Home > フィギュアレビュー > アルター Archive

アルター Archive

メガホビEXPO 2017 Spring(Act1・アルター編)

先日(2017/05/27)秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2017 Spring」に行って来ました。

メガホビEXPOはメガハウスさんを主催とする、メガハウスさんやアルターさんの新作フィギュアなどが展示される(主に)秋葉原で開催されている入場無料のイベントです。

メガホビまでにはトレフェスのイベントレポ終わらせる」(キリッ)からの「WFまでにはメガホビのイベントレポ終わらせる」宣言という華麗な自転車操業コンボ継続中!目指せイベントフルコン!(現状見るとあまりシャレになってない)。

ちょっと出遅れちゃった感があるかなと自分でも思ってたんですが、気がついたもう1ヶ月前とかね、毎日が充実していると時が経つのは早いですね…ねぇ、ほんと羅生門とか鬼ヶ島とかねぇ。

そんな訳で、丁度予約が開始された製品もありますし、これはむしろ良いタイミングなのでは?という見方もあるとか無いとか、夏のWFもダイレクトパスの抽選申し込みが始まりましたし、WFへ向けてアゲていきましょうか!

第1回は「とりあえず、アルターで」「みんな大好き!アルターさん」「さすがアルタークオリティ」が合言葉。シンデレラガールズ、FGOと言った今一番ホットな作品が注目を集めていたアルターブースからです。

メガホビEXPO 2017 Spring(Act1)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2017 WINTERイベントレポート(アルター編)

ワンダーフェスティバル2017冬イベントレポート、メーカー別イベントレポート始まります。
第1回は「みんな大好き!アルターさん」が合言葉!アルターさん。

今回の目玉「アイドルマスターシンデレラガーズ」シリーズに多くも注目を集めていたアルターブース。未彩色発表時から話題を掻っ攫っていた幸子と蘭子ちゃんは現在のPVC完成品フィギュアの最高峰と言ってもいい完成度で、フィギュアの到達点のひとつを示した気もします。

また、今回のWFの企業ブースで一際目立っていた「FGO」関連でも、やはり今回のサンタオルタを始めとして、fateシリーズで実績のあるアルターさんには期待があつまっていました。

価格高騰が顕著になってきた完成品フィギュアですが、「まぁ、値段はもうしょうがないな」という諦めが先立つのはこういうことなんだなと思わせるのはこれですね、「さすがアルタークオリティ」という約束された勝利の剣。

WonderFestival 2017 WINTERイベントレポート(アルター編)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

メガホビEXPO 2016 Autumn(Act1・アルター編)

先日(2016/11/26)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2016 Autumn」に行って来ました。

メガホビEXPOはメガハウスさんを主催とする、メガハウスさんやアルターさんの新作フィギュアなどが展示される(主に)秋葉原で開催されている入場無料のイベントです。

めっきり寒くなり「Autumn?」と思う時期に開催される秋のメガホビですが、天気もよく比較的穏やかなギリギリ秋日和、会場はおなじみの秋葉原UDX 2階のAKIBA SQUAREで開催でした。

今回は出展企業にコトブキヤさんは無く、メガハウス、アルター、ホビージャパン、リボルブ、シナプスに加えて、代々木アニメーション学院が名前をつられていました。

第1回は「とりあえず、アルターで」「みんな大好き!アルターさん」「さすがアルタークオリティ」が合言葉、今回もアイマスあり、FGOあり、ToLOVEるあり、ブレイブウィッチーズはPOPだけだったけどシリーズ化期待ということで、見どころ夢いっぱいのアルターブースです。

メガホビEXPO 2016 Autumn(Act1)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1c・アルター編-3)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第3回。

引き続き「みんな極大大好き!アルターさん」が合言葉!。春のメガホビEXPOで展示され大きな反響を呼んだラウラ&シャルやSHIROBAKO 絵麻ちゃんなどが今回も展示されておりました。

第1回ラブライブ!編第2回シンデレラガールズ編、今回の3回に分けての更新となりましたが、ワンフェス2016夏のアルターブースイベントレポートは以上となります。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1c)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1b・アルター シンデレラガールズ編)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第2回。

引き続き「みんな超大好き!アルターさん」が合言葉!今回はラブライブ!と客層を2分するもう一方、アイマスフィギュア界についにアルターが殴りこみ、発表時から皆の期待を集めていたアイドルマスター シンデレラガールズのコーナーです。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1b)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1a・アルター・ラブライブ!編)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポートの本番、メーカー別イベントレポート始まります。
第1回は「みんな大好き!アルターさん」が合言葉!アルターさんからラブライブ!スクールアイドルフェスティバルシリーズのコーナーです。

