで待っていたのでした。(その割にスゴイいまさら感が漂ってますよ?)

昨年発売されたブラック★ロックシューター Rock Cannon(ロックカノン) ver.は、昨年発売されたフィギュアの中でもイチバンのお気に入り、撮影していて非常に楽しい作品だったので、今回発売されるアニメ版も発売が楽しみです。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

グッドスマイルカンパニー「サンプル撮影会」その2

5/19、グッドスマイルカンパニー(松戸)にて開催された、サンプル撮影会(ブロガー様ご招待サンプル撮影会開催)に行ってきました。
…という訳でグッドスマイルカンパニーさん「サンプル撮影会」についての第3回目です。

前回特に書きませんでいたが、今回の撮影に際してはいくつかの注意事項がありその中に「パンツは撮っちゃダメよ」という項目がありまして、泣く泣くアングルが限られてしまったのは(そんなか?)なんとも残念でしたが、買ってからのお楽しみも残ってないとね。(まーしゃが代わりにみんなの分ものぞいてきたよ)

今回は買ってからレビューするのはめんどくさい動かして楽しい、差し替えてかわいいプレイバリューの高くねんどろいど&figmaです。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

グッドスマイルカンパニー「サンプル撮影会」その1

5/19、グッドスマイルカンパニー(松戸)にて開催された、サンプル撮影会(ブロガー様ご招待サンプル撮影会開催)に行ってきました。

いったいどういう環境で撮影させてもらえるのだろうか?いつものようにショウケース内に飾られているのだろうか?(煌々と照らされる照明がライバル)レフ板とか用意した方がいいんだろうか?(これは実際持ってけば良かった)…もしかしたらグッスマ本社ビルの間に渡された鉄骨を渡った先に撮影環境があるんだろうか?(コングラチュレーション、パチパチパチ…)

そんな不安を胸に秘め今回の会場である松戸にあるグッスマ会議室へ足を運んでみたところ、会場にはエスポワール組WFなどのフィギュアイベントでもおなじみのフィギュアレビューサイト管理人の顔もチラホラ…というか、お馴染み過ぎるだろ?今日は平日だろ?という自分の事は棚に上げた疑問符は置いて、 まーしゃが参加させていただいたのは17:00からの回で14時から開始の方々はみなさん丁度撤収というところでした。

速さは愛だ」をしてなるセンセイ1番の回で早々に撤収していたようで「言ってくれれば時間合わせたのに」というこころにも無い言葉に痛み入るのでした。(ぉ

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

グッドスマイルカンパニー「サンプル撮影会」 速報編

昨日(5/19)グッドスマイルカンパニー(松戸)にて開催された、サンプル撮影会(ブロガー様ご招待サンプル撮影会開催)に行ってきました。

今回は新作「化物語 戦場ヶ原ひたぎ (AA) 」をはじめとした新作サンプルの撮影が行えるということで、平日にもかかわらず多数のフィギュアレビュー系サイトの皆様が参加しておりました。

未だ見ぬ魅力的な新作多数ということで展示点数こそ多くないながらもその分むしろじっくりと撮影させていただき、このまま数本分レビューできるのではないだろうか?というくらい充実した撮影枚数(総枚数450枚近く)となった為、数回に分けてレポートさせていただきます。

…大丈夫だから、今回はちゃんと最後までレポートするから!

そんなわけで、成り行き任せのCUT A NEWS イベントレポート速報編からご覧ください。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

ドールーズ・パーティ 23

今回のドルパでは「DD さくら」か「MDD 真里亞」のどちらかをお迎えできればいいなぁ…とか甘っちょろいことを考えていたのですが、予想以上に狭き門だったようで現実は非情であるEndだった訳ですが、それはそれとしてやっぱりいろいろと楽しいイベントでした。

以前ダニーさんから譲ってもらった魅惑のアルテトキオボディにヘッドが欲しいと常々思っていたのですが、今回ドルパ会場で素敵なカスタムヘッドを見つけてしまい、それも一気に二つも…おかげでフェイ子ちゃんに姉と妹ができました

ヘッドフォン付けた姿がもうね、かわいすぎて次のヘッドフォン少女のオファーが来ちゃうんじゃないか?

