Home > フィギュアレビュー Archive

フィギュアレビュー Archive

キャラクタースタジオ 第2弾 機動戦士ガンダムSEED ラクス・クライン

ガンダムSEEDは、1stガンダムの流れに沿った形で民間人だった主人公(コーディネイターだけど)が戦争に巻き込まれ、いやが上にも戦士として覚醒せざるを得ない状況に巻き込まれていったと言う流れでありましたが…。
才能こそあったにせよ、新兵同然から歴戦の戦士との戦いを経てニュータイプへと覚醒していく流れがあった1stのアムロに対して、キラ君は新兵→戦う為の生物兵器最終兵器彼氏と、ものすごい勢いでクラスチェンジを果たし、まさに新世界の神になったような大活躍でしたね。
ラクスさんも最初の天然不思議少女風なところからいつのまにかテロリストの首領として国家転覆を成功させ、ほんといつの間に…こんなキャラになっちゃったんだろうという変貌を見せてくれましたね。

まーしゃがラクスさんで一番好きなシーンは、「天空のキラ」の回でトラの人がストフリ出までの間頑張ってくれているとこで、二人でいちゃいちゃしていたシーンですね。(最低)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

キャラクタースタジオ 第2弾 機動戦士ガンダムSEED アスラン・ザラ

まーしゃ的に、どうしようもないストーリー展開を毎週おもしろおかしく観れたのは、この人のおかげだと確信しています。(挨拶)

そんなわけで、「メカ」「男の子向け」「女の子向け」と三面待ちな商品展開が素晴らしいガンダムSEEDものとしては、フィギュアの商品展開にも常に「男キャラ」が入る訳ですが、そんな欲張りが成功してるかどうかは知りませんが、あの世界の神…「キラ」以上に欠かさず商品化される男アスランです。
そして発表された第3弾のラインナップを見てさらにびっくり、毎度ことごとく商品化からハズされるんだな…あの男は。

今までも一つくらいはアスラン欲しいなと思っていたのです。
まーしゃの好きなSEEDのMSは、「∞ジャスティス」「セイバー」とすべからくアスラン機が好きという傾向があったので、そんなMSと一緒に飾っておきたいと思ったりする訳ですよ、OPの奴っぽくね。

…でやってみた。

これはアレだ…BB戦士を買えと言うことだな!(また一歩バンダイにのせられた)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

キャラクタースタジオ 第2弾 機動戦士ガンダムSEED カガリ・ユラ・アスハ

キャラクタースタジオ第二弾ということで今回は、「アスラン」、「ラクス」、「カガリ」というある意味第一弾の時以上になんとなく売れ行きのはっきりしそうなラインナップですね。いや、誰が余るかわかりやすいというか、全体的に売れてるのかさっぱりかもですが…。
今回はその微妙なラインナップがまーしゃのガンダムSEEDにおける好きな上位3人ということで、一通り揃えてみました。

4月は新製品の発売ラッシュも一段落しちゃったので、お手軽な価格に惹かれてしまった訳ですが、いろんな組み合わせが可能ということでむやみに楽しかったです…主に下半身の入れ替えについてね。
はっ、そう考えると、第一弾は今ひとつ惹かれなかったけどブルマパーツを手に入れると考えると「ブルマリアさん」じゃん?すごい必要!
そいえば、先週末アキバで見かけたなぁ…とあっさり術中にはまっている気もするまーしゃでした。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

コトブキヤ ToHeart2 十波由真

フィギュア購入の際、元ネタを知っているか否かはそれなりに大きな判断材料になりますね。特にゲーム(エロゲ)キャラの場合、そのゲームをプレイしているか否か、そのキャラをクリアしているか否かも大きいです。まぁ、そんなことを言いつつ我が家の棚は未プレイ、未見のフィギュアのなんと多いことか…。
そんな中、由真はまーしゃ的には数少ないプレイ&クリアしたキャラなので必然的に今回の製品化には大きく期待を寄せていた訳ですが…。

発表時からなんというかポーズとマッチしていない表情がかなり不安でしたが、サンプル→実物と一途の望みを込めてみましたが、やっぱり違和感がありますね。
せめて視線だけでもどうにかならなかったのかなぁ…これだとホント意味不明なポーズになっちゃってる気がするんですけど。やっぱりね、ほらお気に入りのキャラだけに余計に許せないところとかあるじゃないですか!これは、むしろファンとしては買っては行けない領域に入ってるくらいギリギリなんじゃないのか?と、キャンセルするか悩んだもんでしたが・・・。

