Home > フィギュアレビュー > アルター Archive

アルター Archive

HOBBY STOCK りこりす -lycoris radiata-続璃(つづり)~ふぁーすといんぷれっしょん~

ひとまず本レビューまで辿り着くまでにまとめてみたファーストインプレッションです。

ここでチカラ入れすぎると、レビューがかえって遠くなるというのを学習しつつあるので、かる~い気持ちでご覧ください。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

めがちゅ! ヨルズ アルター版

「甘口」、「中辛」、「辛口」とあれば、つい「じゃあ、中辛で…」と選んでしまう小市民的な考え方に対して、やはりオタたるもの常にマイノリティを追い求めたいものですね。(今思いついたろ?)

そんな訳で、三姉妹ものテンプレート的にスタンダードがメインヒロインとなれば、双局を担う「妹」キャラと「お姉様」キャラがマイノリティ…とは言え、この界隈ロリは強いんですよねぇ…。(なんで他人事みたいなの?)

まーしゃはボインちゃん(死語)ナイ(無い)ンちゃん(造語)も大好きだしね

でもまぁ、元絵師さんからして結構外角寄り(マイノリティ)だよね…とか言ってると、センセイさんに叱られるよ?(たしか、既に叱られた)

そんなところに実にタイムリーに水玉っぷりなもの(AM)が発表、「Masterpiese of 空中幼彩 No.01」というシリーズ展開にいろんな意味でチャレンジブルな心意気を感じてしまうのですが、超応援しています。

↑クリックでプレビューページへどうぞ

Post to Twitter

めがちゅ! ヨルズ アルター版~PREVIEW~

せっかく発売日に買えたとなると、やはりタイミングは大事にしたいところ…、でもレビュー予告はかえってプレッシャーになるというややこしいまーしゃ。
そんな意味で自分へ優しい妥協企画

本編レビューはもうちょっとお待ちください。

↑クリックでプレビューページへどうぞ

Post to Twitter

魔法少女リリカルなのはStrikerS リインフォースII アルター版

アルターのロリにハズレ無し」(格言っぽく言うな)

そっち方面に金字塔を打ちたてそうな傑作から一月も経たないうちにまたか、…というとロリものばかり発売されてるような気になりますね。(それはあなたのチョイスでは…)

「あれからX年後…」、続編ではよくあるシチュエーションでありますが、それがいわゆる「魔法幼女少女もの」な場合、非常に複雑な意味を持つことを教えてくれた「魔法少女リリカルなのは」です。

この場合「X」に許されるのはいくつまででしょう?、試験にでるからしっかり覚えておくように!

放送開始当初は、「おれのフェイト(嫁)が~!」とか「僕のなのちゃんを返せ」とか、絶望ってこういうものか、またアニメが一つ現実を教えてくれたよと、多くのファンに「時の流れの無情さ」というものを教えてくれたりしたものです。

まぁ、多くの方はそれはそれとして、「こういうの(AM)」や「こういうの」を見ると、それはそれでありじゃないだろうか?と上手に心の棚をまた一段増設したりするのですが、そうはいかない玄人志向な方にとって心のよりどころとなっていたのが、本作「ちっちゃい上司」と「永遠(とこしえ)のロリ娘(AM)」な二人な訳です。

そう考えると、アルターさんのラインナップはめちゃくちゃ鋭いですね。 いやいや、ご主人もちゃんと発売されるよっ!…後回しだけど(後回しとか言うなっ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

POP WONDERLAND ふしぎの国のアリス ハピネット/アルター版

いろんな意味でホンモノだよなぁと思わせるルイス・キャロル先生、その永遠(エターナル)ロリと言えるアリスをモチーフに、これまたいろんな意味でホンモノのPOP氏がデザイン、そこにまたこの方面で特に定評のある森川氏の原型製作とくれば、あわせてロリの数え役満を狙えそうなツモ筋、まさに鷲津さまのツモのようですね。(それって、ほとんどあがれねぇじゃねぇか)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

続・殺戮のジャンゴ -地獄の賞金首- 黒のフランコ アルター版

彩色済みサンプルを見れた前回WF(WF2008冬)はもちろんのこと、前々回にあたるWF2007夏の無彩色サンプルの時点で期待するなという方がむちゃな体位に大興奮でした。(体位じゃねぇだろ)