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

トレジャーフェスタin有明3

ゴールデンウィークまっただ中、5/4の有明ビックサイトにて開催されたイベントは「ドールーズ・パーティ23」、「トレジャーフェスタin有明3」、「コミティア92」…ドール、ガレキ、同人誌とコアな属性をひとつの会場にこれでもかと詰め込んだ…あれ?これって蠱毒ってやつの一種?

微妙に参加者が被りそうでそうでないような、全てのイベント属性に足をつっこんでいる方も少なくないかもしれませんが、「1日でまとめてやってくれるなら楽でいい…」などと思えるほど甘くはなく(すいません、甘く考えていました)、早朝の国際展示場駅から会場までの道のりには同じようなカートを引きずりながら微妙に異なるオーラを放つ参加者により、異種格闘技的な雰囲気を醸しだしておりました。

さて、まーしゃ的に今回は、本来なら好き好き大好きグリフォンさん主催のトレフェスに行くのが当然の成り行きだと思いますが、イベント限定品を見回したところカラバリ大好きまーしゃさんですらあれはちょっとという誰得感漂う「東方」2Pカラーのみだったこともあり、また今回のドルパの限定ドルフィードリームがまさかの「さくら」(Fateのね)だったこともありドルパに並ぶ事にしたのです。

まぁ、…正確に言えば会場前の抽選の時点で完全に望みを絶たれたので、並ぶまでも無かったわけですがね。

基本的にドルパ&トレフェスのイベントレポートと行きたいところですが…バッテリー残量がほとんど無いモノを持ってきてしまい、その撮影すらわずかという体たらく、珍しく前日に荷物の用意して安心しちゃったのが良くなかったんだな。

今回はすぐバッテリー切れてしまって撮影させていただいたディーラさんは多くないのが非常に残念です。
もっとも、お前は撮影枚数多いとレポート途中で投げ出すだろとか言わないように。(自覚はあるようです)

ディーラーのみなさま撮影を快く許可していただきまして、ありがとうございました。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

アニメ「ブラック★ロックシューター」製作発表会に行ってきました

先日(3/24)秋葉原UDXで開催されたアニメ「ブラック★ロックシューター」製作発表会に行ってきました。当サイトとしてはアニメの製作発表会など無縁のものと思っておりましたが、グッドスマイルカンパニーさん主催ということで、展示されるフィギュア(アニメ版B★RS)の撮影も行えるということでせっかくなので参加させていただきました…ほら、WFで撮影しそこねちゃったからね

アニメ版B★RSについては昨年の「キャラホビ2009」にてその魅力を余すとこなく映像化したようなパイロット版PVが公開され、その後販売されたBD&DVDはキャラホビではほんとに余すとこなく公開してたんだなと大好評だったのもまだ記憶に新しいところですね。(その事はもういいだろ)

そんな訳でレポート書くのにもたもたしているうちに既に予約開始された「figma(フィグマ) ブラック★ロックシューター(AM)」「ねんどろいど ブラック★ロックシューター(AM)」は予約開始翌日で既に2万個の受注数とか、なにそれ?

相当数の受注を見越していたのかその数にもかかわらずまーしゃも無事予約することができたので、発売日当日に「ぶら~っくろ~っくしゅ~たぁ どこ~へいいったの~♪」と寂しく唄わずに済みそうです。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

WONDERFESTIVAL 2010冬(ORCHIDSEED編)

メーカー別レポート第3回「オーキッドシード」編になります。まさかメーカー別レポートでオーキッドシードさんが(まーしゃの内的宇宙に)ピンで成立するとはいやぁビックリ!驚きです…もちろんいい意味でね。いや、以前から魅力的なラインナップが多かったのは確かですが、このところヒット作続きはいやが上にも期待が高まるというものですね。(それでキレイにまとめたつもり?)