…ま、そんなものは翻った超短スカートの前には些細なことだってのは、よ〜くわかってましたけどね。(長々と語って結局それかよ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

トイズワークス スーパーロボット大戦 ラトゥーニ・スゥボータ

さて、スパロボOGシリーズも今回も第四弾、まーしゃ的には今までもラインナップ非常に魅力的なシリーズだったので、ラトゥがPVC完成品として発売されるという話を聞いた時はそりゃもう…「フフ…小躍りしたい気分だよ」と。(してろ)
とは言え、このシリーズ、今までのあまりにも微妙な出来だった為、正直今回は迷いましたよ。ラトゥーニと言えば、登場初期はビン底メガネっこでジミーと呼ばれるほど(呼んでません)の地味キャラ…だがそこが激しくイイ!というキャラだったのですが、途中で狙いまくりなゴスロリキャラへクラスチェンジを果たした訳です。(せめて眼鏡は保持しようよ)

まーしゃ的には、メガネっ娘形態の方が良かったんですけどねぇ、日和ったな、トイズワークスめ。
まぁ、そっちはマニアックすぎるしな、エクセレントモデルCOREくらいのとこでないとラインナップにも入らないだろうなぁ…着衣とかいろいろ脱着可能でメガハウスさん、是非!(本筋忘れてるぞ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

アルター 魔界天使ジブリールII 聖天使ジブリール アリエス

思ったより普通の大きさでしたね。同日店頭では同じくアルターから1/7のガーネット(AA)が発売されていた為、店頭で買う時もやはり小さく見えましたけど。
初見の印象は思った以上によい出来で驚きました。やっぱりWF会場ではいろんな意味で冷静に見れないんだなぁ。

昨年末に発売されたマックスファクトリー製のアリエスがかなり良い出来であり、後発とはいえアルター製は細身の印象的で個人的にはあまり期待していないところがあったのですが…すごいですよ、透けバージョン以上にエロい丁寧な光沢表現で素晴らしい

マックスファクトリー製はかなりお気に入りだったのですが、並べて比較してみると…マックス版は、なんだかいきなり解像度が落ちたような印象があって、そう例えるならXGAとVGAの様に…。
いや、あれはあれで好きなんですけどね、ほらまーしゃはドット絵のカイとかに萌えられた世代ですし。(ものすげぇ解像度落ちた!)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

SIF EX エクセルサーガ 六本松弐式

ここのところの年度末っぽい発売ペースと異常に盛り上がったブームのせいもあって、めっきり店頭でのお買い物ができなくて、レビューも遅れ気味だったりしましたが…。(まぁ、それだけが原因じゃないですけどね)

ともかく、ぴっちりレオタードで発売前からなかなか注目、特に透けバージョンの限定版の発表もあってかなりの期待度でしたが、さすがやまと製ですね。

無事店頭で確保することができました、こと発売日の店頭並びに関してはやまとさんだと安心感がありますね…ああ、イイ意味でね!

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

KONAMI FUGURECOLLECTION 魔法先生 ネギま!

ようやく欲しかった三種類(明日菜、のどか、まき絵)が揃ったので、これにて終了…そんな訳で、全種揃ってはいませんので、今日はプチレビューということで…。

正直、最初の一個が明日菜だったら、きっとそこで満足して終わってたかもしれません。

その明日菜を出すまでに、無駄に山ほど木乃香を引きまくった訳ですが…しかしそれだけ買っても、残りの二種は見かけもしませんでした。

あの二人は、よっぽど少ないのか?(ホントに少なそうなアソートっぽいですね)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

爆裂天使メグ

しかし、みんなホントにパンツとか好きだな(挨拶)

羮に懲りて膾を吹くがごとくというか、ダメ学習能力のたまものというか、過剰とも言える予約ラッシュのおかげで今回もなんとか手に入れられました。
それ自体はまぁ良しとして、店頭で眺め悩みながら買う楽しみというのが最近はまったくできないところが寂しいというか…。(どちらにしても買うんだろうけど)