「続・殺戮のジャンゴ」シリーズとしての展開は、発売済みの第一弾おしり担当名前のない女」、第三弾となる乳担当リリィ(AM)の発売までが予定されており、さしずめ今回のフランコは…ナニ担当?(いやなボカシ方すんな)

■ 関連:ドコに期待してるかよくわかるWF2008冬メーカー編その2

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

トリガーハート エグゼリカ エグゼリカ アルター版

でかいな…だけど、でかすぎって程じゃないな」…と、「まだ慌てるような時間じゃない」という落ち着き払った態度を取れるかが分かれ道、いわゆる「アルフェイ」を経験しているかどうかがその線引きと言えるでしょう。

もう一昨年の事になる「アルターフェイト」の発売以来、フィギュアの大サイズ化の傾向を辿りつつも、店頭で困惑する程のインパクトを与えられたことは、そうはありません。(あってたまるか)

事前情報で肩幅あるから持ち帰るなら覚悟しろというおおよそフィギュアとは無縁と思われる警告が発せられていたり、WFで事前に見ていた事もあり、店頭で見た時も見覚えのあるサイズだと思いました。

そう、家電売り場に列んでいるビデオデッキとかの箱と同じような大きさですよ、持ち帰る上でそれほど困る大きさではありませんね。
それがフィギュアの箱だって事さえ気にしなければの話ですが…。。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

クイズマジックアカデミー アロエ&CPUシャロン アルター版

ゲーセン、最近ではアミューズメントスポットと言うべきか、まーしゃが学生時代に主な生息域の一つとしていた場所も、いまではだいぶ様変わりしたようですね。
当時の収入対支出を表すパワーウェイトレシオで言えば、ピーキーなフォーミュラーマシンに近い値をはじき出し、基盤道という冥府魔道の直前まではまり(正確にはお友達を墜とした)、まーしゃの人生の転機を左右する選択を何度と無くコアな方向へ導いていくれた因縁深いプレイスと言えましょう。

格ゲー全盛期から再度その場所にスポットが当たり始めたのは、全国のゲーセンがネットワークでつながり、そこで対戦可能なカードゲームや麻雀などが流行始めた頃からでしょうか。

まーしゃ的には、この手のゲームにはなるべく近寄らないようにしていたのですよ…というのも、一時期「魔法を集めようぜ」なカードゲームにはまり、カード購入費をエンゲル係数で表せば山岡士郎級(推定)、しょっちゅうなんか食ってるエンゲルバーグのように暇があればカードパックをペリペリと開けるような日々、まーしゃの人生の転機を左右する(略

だっただけに、さすがにカードだけにカード破産というシビアな現実に対して本能的にヤバイと感じるモノがあったのでしょう。
「三国なんとか」とか「ガンダムなんとか」とか、ダメ絶対という感じで距離を置いていました。

そんな中、クイズマジックアカデミーが出回り、ねらい撃ちされたようなピンポイントなキャラの存在にあわてふためきましたが、クイズゲーという一点がまーしゃを救ってくれたと言えるかもしれません。
もっとも、クイズゲームというのも頂点を突きつめると、投資と闘志が勝敗を左右する世界である訳ですが…。

さて、今回は「クイズマジックアカデミー アロエ&CPUシャロン(AM)」です。
ちらっとも見せない事を逆手にとった、いわゆる絶妙な「はいてない」疑惑の答えがいま白日の下にっ!
でも、こうしてキャラクターを愛でるなら、やっぱ立体物ですよね。(辿り着いた趣味の到着地点がこれか)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

ゼノサーガ エピソードIII T-elos(テロス) アルター版

まーしゃ的にXenosagaシリーズは、なんというか非常に微妙な思い入れがあるというか…。

エピソードIが発表された時は、キャラクターデザインが大好きな田中久仁彦氏、そして非常に思い入れのあるXenogearsの続編?ということで、並々ならぬ期待をもって発売を待っていたものです。

Xenogears自体もなかなか賛否分かれる作りだったりしましたが、第二部が突然ビジュアルノベル風になって怒濤の伏線回収を始めたとしても、十週打ち切り文化に慣らされた身としてはアレはアレで斬新だったなと無理矢理自分を納得された評価できました。

