Home > GoodSmileConpany | フィギュアレビュー > サムライスピリッツ零 真鏡名ミナ グッドスマイル版

サムライスピリッツ零 真鏡名ミナ グッドスマイル版

趣向が丸くなる…自分にとってこだわりのある作品がシリーズとして続いていくと、大抵どこかで「どうしても認められない要素」に出会うことは少なくないようです。
よく言われるのがガンダムシリーズで言えば「逆シャア以降はガンダムとは認めない」など、人によって「Gガンが…」とか「Xは…」とか許容する範囲は違っても受け入れることのできない線引きがあったりするものです。

さて…それでもシリーズは続き、認めたく無いながらも多少の興味から目にしたり耳に聞く新シリーズ、「これに比べればマシだったな」という気持ちがでてくるのか、斬新すぎる『ヒゲ』の世界観から『W』が許せるようになったり、『種』のおかげで『ヒゲ』が許せたり『運命』のおかげで『無印』がなんだかおもしろく思えてきたり…と、そんな話を聞くことも少なくなかったりします。(ちなみに、まーしゃ的にはガンダムは大抵なんでも許容できてましたけど)

つまり言いたいことは「ナコルル」「シャルロット」からはじまり、「チャムチャム」で『うぉっと』(まーしゃ的にはこれがベストだけどな)、「リムルル」で『それは狙いすぎだろ…SNK』。
そして「ミナ」を見た時は『やっちゃったな…』と思ったもんでしたが、その後に「この人」見た時は『ミナぐらいならありえるか?』…とは、全然思えなかったんだよな。

そんな訳で今回は、個人的には「侍魂」シリーズとして今でも「どうだろう?」と思ってはいるんだけど、「鶴の恩返しとメイド」という斬新すぎるな組み合わせに比べれば、どうってことないなと思うようになった「真鏡名ミナ」です。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

Home > GoodSmileConpany | フィギュアレビュー > サムライスピリッツ零 真鏡名ミナ グッドスマイル版

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

エクセレントモデルCORE クイーンズゲイト 門を開く者アリス
エクセレントモデルCORE クイーンズゲイト 門を開く者アリス

Hobby Japan 誌上限定 百花繚乱 柳生十兵衛 白水着Ver.
Hobby Japan 誌上限定 百花繚乱 柳生十兵衛 白水着Ver.

WonderFestival 2014冬(WF-アルファマックス&スカイチューブ編)
WonderFestival 2014冬(WF-アルファマックス&スカイチューブ編)

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top