…と、発表時やサンプルが出回った時点からかなり高評価だったので、気になっていた人も多いんじゃないでしょうか。

まーしゃもその一人で、本編は知らなくは無い程度ではあったのですが、毎回やりすぎとも言えるさらわれ役(エロ担当)というくらいは知ってました。
美少女と重火器というのは、80年代より脈々と研ぎ澄まされたもはや凶器といえる定番の表現であり、そのごっつい武器と黄色いパンツ目当て(80%パンツ)で発売を楽しみにしておりました。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

バンダイ テクモギャルズコレクション

Rio関連商品が当たったからか、勢いに乗って出してみましたとい感じで、今回はRio以外のテクモパチスロキャラということで、十字架のセーラをはじめとするラインナップです。
ぶっちゃけるとセーラとその他おまけといった構成となってる為、紹介する順番非常に迷いました。
…だって、セーラのとこまで読んでもらえないかも(ry

…と、思ってましたが意外に?割と?思ったより?悪く無くないかな?(くどい)と思えるデキに思えたりもしました。

1BOX8個入りで全6種、今回はシークレットとかも無いようですので、1BOXで全部揃うわけですが、どうしてもセーラだけ欲しいヒトの為に、アソートの一例ね。

セーラ黒 ピンキー
セーラ黒 エミリ
セーラ白 ニーナ
クリス ニーナ

↓が前です。…まぁ、一番ハデに重いやつが白セーラだと思うよ。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

斬魔大聖デモンベイン アル・アジフ

コンシューマへの移植がされ、エロゲの中ではメジャーな方とはいえここまで人気あったっけ?…と思うのは、去年のあのイベントの時も痛烈に感じたことでした。

イベント限定販売の完成品アルは、早朝から半日並んで結局買えず、自分の見込みの甘さを痛感した訳ですが、その経験もあって今回は即予約、無事手に入れることができました。

もっとも…別に瞬殺される心配の無さそうなものまで、「即予約」するようになってしまったのは、どうだろうか?(ダメだろ)

そんな訳で、ホントに最近は油断がなりませんね。
先日、予約済みのものを把握する為にExcelにリストアップしてまとめて見たところ…ちょっと怖い量になってるのが発覚し、とりあえずそのファイルは削除して見なかったことにしました。

…とまぁ、ここまでアル自身についてなにも語っていない時点で察してね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

舞-HiME 鴇羽舞衣(マックスファクトリー版)

放送中の「舞-乙HiME」の為もあってか、放送終了後も根強い人気の「舞-HIME」シリーズですが、主人公とは言えここまで各社から製品化が続くのも非常に珍しいですね。そんなわけで、先日のコトブキヤ版に引き続き、マックスファクトリー版です。

こちらは、1/6サイズということで箱もかなり大きく売り場でも存在感も一際…と言いたいところでしたが…。

同時期に発売されていたのが、通称でか凛の「Fate/hollow ataraxia 魔法少女 凛」やら、西村キヌコレクションや三種らと、やたら大サイズ製品が一気に発売となっていた為、売り場自体すごいことになってましたね。

もっとも、どれもこれもすごい勢いで売れていき、広い売り場跡が残ってましたけど…。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ToHeart2 向坂環 ドリマガオリジナルVer.

ドリマガ誌上限定?、フン、そうそう踊らされないんだからね」…と、ツンデレ風に無駄な抵抗をしてみたものの、「コトブキヤ通販締め切り間近!!」というあおりに慌てて予約、すさまじいまでの自分の弱さを思い知ったのは、既に去年の11月のことなんですね。

…でも、弱いオレ偉い!よくやった

そんなわけで、誌上限定通販に申し込んだ方々の発送から遅れること約2週間、ついにうちにもタマ姉がやってきました。
レビューとしての価値は無いかもしれないですけど、うれしすぎるので一緒につきあってください

WEB通販組には当然…下敷きとか付いてない訳で、ホント無駄な抵抗するんじゃなかった。
ヒトはこういう経験をして、限定→即予約という習性を身につけていくんだろうなぁ。(いやいや、無いよそんなやな習性)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

BOMEコレクション No.11 ジャングル・エミィ

美少女パソコンゲーム誌「メガストア」の表紙で発表された、うめつゆきのり氏の作品を立体化!」…ということで、ムッシュボーメコレクション第11弾から「ジャングル・エミィ」です。
前回の「ねここ」に続いてオリジナルキャラもの…になるのかな?これも。