そしてXenosagaシリーズが発表され、三部作という壮大なシリーズ構成と同時にむやみに遠大な発売スケジュールから、前作(Xenogears)があれだっただけにホントに完結するんだろうな?という期待と不安を感じされてもくれましたが…そんな事をふっとばしてくれるキャラクターデザインがそこに!。

主人公であるシオンのメガネっ娘おねぇさん系でかつどことなく幼さを残す絶妙なデザインとロボっ娘KOS-MOSのコンビの時点で、ご飯三杯はいけるねとヒットを確信したものでした。
…そしてこのシリーズがまさかあんないろんな意味で波瀾万丈な展開ストーリー展開以外でも)になるとは、予想の斜め上を行かれた気がします。(薄々はね)

この辺いろいろ言いたい事はあるのですが、こういうごたごたネタが大好きなまーしゃでもおなか一杯になるくらいなので、一言言いたいとすれば田中久仁彦先生の画集はいつ発売されるのかなぁという事だけです。(Xenosaga関係ないけどね)

さて、ここまで書いてそのロボ娘の方(AM)は、どうしたのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あれの発売日は他にもいろいろ発売されておりまして…まぁ、これは後でも大丈夫だろうという自分の節穴センスがホントに恨めしいです。

ちょっと順序が逆になりましたが近いうち入手できそうなので是非一緒に飾りたいと思っています。(入手手段は聞くな…大人なら)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

続・殺戮のジャンゴ -地獄の賞金首- 名前のない女 アルター版

本製品はニトロ+限定版として「別カラーVer.」(参考:foo-bar-bazさん、ニトロプラスダイレクト限定版レビュー)が用意されている訳ですが、速攻で通常版を予約して安心しているうちにすっかり忘れてました
…発売直後までは注文可能(ニトロプラスダイレクト)だったみたいですが、さすがにキャンセル分含めて完売したようですね。(ちょっと、どきどきした)

例によって元ネタのゲームは未プレイでありますが、元のキャラ絵も好みの上、非常に全周囲的に楽しめそうな立体化だったので、購入に際しては迷いはありませんでしたね。レビューの冒頭文に悩む未来予想図は、すぐに思い浮かびましたが…。(アイシテルのサイン)

そんな訳でこういう時はあれだ、まーしゃのエロゲ電話相談室だ(ダイヤルダイヤルダイヤルダイヤル〜♪)。(誰がだ)
なんかネタにならないですか聞いてみたところ『メーカーの中の人がビッチすぎて逆にエロくない…』って、違うのっ!

まーしゃが聞きたいのは、「ちょっとモチーフの選択がタイトすぎて発売見合わせ」とか「なかなか語られないそれは語られなかったもうひとつの季節」(ともに、情報元:アキバBlogさんさん)とか、そういうグダグダしたハートフルな話題が欲しいのですよ!

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

めがちゅ! レウコテア アルター版

限定品でもなく、格別に少数生産と言う事でも無いが、時として瞬く間に売り場から消えていく製品がまれにあります。
そういうのに対してダメセンサー玄人の勘とも言うべきか、そういうのが妙にさえた方もいらっしゃったりしますが、そんな方から今日も「ひょっとするとやばいシグナル」をいただいたまーしゃです。

さすがに、日頃から何度も涙をのんでいれば多少は学習するというか、今回は油断しないで早々に店頭予約をしていたのが幸いしたのか無事ゲットできました。
」の時から「姉はともかく妹は絶対外せない」と、今のご時世絶対にカミングアウトしない方がいい意気込みをみなぎらせていたものです。

それはともかく、羮に懲りて膾を吹くではありませんが、「アルター製品」は侮っちゃいけないというのは学習しました。
最近は、別に意味で「侮っちゃいけない」メーカーもいくつか学習しつつありますけどねぇ。
そういえば、タキ・コーポレーションさんはいつも僕をわくわくさせてくれますね(AM)…他意はありません。

まーしゃが絶対外せないという意気込みで待ちかまえているモノは、大抵一ヶ月もしないうちに、お友達がホクホク顔で特価品となったソレを手に入れているシーンをよく見かけるのですが…これはまーしゃの潜在能力かなんかでしょうか?

