Home > フィギュアレビュー > HobbyJAPAN Archive

HobbyJAPAN Archive

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ クロエ・フォン・アインツベルン AMAKUNI版

水着イベントの興奮さめやらぬ9月に開催された「魔法少女紀行 〜プリズマ・コーズ〜」、いつかは来るだろうと予想していたプリズマ☆イリヤとのコラボイベント、期待に違わぬ楽しいイベントでしたガチャの結果以外は…正月の福袋ガチャでの復活に期待しよっ?なっ!。

無課金者にはありがたく、課金者にもありがたい、時々星4や星5すら霞む強くて役に立つ」と評判のFGOイベント配布キャラですがライダー金時以降、よりその傾向が強くなっている気もしますね。

さて、その強まる傾向の中、さらに「かわいい」まで追加されたら…これはもう配布キャラでなければ死人が出てもおかしくない。「クロエ」「ブレイブエリちゃん」「ジャンヌオルタサンタリリィ」を配布と怒涛のイベント実施、これもう運営に圧倒的感謝、そりゃ新規ユーザーも増えるというものです。

中でも、「クロエ」は非常に協力な性能で弓トリアさんの出番を奪いがち今回の最終決戦でもMVPとして活躍させた方も多いでしょう、聖杯転臨候補間違い無し、何と言っても可愛い上にシコリティA++という

秋に放送されていたアニメ終了時には映画版も発表され、まだまだこれからのプリズマ☆イリヤ、フィギュア化も期待したいところですが…1/4バニーとかのシリーズに目をつけられてたりするとうれしいですね。(後先を考えない発言)

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ クロエ・フォン・アインツベルン AMAKUNI版

この記事の続きを読む

Post to Twitter

メガホビEXPO 2016 Autumn(Act2:AMAKUNI編)

先日(2016/11/26)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2016 Autumn」に行って来ました。

第2回はメガホビのホビの方(えぇ~、そういう分け方なん?)、誌上通販やHobbyJapanオンラインショップでの限定受注販売を主とするホビージャパン・AMAKUNIブースです。

今回の展示ではビキニ・ウォリアーズ、艦これ、咲-Saki-といったシリーズものの他にもシリーズ展開を期待できそうなものも多く、限定受注品だから手に入るのはちょっと先になるけど、毎月注文しとくと延期がなければ毎月なにかが届いて楽しいですよ。

メガホビEXPO 2016 Autumn(Act2:AMAKUNI編)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ イリヤスフィール・フォン・アインツベルン AMAKUNI版

もう前前前回(流行りっぽい表現)のことになってしましましたがFGO(FateGrandOrder)のプリズマ☆イリヤコラボイベント、参加されたみなさまお疲れ様でした。限定ガチャでイリヤ引けた人はおめでとうございます、妬ましい口惜しい羨ましいです。(もうハロウィン後半の時期なんで、なんですが)

このところ酒呑、三蔵、水着と引けるまで引けば引けるもんだなと軽口叩いていたのが災いしたのか、イリヤは引けず油田と交換してもいいと思ってた美遊対象ですらないという結果ではありましたが、大変楽しいイベントで「FGOは楽しいわ~、心の底からそう思うわ」と、既にキラキラした思い出にしてしまいましたよ。

今回イリヤ召喚の霊媒として用意しておいたこの製品、既に7月に発売された時から、いつかFGOでプリヤのコラボイベントが開催された時にレビューするんだと全く不要な誓いを勝手にかわしていたのですが、まさかほんとに来るなんてびっくりだよ。(少しは発言意図に責任を持とう)

結果としては依代として不適切だったのか残念ながらイリヤは手に入らなかったのですが、大丈夫、僕らはもっと大事なものを既に手に入れていたのだから…。(きれいなBGMとともに消失)

そんな訳で今回はちょっと前…えっ?これそんな前だったっけ?という、まーしゃにとっては今一番ほっとなフィギュア、全年齢向けでも取扱い注意の危険物、「Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ イリヤスフィール・フォン・アインツベルン AMAKUNI版」です。

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ イリヤスフィール・フォン・アインツベルン AMAKUNI版

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act3 HJ・AMAKUNI編)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第5回、ホビージャパンからの限定販売を中心のAMAKUNIさんのブースです。

ホビージャパンといえば古くは誌上限定販売など、メガハウスさんのクイーンズブレイドシリーズなどでおなじみでしたが、最近は七つの大罪シリーズや百花繚乱シリーズ、ビキニ・ウォーリアーズなどがキャストオフなとところはだいたい同じが主力シリーズですね。

アルターさんと同じく、春に開催されたメガホビEXPOでの新作展示も多かったので、目新しいものは…と思っていましたがやはりWFの華舞台、今回から撮影解禁のモノやさらなる新作など期待以上の展示内容でした。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act3)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

メガホビEXPO 2016 Spring(Act2・ホビージャパン編)

先日(2016/05/28)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2016 Spring」に行って来ました。

