CUT A NEWS

今日のCUTA(2016/11/14)

新旧ハロウィンイベントお疲れ様でしたぁぁっ!(定型文挿入)

以前のインタビューで『復刻イベント?やりたいっすか?』みたいな気のない回答だったのですが、さすがサプライズに異常なこだわりでもある運営(柔らかい表現)、いきなり始まった復刻イベントと新規イベントの連続で開催となるハロウィンとクリスマスが開催、個人的には宝具4で止まってる信長をなんとかして欲しいのですが…ま、今後に期待しましょうかね。

一番気になるのは次の限定ガチャは誰なのか?沖田さんガチャの復刻がいつなのか?ボーナス時期を狙いすますスカサハ師匠は冬ボーにも刺さるのか?…震えて、待て!

Post to Twitter

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ イリヤスフィール・フォン・アインツベルン AMAKUNI版

もう前前前回(流行りっぽい表現)のことになってしましましたがFGO(FateGrandOrder)のプリズマ☆イリヤコラボイベント、参加されたみなさまお疲れ様でした。限定ガチャでイリヤ引けた人はおめでとうございます、妬ましい口惜しい羨ましいです。(もうハロウィン後半の時期なんで、なんですが)

このところ酒呑、三蔵、水着と引けるまで引けば引けるもんだなと軽口叩いていたのが災いしたのか、イリヤは引けず油田と交換してもいいと思ってた美遊対象ですらないという結果ではありましたが、大変楽しいイベントで「FGOは楽しいわ~、心の底からそう思うわ」と、既にキラキラした思い出にしてしまいましたよ。

今回イリヤ召喚の霊媒として用意しておいたこの製品、既に7月に発売された時から、いつかFGOでプリヤのコラボイベントが開催された時にレビューするんだと全く不要な誓いを勝手にかわしていたのですが、まさかほんとに来るなんてびっくりだよ。(少しは発言意図に責任を持とう)

結果としては依代として不適切だったのか残念ながらイリヤは手に入らなかったのですが、大丈夫、僕らはもっと大事なものを既に手に入れていたのだから…。(きれいなBGMとともに消失)

そんな訳で今回はちょっと前…えっ?これそんな前だったっけ?という、まーしゃにとっては今一番ほっとなフィギュア、全年齢向けでも取扱い注意の危険物、「Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ イリヤスフィール・フォン・アインツベルン AMAKUNI版」です。

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ イリヤスフィール・フォン・アインツベルン AMAKUNI版

この記事の続きを読む

Post to Twitter

今日のCUTA(2016/10/12)

ネロ祭り再び!お疲れ様でしたぁぁっ!ジャンヌオルタも無事出るまで課金の片鱗を見たゲットすることもできたし、難度緩和後ではありましたが高難易度クエもフィナーレまでクリアすることができ、思う存分BOXガチャから報酬をいただき、さすがはネロ皇帝陛下、ローマ万歳!というシナリオ意図を存分に甘受できた良イベントでしたね。

なんだか近況報告がめっきり「前回までののえふじーおー」と課していますが、うちのサイトは読んで字のごとくCUTANEWS(買ったニュース)ですので、買ったものや買いたいモノについて語るのが本筋なのです。ソシャゲからなにを買ってるのかって?そりゃ「」に決まってるじゃないですか。(ダメだ…こいつ)

…とは言えさすがに更新間隔に不安を覚えた先日のMAX FACTORY展で過去を振り返り、良い刺激を受けたので、そろそろ恒例である年末のベストフィギュアで5作くらいは挙げれるようにレビューがんばりたいですね。(5作って=ノミネート作品数じゃねぇの?)