そういう意味だと、あれ?これも?(ありませんから)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Fate/hollow ataraxia セイバー メイドVer. アルター版

一時期はまさに「月刊Fate」状態(刊じゃないけど)だったかのような、毎月なにかしらの「Fate」ものが製品化され、WFで発売された「Fate Zero」ものもあわせればやはり未だにその状態が細々と続いている気もしますが、うちのサイト的には久しぶりな感じです。

その凛々しい鎧姿をはじめとして(それが一番少ないかも)、水着姿やらメイド服でいろんなメーカーより製品化されまくり、同作品内でも他のキャラの追従を許さず、発売されたほとんどの製品が好評だったことを考えると、営業的にもまさに「約束された勝利の剣」と言えるセイバーさんです。

その中でもメイドセイバーさんというとこっそり色が変わっちゃったアレとか何となく後発の凛に食われちゃったアレとか、微妙に不遇な巡り合わせでしたが、個人的に本命と思えるのが今回の倉本育馬氏(ミリメートルモデリング)による「セイバーメイドVer.アルター版」です。

キット版が発売された当時から完成品として発売されることを夢見ていましたが、アルターさんから(ここ特に重要ね)発売される事が決まり、その発売を心待ちにしておりました。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

焼きたて!!ジャぱん 梓川月乃 水着ver. 限定版 アニプレックス版

前回レビューから1週間ちょっとですけど、すごい更新して無い感に満たされて、「あれ?オレ実は日頃、結構ちゃんと更新してんじゃね?」…と、はなはだ低い志に基づいたポジティブ志向がちょっと頼もしいよね…お久しぶり、まーしゃです。
いろいろと多忙なうちにでか長門(AM)は、その影を見る事すら見る事能わずという例によって瞬殺劇、予約分はひとまず完売ですか。

しかし、ハルヒシリーズというのは限定販売と同義の意味と通じるぐらい、なんか手に入れるまでだけでもいろいろ楽しいクエストが盛りだくさんですね。
まるで発売当時のPS3みたいだ…アレは買うまでが楽しすぎたけどな。

さて、そんな予約コンプレックスに悩まされているまーしゃ故か、「通常版」と「限定版」が列んでいるとつい限定版を選んでしまうのですが…。
ここ最近のレビューだけ見てみても、「限定」やら「LIMITED」やらのなんと多い事でしょう。
踊らされてるなぁ…と自分でも割と思うのですが、その割にうっかり通常版も買っちゃうのはたまには考えなおそうぜ!(たまにですか)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

くじびきアンバランス 荻上千佳 コスプレVer. アルター版

一週間ぶりのご無沙汰となってしまいました、お久しぶりです、まーしゃです。

今日も渋谷で5時ぃ〜♪朝の)という嫌な歌を口ずさみがちだった仕事上の一大イベントも一段落し、夏休み前にもう一頑張りというかWF&コミケ空けの休暇をなんとか確保したいと画策中の毎日です。(思いっきり無理があるけど)

今回はリハビリがてら、前回というか前々回、メガネ無しVer.としてレビューせざるを得なかった「くじびきアンバランス 荻上千佳 コスプレVer. アルター版 」です。
前回レビューとあわせてご覧いただければ幸いであります。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

くじびきアンバランス 荻上千佳 コスプレVer. アルター版

さて、昨日はねんどろいどハルヒシリーズ…しかも長門(RA) 、ハルヒですら気をしっかりもっていないと萌え死にかけた可愛さだったので、これはまず瞬殺は必定であろうと思っておりましたが、本当にそうだったようですね。>ねんどろいど「長門有希」 あっというまに完売(アキバBlogさん)

昨日中…というか昼の時点でもう、いくつかのレビューサイトさんでもレビューされており、その中に写された売り場の様子(参考:あきばらいふさん)を凝視しつつ、『長門はいいっ!(どうせ買えないから)、荻上を写せっ!』と酸素欠乏症なおとうさんっぽい勢いで、写真をチェックする男が一人…。

なんだか、長門のせいかまったく話題に上っていませんでしたので、ほんとに入荷してるのか心配だったのです。
結局昨日はトラブルで買いに行けなかったのですけどね…。

そんな訳で、決して長門が買えないだろうから代わりに買うかとか、人気番組の裏番組的な狙いとか…そういう訳ではなくてですね?
個人的に期待していた一品だったのですよ…特に制服の中身が(ry