メガホビEXPOはメガハウスさんを主催とする、メガハウスさんやアルターさんの新作フィギュアなどが展示される(主に)秋葉原で開催されている入場無料のイベントです。

アルターさんに続いての第2回は、こちらもメガホビおなじみのホビージャパンさん、誌上通販やHobbyJapanオンラインショップでの限定受注販売を主とするホビージャパンブース。七つの大罪シリーズや百花繚乱シリーズなどキャストオフフィギュアでお馴染みのAMAKUNIブランドですね。

今回は一風変わった「触って楽しむ!フィギュア体験コーナー」が催されており、朧村正の紺菊(湯煙温泉三昧ver)触ってるところを人には見られたくないを実際に触れば注文待ったなしって感じの商売上手なホビージャパンブースでした。

メガホビEXPO 2016 Spring(Act2)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

メガホビEXPO 2015 Autumn(Act3・HobbyJAPAN編)

先月末(2015/11/28)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2015 Autumn」イベントレポート第3回です。

第3回は誌上通販、HobbyJapanオンラインショップでの限定受注販売を主とするホビージャパンブース。七つの大罪シリーズや百花繚乱シリーズなどキャストオフフィギュアでお馴染みのAMAKUNIブランド、穿いてない咲-sakiシリーズや夏のWFでイチオシだったプリズマ☆イリヤの受注締め切り直前の最新情報は見逃せませんね!(もう受注期間は終わってます)

すこ〜しばかり更新間隔があいてしまいましたが、メガホビEXPOイベントレポート第3回、今回はHobbyJAPANブースです。

メガホビEXPO 2015 Autumn(Act3)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

七つの大罪 魔王黙示録 憤怒の章 羞恥サタンクロースノ節

ホビージャパン誌上通販で始まったAMAKUNI発の七つの大罪シリーズ。いまやWFやメガホビEXPOなどのイベント会場でもお馴染みのシリーズで、イベント会場で目をつけたらキャストオフ後は自分で買って確かめてねというイベントによる販促効果の高さも期待されるフィギュアシリーズです。(勝手なこと言うな)

7つの大罪ということで7体で完結なのかな?寂しい…と思わせる間もなく、4体目くらいの時点で魔王黙示録シリーズは始まり、引き続き8体目「虚飾のベリアル」の原型も発表され、もういっそこのままソロモン72柱の悪魔までやってしまえばいいんじゃないかな?と応援しています。(無責任な発言)

魔王黙示録シリーズは七つの大罪シリーズのキャラをちょっと遊びココロのあるプライベートシチュエーションで描くという、スイカ割りルシファーだったり、ホットパンツレヴィアタンだったりと本家シリーズ以上にいろいろとハジけた描き下ろしイラストを元にという、楽しいシリーズです。

そのシリーズの売りのひとつと言っていいのが脱衣要素(キャストオフ)。今では珍しくない要素ですが、最近はプロポーションを重視して上半身ごと差し替えなどで実現するものが多くなってきましたが、今回はサンタ服を脱がす方式でちょっと懐かしい気もします。やはり直接脱がすタイプはその過程こそがキャストオフの魅力のひとつと言えるかもしれません。いつも撮影の時に脱がすの面倒くさいと言ってますがね

そんな訳で今回は、脱がせやすく着せやすい、脱衣前でも脱衣後でもプロポーションに問題なし、キャストオフフィギュア最前線、HobbyJAPAN AMAKUNI製 七つの大罪 魔王黙示録 憤怒の章 羞恥サタンクロースノ節です。

七つの大罪 魔王黙示録 憤怒の章 羞恥サタンクロースノ節

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2015 SUMMER Act.11(ホビージャパン:AMAKUNI編)

ワンダーフェスティバル2015夏メーカー別イベントレポート、第10回はホビージャパンブースです。

WFも閉会まであと30分を切り、体力も気力も尽きもうゴールしてもいいよねと思ったその時(残りHP1)、丁度ホビージャパンブース前を通りかかったまーしゃですが…。

ホビージャパンブースは前回のメガホビEXPOでかなり注目作が発表されていた事から、今回はそうそう見るものは無いんじゃないかと素通りしかけたその時…ソレを目にした瞬間、体の奥からチカラが湧いてきてココロに翼が生えた気がしましたね。(それローソクが消える前のアレだわ)

懸命な読者のみなさんはサムネでもうお分かりでしょうが、残り時間すべてをここにつぎ込んだのは言うまでもないでしょう。まぁ、結局同じようなアングルばっかり量産して、使える写真は意外に枚数少ないというお約束の結果が待っておりました。

WonderFestival 2015 SUMMER Act.11(ホビージャパン:AMAKUNI編)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

Home > フィギュアレビュー > HobbyJAPAN Archive

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

ゼノサーガ エピソードIII T-elos(テロス) アルター版
ゼノサーガ エピソードIII T-elos(テロス) アルター版

一騎当千 Dragon Destiny 関羽雲長 成都学園制服Ver. タキ・コーポレーション版
一騎当千 Dragon Destiny 関羽雲長 成都学園制服Ver. タキ・コーポレーション版

村田蓮爾PSEコレクション PSE PRODUCTS 002“クリス” 流通限定版 ビーグル版
村田蓮爾PSEコレクション PSE PRODUCTS 002“クリス” 流通限定版 ビーグル版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top