Home > その他 | フィギュアレビュー > 萌える!プロレスのススめ 力石ほたるVSちはたん弐号 ジャーマンスープレックスVer.

萌える!プロレスのススめ 力石ほたるVSちはたん弐号 ジャーマンスープレックスVer.

何度か書いてる気もしますが、こうして新作ラッシュの中に身を置いていると、常々感じるのは最近クオリティ高くなったよなぁ…というのは、先日の「グリフォンさん」を見ていると、共感してくれる方も多いかもしれません。(なんで、ピンポイントにそれなんだよ)

注目されている各メーカーもサンプルの時点からほぼ期待通りの仕上がりと言うことも少なくなく、実にうれしいことですねレビューする側としてはちょっと寂しいのですが

そうなってくると、期待の新作に求められるものは元キャラの人気(もしくは原作人気)か、他と一線を画するインパクトを持ったコンセプトが求められてきます。
初音ミク(AM)や来月に発売が延期となってしまいましたがエグゼリカ(AM)なんかは、申し分ないものを持っていると言えますね。

とは言え、キャラ人気に関して言えば、その人気に比例し(ときどき比例)時が経てば様々なメーカーから発売され、食傷気味になってしまうことも少なくありません、時々人気に比例してなくてもやたらとでてるシリーズもありますが…。(ほっとけ)

大サイズによるインパクトも最近は珍しく無くなってきており、むしろ各自の残存展示スペースについて語られる方が多くなってきてる気がします。
本気で業務用ショーケースが欲しくなってくるのは、こういう背景あってかもしれませんね。

そこで求められてくるのは、一目見た瞬間になんらかを感じさせるコンセプトです。
今日は発表と同時に、ほとんどの人に「バカバカしいwwww」と感じさせるインパクト与えたなか、「これ、いいんじゃないか?と思ってしまった人向けという非常にニッチな製品です。(ほっとけ!)

あとはインパクトだけじゃなく、さらに「欲しいっ」と思わせるクオリティが追加されていたら完璧でしたね。(ほっとけっ!!!!)
まーしゃ的には、今月もっともと言っていいくらい楽しみにしていた製品の一つだったりします。(いよいよマイノリティの証明ですね)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

Home > その他 | フィギュアレビュー > 萌える!プロレスのススめ 力石ほたるVSちはたん弐号 ジャーマンスープレックスVer.

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

マックスファクトリー ラブひな 成瀬川 なる
マックスファクトリー ラブひな 成瀬川 なる

WonderFestival 2013夏(オーキッドシード編)
WonderFestival 2013夏(オーキッドシード編)

T’s system. 東方プロジェクト ディフォルメ魔理沙
T’s system. 東方プロジェクト ディフォルメ魔理沙

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top