今回は撮影制限のあるワンホビコーナーを先に回ってたこともあって、アルターブースを訪れたのは14時ころになりますが、やはり多くの人集りで展示ケースの前はどんなレアポケモンがいるのかというくらいでした。(無理やりな時事ネタ挿入)

その中でも毎度最盛況のひとつラブライブ!コーナーは今回でスクールアイドルフェスティバルシリーズ全員が揃って展示ということで、放送終了後も根強い人気を感じさせる注目コーナーとなっていました。

こうして9人揃っているところを見ると、第一作のことりちゃんが展示された時の衝撃を思い出すと共に、感慨深いところがあるまーしゃでした…発売まではもうちょっと掛かりそうですけどね。(一言多い)

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1a)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

メガホビEXPO 2016 Spring(Act1・アルター編)

先日(2016/05/28)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2016 Spring」に行って来ました。

メガホビEXPOはメガハウスさんを主催とする、メガハウスさんやアルターさんの新作フィギュアなどが展示される(主に)秋葉原で開催されている入場無料のイベントです。

春のメガホビEXPOというと毎度フィギュアイベントに行ってる場合か?と思わせるほど天気に恵まれた印象ですが、今回も良い天気でAKIBA SQUAREという場所柄もあってか、家族連れ、カップルから…そうでない方々まで多彩な客層も特徴です。

…というわけで通例通り数回に分けての更新となります、第1回は「やっぱりみんな大好きアルターさんからの新作フィギュアピックアップです(そろそろこの導入もマンネリ感が…)。

メガホビEXPO 2016 Spring(Act1)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

あの夏で待ってる 谷川柑菜 水着Ver. アルター版

すごい久しぶりのフィギュアレビュー、積みフィギュアの塔も厚さが洒落にならなくなってきました(すでに高さと表記しないところが自己顕示欲)。ひとつ前のレビューってなんだっけな?と思い起こすと昨年の10月にまで遡ってしまいまして…そりゃ、塔も厚くなるな。

最近ほとんど毎回ですが久しぶりのレビューとなれば候補を選ぶ時もあまり手間がかかるヤツは心がくじけるので最近のものがいいよなぁとか、ちょっとえっちぃキャッチーなヤツで、差し替えが多くないものがいいなぁとか色々考えちゃうもので、そうこうしてるうちに時期を逃すことも多いのですよ。(考えオチ)

今回は届いたら絶対これ撮ろうと、銀座に来たらハヤシライスだろうと決め込んだゴローちゃん(井之頭)のような心境でいたのですが気がつけばもう4月も半ば、それを言ったら2月のWFレポがまだ…行動を起こせない系人間のメカニズムは闇深い。

そんな中厳選された今一番レビューしたいフィギュアNO1アルター柑菜ちゃん昨年春のメガホビEXPOでその原型が発表されてた時から、その存在に心奪われていましたあの作品がついに発売ですよ!(ここだけ発売日当日に書いてた熱量の高いテキスト)

アルター柑菜ちゃんと言えば前作の制服版もまた逸品でして、まだレビューできてないんだよなぁと思うとまずそちらからなのでは?と思ったりもしたのですが…行動を起こせない系人間のメカニズムは闇深い。

…というわけで、まーしゃのレビュー前文章は無駄が多いと言われるので今回はいきなり総評言っときますか、控えめに言って最高だと思うのです。今世紀で最高の柑菜ちゃんと言っても良いんじゃないですかね。

あっ、いや、柑菜ちゃんが今世紀中にあとも何個出るかとか、そういうこと言ってるわけじゃないんですよ。(ほんとに無駄が多い文章な)

あの夏で待ってる 谷川柑菜 水着Ver. アルター版

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 WINTER Act.2 (WF-ALTER編)

ワンダーフェスティバル2016冬メーカー別イベントレポート、初回となる今回はみんな大好きアルターさんブースです。

今回はというか今回もラブライブ!、アイドルマスターシンデレラガールズ、Fateという人気作品を中心に多くの注目作をひと目見ようと終始大盛況の人気ブースです。

WF開催中、閉会後もTL上に流れる新作情報はどれも反響が大きく、発売に多くの期待を集めてるのもよくわかります。なかでもやはりラブライブ!は見に来た人のテンション、熱量の高さが伝わってきましたね。(他人事風)

まーしゃ的には度肝を抜かれたバルクホルンのジェットストライカー、未彩色ながら今回発表されたSHIROBAKOの絵麻ちゃんなど、この先が楽しみな作品も多かったです。

WonderFestival 2016 WINTER Act.2 (WF-ALTER編)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