…という所まで書いておいてなんですが、今日はちょこっと中途半端な形になってしまいました、申し訳ありません。

本製品は、非常に良くできたエッジングパーツのメガネが付属しておりまして…ただし、サンプル写真通りと言えばその通りですが、鼻の上にちょんとのせて掛けるデザインである為、柄の部分は存在しないのです。

つまりは、自分で接着しろ…ということであるのですが、すいませんただ今我が家には接着剤が存在しませんでした。
正確にはあったけど中身固まってるたよ、ほんといざというとき役に立たないねぇなぁ、黄金聖闘士かよっ!(ぉ

正式公開時は、せっかくの豊富なバリエーションをもうちょっと撮影してみたいと思ってます。
このまま流しちゃっても良いかとも思ったんですが、どうしてもこの作品の場合メガネが欲しい!つうか、メガネ無いとダメ、絶対!!、ここは荻上への愛をもってということで一つ…。

本文コメントはこのあと正式にレビューする機会にでも…えっ次回?いやぁ、明日はまなび(RA)だろ?常考…(愛は?愛)

↑クリックでレビューページへどうぞ(ごめんなさい、メガネ無しVer)

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

超昂天使エスカレイヤー エスカレイヤー アルター版

多少個人の好みから外れていても興味のある話題作となれば発売日に入手してレビューしたくなるというもの、こういうものは発売日当日に店頭で手に入れたいものです。(店頭予約だとたまに、自分が予約した店だけ入荷が遅れて涙したりするのです…)

逆に、これはオレだけが期待していれば良いというあまり期待されてないもの(これとか)であれば、発売日にレビューしなくても良いかな?
と、確実に手に入るように通販なりで予約すればいい訳です。

…問題は個人的にも絶対に入手したい話題作です。
まぁ、最近は大抵これにカテゴライズされるものが多くて困る訳ですが…。

前回のファウナと同じくこの「エスカレイヤー」については、ハルヒシリーズのような「予約する間も無いような人気作」と言う訳ではなく、予約する機会は何度も有りながら己の見込みの甘さゆえ、発売日当日に買い逃し、今後アルター製品は絶対に予約しようと心に誓ったまーしゃでした。

そして、1000円で投げ売られいろんな意味でショックを受けたシーンに続く訳ですが…。(ぉ

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

めがちゅ! ファウナ アルター版

自分の目がどれだけフシアナなんだろうと思ったり、それともアレか?好みが余程マニアックってことなのか?

最近は本当に人気作とそうでないもの差が激しいというか、人気作は予約瞬殺で「ぎにゃー」と、ほんの少し出荷量が需要より多ければニコニコセール(AA)うれしい悲鳴を「ぎゃぼー」とかね。

いや、レビュー書いてる側としては、やはり良いモノは共感したいよね!という想いが根底にあったりするので、「おっ、これイイじゃん!」と思う人には一緒に良さを共感したいじゃないですか、そんな訳で…瞬殺で欲しくてもどうにもならないというのは寂しいところです。

…ではあるのですが、発売日当日に息せき切って店頭で購入してニコニコしていたものが、数日で半値以下でセールされているのを見るとなんとも微妙な気持ちになってしまうのも意外に良くある話で…。
まーしゃ的に最近の中でお気に入りだったスク水でくいっとなアレ1,000円で売られたのを見てる時はショックだったなぁ。あ〜る〜はれた〜ひ〜るさがり〜♪

ほら、こんだけいろいろ買ったりしてる訳ですから、こう少しは見る目も肥えてきてきてても良いじゃないですかね、ツライ経験で経験値も貯まってるしね。
さて先日、「エスカレイヤー(RR) 」で痛い想いをしていたまーしゃとしては、転ばぬ先の杖、難民化する前の予約と欠かさない様に人気作のチェックを怠らない様にしていたのですが(キリッ!!)…。

この「めがちゅ!のファウナは大丈夫だろう」と、天のゼオライマーに挑む八卦衆のみなさんの様に根拠の無い自信で、一番早く入荷した店で買えるように店頭予約もしてなかったんですよねぇ…。
だって、「エスカレイヤー」はともかく「めがちゅ!」って、かなりマイナーだよね?