MAX FACTORY FIGURE EXHIBITION 2016 フォトレポート Act1

先日(2016/10/01)中野ブロードウェイ内で開催されたMAX FACTORYさんのフィギュア展示会「MAX FACTORY FIGURE EXHIBITION 2016 」に行ってきました。

2017年4月で30周年を迎えるというマックスファクトリーさん、今まで商品化されてきたフィギュアの中からスケールフィギュアにターゲットをしぼっての約40点を展示、入口付近に「さくら(真宮寺の方)」「みずほ先生」「ハルヒ」が並んでいた時点で、その歴史と圧倒的懐かしさが迎えてくれるイベントでした。

今回はいつにも増して写真よりテキスト多めですが、おじいちゃんの戦時中語りのような『おじいちゃん、また、ハルヒフィギュア難民になったときのお話してぇ』「ハルヒより長門の時はもっとすごかったんじゃぁ…」という半分は当サイトの回顧録みたいになっちゃってますが興味がある方はぜひ、特に共感してくれそうなのはレビューサイトの方々だけかもしれませんが。(う〜ん、それでもどうだろう)

写真点数はいつもに比べて少なめですが、発売当時の当サイトのレビューも列べておきましたので当時の痛々しい勢いのあるレビューと写真をなまあたたかい視線で見ていただければ幸いです…ほんとむやみに勢いだけはあるよ。

MAX FACTORY FIGURE EXHIBITION 2016フォトレポート Act1

この記事の続きを読む

Post to Twitter

今日のCUTA(2016/09/29)

プリヤコラボイベントが終わり、一時の平穏を経て(ほんとに一時だったな)、新たなイベント「ネロ祭り」再びとなったFGO(FateGrandOrder)ですが、まさか同日デレステでもエライ事になるとは思いませんでした。(近況報告)

プリヤガチャでは「これ以上は楽しくなくなるな」という直前のラインまで回してみましたが残念ながら…でしたが、本命の美遊(礼装で実装だったけど)はゲットできて一応満足です。その副産物としてイベント礼装は☆3限凸が5枚、☆4限凸が3枚準備できたおかげで非常に楽しくクリアできました…識者の皆さんにおかれては礼装の枚数でアレっぷりを察していただけるかと思います。

クラス別ピックアップガチャとか無かった昨日からはネロ祭再びが開催され、昨年の復刻イベント的なものと思いきやさっそく嫁王で絞りにきたほとんど新規イベントだ、これとまた楽しい毎日になりそうですね。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act6 ブロッコリー編)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第7回、今回はブロッコリーさん、フィギュアメーカーとしては後発のイメージがありますが、製品化のチョイスがいつもなかなか鋭く、魅力的なラインナップとなっていますね。

さて、ブロッコリーといえばでじこ二代目は無い。まーしゃ的にはまずその辺からフィギュア化を検討して欲しいところですが、ブロッコリーについて語り始めると早々にまーしゃの黒歴史を掘り当てることになるので、ここでは語らないことにします。(そもそもイベントレポにそういうのいらないから)

ただいまFGOでのコラボイベント開催中のプリズマ☆イリヤから昨年発売されたイリヤに続いて、美遊のビーストVer.が展示されておりまして、良いタイミングですよね、今なら1万ちょっとで入手確定ですよ!(いや、そのりくつはおかしい)

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act6 ブロッコリー編)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act5 ワンホビ・アイマス)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第9回アルターでのアイドルマスター編につづき…今回はグッドスマイルカンパニーさんをはじめとするフィギュアメーカー連合ブースWonderfulHobbyLifeforYou!!、通称ワンホビブース内での艦これと人気を二分する待機列は常時50分待ちというアイドルマスターコーナーです。

ワンホビブースアイマスコーナーで一番勢いのあるファット・カンパニーさんのアイマスジャケットシリーズ、グッスマさんのニュージェネ3人組、MAX FACTORYさんからのfigmaと、スケールモノから可動フィギュア、765プロ、シンデレラガールズ、ミリオンスターズまでの幅広いこの展開力はさすが大手メーカー連合というところですね。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act5)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

今日のCUTA(2016/08/19)

コミケも終わって、まーしゃの今年の夏も終わったかな…と感慨に浸りつつもFGOの夏イベがあるからまだ終らないワンフェスのイベントレポが終わるまで夏は終わらないのです。(じゃあ、お前の夏は一生終わらないな)

そろそろ我が家の撮影スペースでのフィギュア撮影も恋しくなってきたところもありますが、もうちょっと続くWFイベントレポは後半編に突入するのでした。

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act4 ANIPLEX編)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第6回、今回は舞妓まどかをはじめとするシリーズ展開で着物フィギュアが定番となりつつあるANIPLEXさんです。