メガホビEXPO 2015 Autumn(Act2・アルター編)

今回はいろいろあって少し出足の遅れたイベントレポート、前回に引き続き先日開催されたメガホビEXPO 2015 Autumnです。そうそう、それとは関係ないですけど、モンハンクロス面白いですね、Graf Zeppelinは掘り当てました、茶器集めは飽きてきたんじゃが…。(意訳:毎日楽しいです)

さて、第2回は説明不要でフィギュアレビュアーが特に大好きなみんな大好き!アルターさん。前回はその中でも特に注目の高かったラブライブ!フィギュアのピックアップでしたが、他も負けず劣らずの期待作で、未来が楽しみすぎること請け合いです。

個人的にはメインキャラが一通り発売されてなお勢いを失わないことが素晴らしい、アルターさんのストライクウィッチーズシリーズから噂されていながら、アル信(アルター信者)でも正気か?と思わないでもなかった「バルクホルン ジェットストライカーVer.」のその勇姿を見れたのが最高でしたね。

もう一つ、コンビ売り(2体セット)のあり方をしめしたシャルロット & セシリア 水着Ver.に続くように、今回発表された、ラウラ&シャル ネコミミパジャマはあざと可愛さが溢れる名作の予感しかしませんね。

メガホビEXPO 2015 Autumn(Act2・アルター編)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

メガホビEXPO 2015 Autumn(Act1)

とりあえず生(ラブライブ!)で!それは僕たちの約束。(イラッ)

先日(2015/11/28)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2015 Autumn」に行って来ました。

メガホビEXPOはメガハウスさんを主催とする、メガハウスさんやアルターさんの新作フィギュアなどが展示される(主に)秋葉原で開催されている入場無料のイベントです。

いつも協賛のコトブキヤさんは今回アイドル連れて幕張に行ってて不参加ということでちょっと寂しいと思っていましたが、その分大きめのステージで行われていたイベントが盛り上げておりました。

…というわけで、第1回は「とりあえずラブライブ!」ということで、注目のアルターさん(とアルファオメガ)からのラブライブ!新作フィギュアピックアップです。

メガホビEXPO 2015 Autumn(Act1)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2015 SUMMER Act.4 (WF-ALTER編-2)

ワンダーフェスティバル2015夏メーカー別イベントレポート、第3回は引き続きみんな大好きアルターさん後編をお送りします。

アルターさんフィギュアは店頭でのサンプル展示を見れる機会などが少なく、メガホビEXPOやワンフェスなどのイベント展示は実物を見れる貴重な機会ですが、それだけに新作発表のインパクトは大きいです。特に、未彩色状態の展示から色がついたモノ(特に肌色)は印象が一気に変わったりするものです…まーしゃはサフ吹き状態もカラダの起伏が強調されて興奮しますけどね。(言わないでイイ)

WonderFestival 2015 SUMMER Act.4 (WF-ALTER編-2)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2015 SUMMER Act.3 (WF-ALTER編-1)

ワンダーフェスティバル2015夏メーカー別イベントレポート、第2回はみんな大好きアルターさん。会場限定の物販コーナーなども無いながら開場直後から人を集める集客力、ラブライブ!を始めとする人気作品への期待感からでしょうか…まぁ、今のアルターさんでラブライブ!会場限定フィギュアとかやったら戦争になりそうですけどね。

一番人気と言えそうなラブライブ!は展示コーナーに列形成が行われ、終始注目を集めていました。今回はそのラブライブ!コーナーを中心に2回に分けての公開となります。

WonderFestival 2015 SUMMER Act.3 (WF-ALTER編-1)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

To LOVEる-とらぶる- ダークネス 結城美柑 スク水Ver. アルター版

今年に入ってからは1月以来という、すごい久しぶりのレビューとなりました。WFレポがあったとはいえ、月2目標どころか四半期1という実態、これが現実…と振り返るのは置いておいて、久しぶりにレビューをする際のセオリーを確認してみましょう。(本編に入って欲しい)

まずシンプルな立ちポーズのものを選択、これ意外に重要でやっぱり久しぶりに撮影する時に、いきなり寝そべりとかよりレンズ内への収まりも良いので撮りやすいです。そのくせポーズに対するキャプションで「シンプルな立ちポーズなのでちょっと面白みに欠けますが…」とかそれらしいこと書いちゃいますが、そこは「立ちポーズながら動きを感じさせるほにゃららが…」とか更にもっともらしい言い回しで逃げるのも匠の技の一つです。(無駄に自分を追い込んでないか)