このシリーズの特徴である塗り肌ということもあってか、その狙いすましたデザインとは裏腹に発表時から前評判の方は微妙だった気がします。

ここのところ脱衣機構が搭載されたものが絶賛大好評だったこともあり、注目は胸部分の中身に集中していた訳ですが…。

こぼれんばかりの豊かなバストを包む布部分は、なぜか柔軟素材で成形…」という宣伝文句によって興味はその一点に絞られた気がしますね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

鯛兄堂 TinyKid’s Creation Vol.5 ねここ モバイルPCシステム

ねらい所わかりやすすぎるコンセプトだと思ったんだけど、これはどうだろうか?
製品写真見ても、なにがモバイルでPCなのか微妙ですけどね。

どうやら、変身猫のねここがパソコンを使いたいと思ったが、間違えて自分がパソコンになっちゃった…ということらしいのです。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

アスナ・エルマリート&ハマーン・カーン

機動戦士ガンダムエコール・デュ・シェル 8巻 フィギュア付き初回完全限定版」および「機動戦士ガンダム 若き彗星の肖像 7巻フィギュア付き初回完全限定版」からアスナ・エルマリート(エゥーゴ制服バージョン)とハマーン・カーンです。

角川書店から出版されているガンダムもの二冊のフィギュア付きで同時発売ということで、この巻だけフィギュア目当てで購入された方も多いのではないでしょうか?(なにを他人事のように言うか…)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

T’s System 『シャンプー』(甘露樹×宮川武)

実にいまさらという感じですが、WF2006冬における個人的目玉アイテムの一つだった、T’s System の『シャンプー』です。(その割には今更ですか?)

実際、今更ながら手にとって眺めてみてすごい完成度だと思いました。イベント限定販売というのが非常に残念ですね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

コトブキヤ ToHeart2 姫百合 珊瑚

周りをみればタマ姉祭りが開催され、コトブキヤのショップ通販組は、まーしゃ同様少し寂しい思いをしていることと思われますが…PCのトラブルもあって公開遅れ気味の為、ちょうどいいかもと思ってるまーしゃだったりします。

「るーこ」に引き続き「未プレイキャラ」、またコトブキヤさんにがつんとやられた気がします。
双子の片割れも発売が決まったことですし、プレイしてみますかね…XRATEDの方から

究極最終兵器2ndWeaponさんのところでもレビューされております。
やっぱりミラーベース必須ですよね!
力強い同意を込めて!(あまり欲しくない同意な気もしますけど)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Yujin 「SRDX サムライスピリッツ 天下一剣客伝 いろは」

大斬り三発で即死ありという大胆なアプローチで格ゲー大ブームの中で斬新なデビュー、その後順調にシリーズを重ね、最新作では歴代登場キャラ総出演でシリーズをしめた(一部なかったことになってるものもある気がするけど)、「サムライスピリッツ天下一剣客伝」から登場の「いろは」です…これがサムライスピリッツシリーズ最後のキャラってことになるのか?。

しかし、「ナコルル」、「シャルロット」で露出の多さが人気の決定的差でないことを証明してくれたサムライスピリッツから、最後は格ゲー界でもおそらく上位に入れる露出率を誇るキャラがでたのもなんだか実にSNKらしいかなとも思えるオチだなと思わないでもないですね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

RAHDX ガンダム・アーカイブス サイド1 レイン・ミカムラ

SEEDキャラも一段落したのか、GUNDAM-ARCHIVESシリーズとしては、歴代ガンダムキャラから製品化ということで、Gガンの「レイン」とターンAの「ロアン」。

第一弾からして、すごいとこついてくるなという感じです。普通に考えれば十分「CORE」シリーズの方でだされてもおかしくないと思うんですが…。

…とは言え、劇中の私服ではなく、数回披露したのみのファイティングスーツ姿の方を製品化する辺り、原作ファン以外の層の取り込みを考えているというか、原作ファンより確実に多いであろう尻目当て層を狙った見事なリサーチですね。(決めつけ?)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > フィギュアレビュー Archive

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか -始まりの物語/永遠の物語- グッドスマイルカンパニー版
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか -始まりの物語/永遠の物語- グッドスマイルカンパニー版

灼眼のシャナII シャナ チャイナビキニVer. 宮沢模型流通限定版
灼眼のシャナII シャナ チャイナビキニVer. 宮沢模型流通限定版

らき☆すた~らっきー☆ぐらんぷり~ A賞こなた :一番くじプレミアム
らき☆すた~らっきー☆ぐらんぷり~ A賞こなた :一番くじプレミアム

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top