ANIPLEXさんといえば、公式サイトANIPLEX+にてアニメキャラフィギュアを中心とする限定受注生産で過去にはまどか☆マギカ舞妓さんシリーズ(なおほむらちゃんのみ晴れ着Ver.)などでもお馴染みですね。

FGOに対する製品化の動きも比較的早く、マシュちゃんも既に7末で予約受付期間を終了しあとは届くのを待つだけ、今回展示されていたセイバーさん(最近はアルトリアって書かないとだめかな)の晴れ着姿もひときわ華やかで目を引く一品でした。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act4)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act3 HJ・AMAKUNI編)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第5回、ホビージャパンからの限定販売を中心のAMAKUNIさんのブースです。

ホビージャパンといえば古くは誌上限定販売など、メガハウスさんのクイーンズブレイドシリーズなどでおなじみでしたが、最近は七つの大罪シリーズや百花繚乱シリーズ、ビキニ・ウォーリアーズなどがキャストオフなとところはだいたい同じが主力シリーズですね。

アルターさんと同じく、春に開催されたメガホビEXPOでの新作展示も多かったので、目新しいものは…と思っていましたがやはりWFの華舞台、今回から撮影解禁のモノやさらなる新作など期待以上の展示内容でした。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act3)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act2 ワンホビ・艦これ)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第4回、今回はグッドスマイルカンパニーさんをはじめとするフィギュアメーカー連合ブースWonderfulHobbyLifeforYou!!、通称ワンホビブース内での最大人気エリア、艦これコーナーです。

今回のワンホビブースで特筆すべきは観客の導線のスムーズさですね。毎回様々な改善を続けてるであろうワンホビさんの展示コーナーですが、今回は今までも一番スムーズに見物、撮影が行えたんじゃないでしょうか。

横長のショーケースの場合、横に進む人の流れと、1つのフィギュアの前に縦に並ぶ流れができて、これがどちらが正解という訳でもないのでしょうが、縦に列んでる人からすれば、最前列に横から入られるような印象を受けますし、左右どちらかも流れが生まれたりすると一層混乱の元になりがちです。

今回は基本的に1コーナーに付き縦に並ぶ様にチェーンなどで敷居が設けられており、毎度並び直すことになりますが、これくらいやってくれると混乱も少なく、却って早く見て回れたりします。アルターさんなどでも一部人気コーナーはこの方式でしたね。(まぁ、ワンホビくらいの規模だからこそできることかもしれませんが)

加えて非ダイレクトパス組殺し撮影可能時間を16時までとしたことも、撮影しない人は時間をずらしてスムーズに見て回ることができるということで、結果としては双方に良い効果だったのかもしれませんね。

さてその艦これコーナー、さすが毎度待機列は順番待ちの列をなし、常に40分、50分待ちは当たり前、ワンホビブースの中でも1、2位を争う人気コーナーとなっておりました。いつものまーしゃなら待ち時間の表示(50分待ちでした)見た時点で即回れ右のところでしたが、16時までという制限のおかげでむしろ吹っ切れて並べたおかげかもしれません。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act2)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1c・アルター編-3)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第3回。

引き続き「みんな極大大好き!アルターさん」が合言葉!。春のメガホビEXPOで展示され大きな反響を呼んだラウラ&シャルやSHIROBAKO 絵麻ちゃんなどが今回も展示されておりました。

第1回ラブライブ!編第2回シンデレラガールズ編、今回の3回に分けての更新となりましたが、ワンフェス2016夏のアルターブースイベントレポートは以上となります。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1c)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1b・アルター シンデレラガールズ編)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート第2回。

引き続き「みんな超大好き!アルターさん」が合言葉!今回はラブライブ!と客層を2分するもう一方、アイマスフィギュア界についにアルターが殴りこみ、発表時から皆の期待を集めていたアイドルマスター シンデレラガールズのコーナーです。

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1b)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1a・アルター・ラブライブ!編)