またあまり差し替えの多くないモノもよろしいですね。着せ替えがあるキャストオフはもちろんですけど、最近は手足の差し替えでぜんぜん違うポーズや雰囲気になったりするモノも多く、製品レビューとして最低限の撮影枚数と思ってもかなりの枚数が必要となることも多いのです。(共感どころの少ない視点)

キャストオフもそうですが、撮影すること自体はとても楽しいのですが、これを編集してコメント付ける作業を考えると途中で気を失なってしまうこともあって、久しぶりのレビューとしては荷が重いモノとなりがちです。

そして最も重要な要素は言わなくてもわかると思われますが、過去更新停滞時期からの再開がnativeさんのフィギュアからが多いという識者の見解もあり(どこの識者だ)、前述のキャストオフの項目とは相反する要素ではありますが、やはりニーズあってのエンターテイメントですからね。(微塵もニーズに応じてないこの序文)

とは言えあまりに直球なアプローチは、更新再開直後にプロバイダから追い出されるとか世知辛い未来予想図を思い起こさせるというか、特に販売対象は18禁じゃないけどギリギリのラインまで攻めこんでるフィギュアも多いから、判断難しいんですよね。

そこで少年誌での限界に挑戦し続ける「ToLOVEるダークネス」(SQって少年誌かな)、少年誌基準だから大丈夫!キッズも安心!小学生スク水ヘイキだよ。(あまり平気じゃない)ブルマ無き今小学生の神聖衣(ゴッドクロス)と呼ばれるスク水、それですら失われつつある嘆かわしい現代、伝え残していきたいものがそこにある

To LOVEる-とらぶる- ダークネス 結城美柑 スク水Ver.

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2015 Winter(WF2015w Act5)

ワンダーフェスティバル2015冬イベントレポート第5回、今回は前回に引き続き『大丈夫?アルターのラインナップだよ』がキャッチフレーズ、みんな大好きアルターさん第二回。(知らねぇよそんなキャッチ)

アルターさんだからこそ期待できる作品、アルターさんだからこそ期待できるキャラ、ひとたび製作が決定した時点でそれは約束されたなんとかとも言われる信頼度あってこそ、人は期待を込めてそう言葉にするのです。(初耳ですが)

そんなアルターさんの今後の期待のラインナップを刮目せよ。(ちょっと盛りすぎでしょ)

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

WonderFestival 2015 Winter(WF2015w Act4)

ワンダーフェスティバル2015冬イベントレポート第4回、今回はやや遅ればせの公開となりますが、レビューでの合言葉は『さすがアルタークオリティ』、みんな大好きアルターさんです。(自分本位のキャチフレーズ)

昨年秋に開催されたメガホビEXPOでは、アルターxラブライブで話題を席巻、「真姫ちゃんかわいい」「ことりちゃん尊い」「えっ?アルターなのにそのキャラ選択はどうしたん?」と誰もがその期待感を口にせずにはいられなかったのもわかります。(最後のは君だろ)

今回のWF会場でのラブライブ展示ブースだけは、待機列が生成され、見物、撮影に順番待ちが必要と、存分にそのスペシャリティを誇示、TL上には速報系の画像とそれに対する「凛ちゃん…」(言葉にならない歓喜)というコメントが乱舞しておりました。

とは言えさすがWF、今回初出の新作情報も多く、前述の通りファンの多くがアルター製品として発売されることに、絶対的な安心感を下敷きにして眺めており、これが信頼されるメーカーというヤツか…とアルター神話の片鱗を見た気がします。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

メガホビEXPO 2014 AUTUMN(アルター編)

昨日(2014/11/29)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2014 AUTUMN」に行って来ました。

メガホビEXPOはメガハウスさんを主催とする、メガハウスさん、アルターさんやコトブキヤさんの新作フィギュアなどが展示される(主に)秋葉原で開催されている入場無料のイベントです。(ここまでいつもの定型文)

久しぶりに参加したフィギュア展示イベントで、今回も参加するまでにイロイロありましたが、既に多数のイベントレポートが公開され、後発としてはいつものつまらない口上は後回しにしておいて、早速まずはこれを見て欲しい…という最注目のアルターブースです。(うん、いつもそれでいいんじゃないかな)

アルターxラブライブ!という今みんなが一番求めてる組み合わせ、その逸品っぷりを御覧ください。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

NITRO SUPER SONIC すーぱーそに子 水着サンタVer. アルター版

今やフィギュア界隈におけるタマ姉の座に王手掛けてると言っていい状態のそに子さん。プライズに、製品版に、タオルに、抱き枕カバーに…と、もはやおはようからおやすみまでを見つめてくれる存在と言っていいでしょう。(見つめられてもなぁ)

