Home > フィギュアレビュー | 海洋堂 > REVOLTECH[リボルテック] No.029 井上トロ

REVOLTECH[リボルテック] No.029 井上トロ

リボルテック第二世代のプロモーションとしてはセイバーさんと同等以上のインパクトだったリボルテック・トロ、その後フレンドショップ限定の「クロ」発売のニュースもあり その「クロ」の方はと言えば、フレンドショップ限定お馴染みの特殊な購買層からの洗礼(アキバBlogさん)を当然のように受けたようで…店頭で見かけることができた人はとてもラッキーですね。

現在のPS3プレイバリューの大半を占めているのでは?と思われる程の「トロステーション」でのトロとクロの楽しい掛け合いについては良く聞く話でありますが、まーしゃにとってトロはPSの「どこでもいっしょ」が全てなんですよねぇ。 (ネタの選定とかまーしゃ的にツボ以外のなにものでもないのですが)

本来なら限定品大好きっこレビューサイトのはしくれとしては、「トロ」&「クロ」セットでレビューするのが好ましいと思うのですが、 「どこでもいっしょ」のPS版は、液晶面がついたメモリカード通称ポケステと一緒に発売(ビジュアルメモリーとかもあったなぁ…)、そのポケステの方はトロ以外のキャラと一緒に忘却の彼方へと逝ってしまいましたけどね。(忘れてねぇよ)

まーしゃは大抵めんどくさがりなので、この手の○○ペットの類のモノにはほとんど手を出してなかったのですが、当時は周囲のオタ友人以外でもやたらとブームが訪れていたのでちょっとやってみたところ、予想通りトロのかわいさに一撃死でした。

実際、あのテキストは非常によく考えられてましたねぇ、かわいらしくて楽しくて、どこかちょっと切なさを感じさせるトロとの会話は、毎日プレイさせるに十分な魅力でしたし、やけに偏ったボキャブラリーを有するキャラ間でのシリトリもおもしろかったです。

今更ネタばれもないでしょうけど、悠久に続くと思われたトロとの毎日がある日エンディングと共に訪れ、トロは人間になる為に出て行ってしまうという別れがあるのです。
あのトロが居なくなってしまった部屋を見た時は、「ぎゃーー、ネコネコー」(このセンスの欠片も感じられない名前は、まーしゃが付けた名前です)と真剣にしばらく立ち直れないくらいのダメージを受けたモノです…例えるなら「Air」終えた直後くらいです、あっ劇場版じゃないですよ?それはそれでダメージでかかったけど

そんな訳で、まーしゃ的には「どこでもいっしょ」については、ネコネコはどこかで元気にやってるかな?…と、その後どこか入り込めないところがあって後に発売されたソフトはおろか、PS3ユーザーでありながらトロステーション1回も見たこと無いくらいなんですよ。
今回は、海洋堂さんがもう一度トロに会わせてくれたという感じです…おかえりなさい、ネコネコ。

…とCUTAらしくない綺麗なまとめ方ですが、決して「クロ」を買えなかったから悔しくて考えた文章という訳ではありません…いや、マジでね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

Home > フィギュアレビュー | 海洋堂 > REVOLTECH[リボルテック] No.029 井上トロ

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

Chu×Chuアイドる チュチュ・アストラム グッドスマイルカンパニー版
Chu×Chuアイドる チュチュ・アストラム グッドスマイルカンパニー版

FORTUNE ARTERIAL 千堂 瑛里華 ゲーマガ版
FORTUNE ARTERIAL 千堂 瑛里華 ゲーマガ版

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st フェイト・テスタロッサ 私服Ver. アルター版 LimitedEdition
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st フェイト・テスタロッサ 私服Ver. アルター版 LimitedEdition

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top