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポートの本番、メーカー別イベントレポート始まります。
第1回は「みんな大好き!アルターさん」が合言葉!アルターさんからラブライブ!スクールアイドルフェスティバルシリーズのコーナーです。

今回は撮影制限のあるワンホビコーナーを先に回ってたこともあって、アルターブースを訪れたのは14時ころになりますが、やはり多くの人集りで展示ケースの前はどんなレアポケモンがいるのかというくらいでした。(無理やりな時事ネタ挿入)

その中でも毎度最盛況のひとつラブライブ!コーナーは今回でスクールアイドルフェスティバルシリーズ全員が揃って展示ということで、放送終了後も根強い人気を感じさせる注目コーナーとなっていました。

こうして9人揃っているところを見ると、第一作のことりちゃんが展示された時の衝撃を思い出すと共に、感慨深いところがあるまーしゃでした…発売まではもうちょっと掛かりそうですけどね。(一言多い)

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act1a)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

PickUP WonderFestival 2016 SUMMER フォトレポート

ワンダーフェスティバル2016夏イベントレポート始まります。
例によって今回も企業ブース全体から気になった作品をピックアップして公開してみました。

ダイレクトパスの抽選は外れてしまった今回は前泊でホテルからの出撃であるものの、10時半ころまで部屋でごろごろしながら待機列を眺め、根拠の無い一方的な愉悦を感じるものの、会場入りできたのは11時頃になっていました。

とは言え、ほとんど並ぶ事無く入れたおかげで気力だけは十分、16時までの撮影制限のあるワンホビブースも結構回れたりして、案外ダイレクトパスで入った時より撮影は順調だったかもしれません…まぁ、年齢制限のあるコーナーは敬遠せざるを得ませんでしたが。

今回の撮影機材は、EOS 5D Mark3 + 600EX-RT(+ST-E3-RT)x2灯 + EF100mm F2.8L Macro IS USM、ストロボのディフューザーにROGUE Flash BenderLとMを使用しています。

PickUP WonderFestival 2016 SUMMER フォトレポート

この記事の続きを読む

Post to Twitter

PlayBack WonderFestival 2016 WINTERフォトレポート

WF直前ということで前回の前回なんとなく有耶無耶に…WF(ワンフェス2016冬)を振り返り、企業ブース最大手であるグッドスマイルカンパニーさんをはじめとするフィギュアメーカー連合ブースWonderfulHobbyLifeforYou!!、通称ワンホビブースから、あえてとっておいたWF2016最終更新企画、プレイバック ワンダーフェスティバル2016冬です。(ものは言いようすぎる)

現時点で発売されていなものを中心に、今週末のWFでの展示が楽しみなものを集めてみました。続きは今週末のWFイベントレポートをご期待ください。

PlayBack WonderFestival 2016 WINTERフォトレポート

この記事の続きを読む

Post to Twitter

今日のCUTA(2016/07/20)

WFまで1週間を切り、ガイドブックも発売され、原型師さんによる完成報告&サンプル発表などいよいよという感じですね。まーしゃもそろそろ撮影機材の準備をし始め、足りないモノを今更補充したりしてた先週末ですが、一番足りてないものはダイレクトパスなんだよな~。

今日のCUTA(2016/07/07)

お久しぶりです、ダイレクトパスの当落発表があったり、TL上は原型師さんによるサンプル公開などで、いよいよWF前という様に活気づいてきましたが、今回はダイレクトパスの抽選は外れちゃいました。

酒呑童子、三蔵法師と連続で引けたあたりで、「あっ、これ運ゲージ残り2ドットしか残ってないヤツだ」と直感的に思っていたので、落選は織り込み済みではありましたけどね、次のダイレクトパスの抽選はガチャ方式にしよう……ごめんなさい、やめてください。

ダイレクトパス入手できなかった時のまーしゃの動きからすると、だいたい11時過ぎくらいに入場となりそうです。(前泊までしてそれか…)おまけに今回ワンホビブースは16時以降撮影禁止となってしまうので、残念ながら今回は撮影は難しそうですね。

