Home > フィギュアレビュー | メガハウス > エクセレントモデルCORE マシンロボ クロノスの大逆襲 レイナ・ストール

エクセレントモデルCORE マシンロボ クロノスの大逆襲 レイナ・ストール

最近はスパロボのおかげで多少知名度あがった感じもする「マシンロボ クロノスの大逆襲」、ロムにいさんにいたってはなんだか半分イロモノっぽい扱いで、まーしゃ的にはちょい微妙と思ったけど、冷静に考えると、やけにかっこいいけど大した事言ってないんだよな、あの人。(長い挨拶)

そんな訳で「マシンロボ クロノスの大逆襲」から妹萌えの草分け的存在とも言われる「レイナ」です。
「クロノスの大逆襲」といえば、毎週ロムにいさん一行が各地を行脚し、行く先々で敵役ギャンドラーの悪事を懲らしめるというまさに水戸黄門的なストーリー展開(特に序盤のころ)、助さん(ブルージェット)と角さん(ロッドドリル)も居るしね。

そんな中、レイナと言えば、陽炎お銀…と言うことは無く、相棒の「トリプルジム」とあわせて間違いなく「うっかりの」と冠するのがふさわしい、うっかりポジションに位置するキャラだった訳ですが。(あくまで個人的な解釈です)

その上、最初の頃は、微妙なキャラでしてねぇ…何しろどこのヘルメット卿かしらと思うくらい、激しいヘルメットの自己主張っぷりに前髪無し、そりゃもう、どうやってこれに萌えるのか?(いや、そんな概念なかったけど)というくらい、当時はがんばりが必要だった訳ですが…。
いつのまにかヘルメットから前髪がのぞくようになり、「あれ?こんなキャラだったっけ?」と毎週観ていたのにも関わらず、その変貌ぶりに違和感を感じつつも、実に自然に受け入れられていたものです

その後その勢いはとどまることは知らず、いつしか主役のOVAまででるしまつ…セーラー服に剣と、いかにも80年代アニメというものでしたね。
まぁ、そっちの方の評判はイマイチだった気がしましたけど…。

しかし、まぁ今の時代に復活するとは、しかもこういう形で…。
確かにナニがヒットするかわからないですしね、このシリーズの今後にはホントに楽しみにしたいと思います。(いろんな意味で

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

Home > フィギュアレビュー | メガハウス > エクセレントモデルCORE マシンロボ クロノスの大逆襲 レイナ・ストール

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

一騎当千 呂蒙子明 ゴスロリ版 オーキッドシード版
一騎当千 呂蒙子明 ゴスロリ版 オーキッドシード版

2012夏 ホビーメーカー合同商品展示会 ビジネスデー(その1)
2012夏 ホビーメーカー合同商品展示会 ビジネスデー(その1)

あいすとちょこ「PlumaosAcademy」付属フィギュア「プラム&ぽてねこ」
あいすとちょこ「PlumaosAcademy」付属フィギュア「プラム&ぽてねこ」

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top