オーキッドシードさんではWF限定として「リネージュ2 エルフ (AA)」のカラバリと「ウィッチブレイド 天羽雅音(AA)」のカラバリが販売されており、「おっぱいママさん」の方はぜひ手に入れたいと思っていたのですが(11時過ぎに来て図々しい)当然のように完売しておりました

オーキッドシードさんによれば「転売品などは買わずにもう少しお待ち頂けると幸いです」とあるので、再販などを期待したいところです…と言っているウチに公式BLOGで発表された通り、発売決定の様ですね。ただし、新たなカラバリおっぱいママ白水着Ver.(AM)としてですが…。

オーキッドシードさんの展示物のなかでも新製品のサンプルと同じくらいインパクトがあったのが、壁に展示されていた今後製品化が予定されているイラストパネルの数々…、ホントに製品化の目処がついてるのかわからないくらい多く展示されており、近未来早く来いと言う感じでたのしみです。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

WONDERFESTIVAL 2010冬(KOTOBUKIYA編)

メーカー別レポート第2回「KOTOBUKIYA」編になります。既に速報で写真はほぼ公開済みな訳で公開順序についてはバランスよく配置していきたいところです…なんのバランスだよ?というのは量的な意味で他意はありません。ほら、この辺でグッスマブースのレポやっちゃうと、もうそれ以降は見てくれないんじゃ(ry

いまさらイベント当日の狂想曲、WFプレイバックコラムは今更当日朝のゆとり入場編となります。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

WONDERFESTIVAL 2010冬(ALTER編)

先週は速報という形ではありましたが、ひとまず撮影した画像(…のうちから使えそうなもの)はひと通り公開できました。総撮影枚数は1026枚ということで撮った割には撮影範囲がアレじゃね?…毎度イベント会場での撮影の難しさを痛感するのはいつものことでしょうか。

改めてメーカー別にまとめてレポートしてみようという企画、尻すぼみになるのは毎度の事かもしれないけどお付き合いください。速報は基本的に撮影順(回った順)でしたが、レポート本編は元気なうちにアルターさんからです。

実際、撮影順序というのは結構重要ですね。後半のグッスマさんあたりになると気力的にも体力的にも、時間に追われたり、被写体の数的にも少々雑な撮り方になってしまっているのが反省点です…そういうのはむしろグリ(ry

そんなわけで基本的に写真は速報で既出のモノばかりになっていると思いますがメーカー別に再構成、まーしゃのコメントと連載コラム「プレイバックWF2010」を追加しています。さぁ、今回はどこまで続けられるでしょうか?

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

「Tokyo CGM Night 第7話」に参加してきました!

先日(2/13)日本赤十字社の献血ルーム AKIBA:Fで開催されました、dannychooさん主催によるイベント「Tokyo CGM Night 第7話」に参加してきました。

CGM Nightってどんなイベント?って聞かれると、うちのレポをみてもさっぱりだと思うので、AZURE Toy-BoxさんGOOD-DESIGN-REVIEWさんところのレポートを見てみるとよろしいでしょう…なんてったって、うちのレポートは人間が写ってる写真が一枚もないっ!(それをイベントレポというのか?)

今回もドールオーナーへのお誘いがあったこともあって、多くのドールオーナーさんが娘さんを連れてきていました。まーしゃも珍しく引きこもり気味のフェイ子さんを連れて参加してみました。

例によってかなり国際色豊かなイベントではあるのですが、今回はそういう意味でも比較的日本人多かった気もしますね。まぁ、おかげでドールの撮影はじめたらすっかりスイッチ入って他の参加者とろくにお話もできなかったのが悔やまれます。(またかよ)

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

10/13 ページ« 最初へ...89101112...最後へ »

Home > イベントレポート Archive

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

SIF EX エクセルサーガ 六本松弐式
SIF EX エクセルサーガ 六本松弐式

WonderFestival2012冬 ワンホビ編 Act3
WonderFestival2012冬 ワンホビ編 Act3

WonderFestival 2013夏(速報編その3)
WonderFestival 2013夏(速報編その3)

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top