とは言えぶっちゃけ、うちのイベントレポの反応の8割はアルターブースと言っていいので、今回はレポのつくりを工夫してみましょうかね。

  • NEW GAME! 涼風青葉 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
  • アニメ第一話も放送開始され、その少し前からというナイスなタイミングでの予約開始、なにより実売価格をみて「安っ」と思ってしまうのは、コトブキヤさんの価格設定が絶妙なのか、価格高騰に慣れてしまったのか、ガチャのせいで金銭感覚がおかしくなってしまったのか…確実に手に入るフィギュアは良い文明!だね。

    Post to Twitter

PlayStationVR 特別体験会&先行予約販売〜銀座ソニーストア

6/16から始まったソニーストアで行われている「PlayStationVR 特別体験会&先行予約販売」に行ってきました。

グラストロン、EYE-TREK、HMZ-1と追いかけてきたヘッドマウントディスプレイ野郎としては、久々に心躍るアイテムの発表であり、発表時から「とりあえず買う」リスト最上段を常にキープしている一品なのです。(それはすごいことなのか?)

発表された販売価格は税抜きで49,980円、PS4用のカメラユニット同梱板でもギリギリ4万円台(税抜きだけど)というこの価格設定を、高いとみるか、安いとみるかは人それぞれではありますね。

まーしゃ的には、「やっすぅぅぅぅっ!」むしろ、安すぎて心配になるレベル、どちらかというと期待感というよりは「まぁ、きっとそういうモンなんだろうね」と目にする前から諦めの顔というね。(どんだけ上から目線でめんどくさい人なの?)

そんな訳でそのプレイステーションVRの体験会申し込みが始まったとかで、どうせ土日は希望者殺到して瞬殺とかなんでしょ?と諦めつつ、予約フォーム開いた時は土曜(6/18)は全部埋まってましたが、日曜は結構まだ飽きあるじゃん、まことか?自分のTLだとみんな既に申し込んでるのにっ?と自分の極狭な世界観を実感したものでした…でも普通万難を排して参加するよな?。(それほどでもない)

そんな訳で行ってきました、銀座ソニーストア PlayStationVR 特別体験会&先行予約販売

PlayStationVR 特別体験会&先行予約販売

この記事の続きを読む

Post to Twitter

メガホビEXPO 2016 Spring(Act4・メガハウス編)

先日(2016/05/28)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2016 Spring」に行って来ました。

メガホビEXPOはメガハウスさんを主催とする、メガハウスさんやアルターさんの新作フィギュアなどが展示される(主に)秋葉原で開催されている入場無料のイベントです…そして第4回目の更新にして主催のメガハウスさんです。

ドラゴンボール、ワンピース、銀魂…とホームラン級のヒットコンテンツを抱えむしろ美少女フィギュア目当ては肩身がせまいとか、あらためて撮影したデータを眺めるとなるほど前回メガハウス編の公開前に挫折したのもわかる、多彩なジャンルと分量に圧倒されますね。

今回は特にタイバニの小鉄&バーナビーが展示されてることもあって、その為に並ぶ人の列はなんと、アルターラブライブ!コーナーを超える最長!(一部の人にしか伝わらないすごさ)、しかもほとんど女性客ということで、残念ながら、ほんとに残念ながら撮影は見送って遠目に確認するのがやっとでした。(あれはすげぇ)

当サイトの守備範囲内だけでもビキニ・ウォーリアーズや森羅万象チョコシリーズの新作、ANPLEX+から販売となるハイスクール・フリートからのフィギュア製品化など、その物量にうれしい悲鳴を上げるレビュアー多数のメガハウスブースの一部をご覧ください。

メガホビEXPO 2016 Spring(Act4)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

2/64 ページ12345...102030...最後へ »

Home

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

WonderFestival 2016 WINTER Act.4 (WF-メガハウス編)
WonderFestival 2016 WINTER Act.4 (WF-メガハウス編)

新世紀エヴァンゲリオン 綾波レイ レースクィーンVer. コトブキヤ版
新世紀エヴァンゲリオン 綾波レイ レースクィーンVer. コトブキヤ版

サムライスピリッツ天下一剣客伝 いろは グッドスマイルカンパニー版
サムライスピリッツ天下一剣客伝 いろは グッドスマイルカンパニー版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top