オーキッドシードさんのそに子シリーズをはじめとし、figma、ねんどろいどは当然とし、FREEingさんのデカもの、ネイティブさんの受注限定、WaveさんのBEACHQUEENシリーズも発売と、既に隙のない露出度を誇っておりちょいエロからモロまでのオールラウンダーっぷりもさすがです。(エロばっかじゃねぇか)

そんな中、あのアルターさんからそに子が製作されるというニュースが業界に激震を走らせたのは至極当然、あのなんとなくストイックな方向性で、キャストオフどころかスカートが外れるギミックすら殆ど無い、No!エロス、YES!クオリティのあのアルターさんが?(勝手なこと言うな)

まぁ、同時期に発表された飛鳥とか村田蓮爾キャラとかを見ると、アルターさん方向性変えてきたのかな~とか納得して、これからもより一層応援していきたくなりますね。(何言い出したの?)

そんな訳で今回は、キャストオフなどのギミックなど小細工抜きで勝負、アルターさんが生み出した究極のそに子、「NITRO SUPER SONIC すーぱーそに子 水着サンタVer.」です。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

ストライクウィッチーズ ペリーヌ・クロステルマン アルター版

「おれは今奇跡を見ているのか…いや、その言葉はリーネちゃんが売り場に並ぶまで待とう」とか言っているうちに、あっという間に最後の3体が発売され、後世の歴史家から(誰だよw)「奇跡の三ヶ月」と呼ばれることになるペリーヌ、ルッキーニリーネちゃんの連続リリースにより、ついに延期分の帳尻合わせアルターさんのストライクウィッチーズシリーズで501統合戦闘航空団が全員揃いました、とりあえずめでたいことです。

11人いる主要キャラ11人という普通に考えてなかなか全キャラの製品化は難しい作品にあって、ToHeartシリーズ(主に2だけど)で実績のあるコトブキヤさんを差置き、ねんどろいどやfigmaシリーズですらまだ成し得ていない(もちろん、続き期待してますよ!)この偉業をアルターさんが成し得てくれたのは望外の喜びであります。

芳佳ちゃんの時は…つづきあるんですよね?サーニャの時はNo01と銘をうたれながらほんとに続くか心配だった第一弾に引き続き独特の判断基準に基づく製品化順序が特徴的なアルターさんのラインナップで一番最初に製品化された芳佳ちゃんに「えっ?、じゃあ芳佳ちゃんは主人公と見なされていないってこと?」といらぬ心配をしてしまったりと…まーしゃはアルターさんにごめんなさいしないといけないよね。(まず、芳佳ちゃんに謝れよ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

ワンダーフェスティバル(WonderFestival)2014夏イベントレポート(WF-ALTER編)

WF2014年夏イベントレポート4回目、今回からメーカー別にまとめてようやくちょっとイベントレポートらしく公開できそうです。

さて、その一番手は恒例のみんな大好きアルターさんです。アルターさんの場合、メガハウスさん、コトブキヤさんと共に5月末に開催されたメガホビEXPOで新作が展示されていたこともあって、新作発表という面では比較的期待薄なところもありましたが、期待の高い作品も多く開場直後から終始、ブースの周りに人だかりを作っていました。

展示ブースの照明は明るくて見やすく、展示数と各作品間のスペースなどバランス良い配置でした。特にストライクウィッチーズシリーズが展示されていたケースの背景は蒼穹の空を表したようなグラデーション具合も綺麗で撮影しやすかったですね。

一方で床面からの照明が以外に強くて、美柑ななんかは顔への照り返しが強くてちょっと撮影しづらいと感じたところもありましたが、概ね細部まで確認しやすい良ライティングだったと思います。

まーしゃ的にはメガホビEXPOで未彩色&撮影禁止だった美柑が素晴らしい出来で発売が楽しみになりました。そして、ひとまず完結かと思われたストライクウィッチーズシリーズがまだ続きそうなことにはこれからも応援していきたいと思います。

最近力の入っている女性向けターゲットのブランドアルタイル側の展示物にはやはり黄色い声援が多く、こちらも好評のようでした。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

1/6 ページ12345...最後へ »

Home > フィギュアレビュー > アルター Archive

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

WonderFestival 2014冬(WF-オーキッドシード&AMAKUNI編)
WonderFestival 2014冬(WF-オーキッドシード&AMAKUNI編)

WonderFestival 2014冬(速報編その1)
WonderFestival 2014冬(速報編その1)

機神飛翔デモンベイン アナザーブラッド マックスファクトリー版
機神飛翔デモンベイン アナザーブラッド マックスファクトリー版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top