さて、発売日当日、仕事中だけど売れ行きえらい事になってる具合」をメールで教えてくれる友人が居たりしましてね。
異常に説得力のある「夕方まで確実に残らなそうな」写真付きで…その場で確保をお願いしました。
なんだか、あの人は自分で言うところの優秀なファンネルというより、既にモビルドールな域に達してるんじゃないだろうか。(エレガントではないな)

ちなみに余談ですが、最近買ったものでまーしゃ的に焦って予約したのはコレコレです。
あれか?近未来のニコニコセール行きとか言いたいのか?(言ってません)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

となグラ! 有坂香月 競泳Ver. アルター版

アルターさんと言えば連合脱退のニュースもまだ記憶に新しく、先日も「エスカレイヤー」が大好評の上に瞬く間に売り場から消えたりして、CUTA的にエスカレイヤーは難民確定だった訳ですが先日奇跡的に入手することができました…ありがとうセンセイさん、コンゴトモヨロシク。

さて、今回の有坂香月 競泳Ver.(RA)はワンフェスで一目惚れ、その後なかなかサンプルを目にする機会が無かったのでwktk止まらないという一品、実物見るまで不安が高まるか期待が高まるかがいわばそのメーカーの信頼度のバロメータ、まーしゃ的に安心のアルターさんです。
…たまに予想以上にちっこかったりしたこともあったけどね。

フィギュアで水着と来れば当然スク水、スク水には白スク派と紺スク派が日夜その覇権を掛けて争っている訳ですが、どっち?と聞かれればそりゃもちろん両方と答えるのが作法というもの。
しかし、よりグローバルな視点から眺めてみれば、スク水派と競泳水着派もまたその頂点を競っているのです。

先日発売された競泳水着マンガ:水色スプラッシュ 「裸が描いてあるよりもエロス」(アキバBlogさん)が、競泳水着啓蒙に一役買っていることもあり、これは競泳水着派にとって大きな追い風、いま時代は大競泳水着時代と言っても良いでしょう。(またかよ)

まーしゃはスク水と競泳水着のどちらかと聞かれれば、もちろん両方と答えます。(話の流れ台無し)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Fate/hollow ataraxia ライダー アルター版

アルターさんのFate/hollow atraxia 水着シリーズも今回で第五弾ですね。

昨日はPS2版も発売された様で、ほんと〜に話題の絶えない作品ですが、フィギュア業界においても毎月欠かさず誰かが製品化されてますね…という話題を一年以上続けてるという時点で、ならぶものの無い人気作と言えるでしょう。

最近では「可動セイバーさん(RA)」も発売され、WFでみた「リボルテック・セイバー(AA)」も、もうすぐ発売されることを考えるとこういった変化球も含めてもう一年ぐらい引っ張れる魅力的な製品が発表され続けるかもしれませんね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

魔界天使ジブリール 聖天使ジブリール アルター版

マックスファクトリー版は、早々にジブリールアリエスが揃っていたの対して、ようやくアルターさんもアリエスに続いて「聖天使ジブリール」が発売となりました。アリエスが発売された時からいつ出るんだろうと思い待ち続けていましたが、ちょうどアリエスが2006年の3月ですから丁度一年掛かったんですね。

このシリーズ原作人気がそれほどあるとは思えないんですが根強い人気があるせいかマックスファクトリーとアルターからヒロイン二人ともが製品化されるというマイナーエロゲにしては恵まれた作品となってます。
根底には白スク水への果てしないあこがれがあるのは確信しているのですが、こう直球で攻めてこられると潔いものを感じますね。

こうなると更に他のメーカーからも製品化されたりしないかと期待したくもなる訳ですが…。
コトブキヤさん辺りからは原作の雰囲気に忠実なお手本のようなものを、やまとさんからはオプションパーツによるさらなる高みを、そしてアトリエ彩さんには…いや、ここはいいや、下手に豊富なカラーバリエーション出されて苦しむ自分の姿が一瞬見えたので…。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
5/6 ページ« 最初へ...23456

Home > フィギュアレビュー > アルター Archive

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st フェイト・テスタロッサ 私服Ver. アルター版 LimitedEdition
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st フェイト・テスタロッサ 私服Ver. アルター版 LimitedEdition

機動戦艦ナデシコ ミスマル・ユリカ キャラアニ ホワイトVer.
機動戦艦ナデシコ ミスマル・ユリカ キャラアニ ホワイトVer.

ToHeart2 AnotherDays 柚原このみ メイドver. コトブキヤ版
ToHeart2 AnotherDays 柚原このみ メイドver. コトブキヤ版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top