CUT A NEWS

今日のCUTA:2011/03/15

お久しぶりまーしゃです、一応元気です。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

地震関連の業務をかかえていることもあって、地震発生直後からひっちゃかめっちゃかてんてこ舞い、おまけに計画停電対応など気がつけば今日が昨日になっているという状態が続いています…って、また揺れてるよ。

当時を振り返ると、地震発生後1日以上経ってからようやく自室に入ることができた時、部屋の三方の壁に積まれた未開封フィギュアのほとんどが倒壊した状態は「床が見えない」「箱が7分で床が3分、いいか 箱が7分に床が3分だ」ということばを思わずつぶやき…積みと罰ってこと?自戒の念に苛まれたものです。(ほんとに戒めてるのか?)

いつも「シャープできれいなエッジが見どころです(キリッ)」と評していた作品はパッキリポッキリガッカリ(マイルドな表現)、「後ろ髪がモッサリ気味でちょっと残念」とか書いてた作品は塗装がちょっと剥がれた程度で済むという結果、世の中ままならないモノです。

  • 拍手レス
  • この度は生存確認や励ましのメッセージなど多数いただきました、大変うれしかったです、ありがとうございました。

    自分も「ていおん!!」派で、ズンドコ低音の響くBOSEのスピーカーを10年以上使い続けています。と言うか、高音域の聞き分けが出来ないというのが本音ですがorz

    奇遇ですね、まーしゃもBOSEのスピーカーを愛用しています。はじめてもらったボーナスで買ったものなんで、もう相当経っちゃってますがなかなか買え替えられないものでもありますね。

    日本の伝統的な魔法少女モノでは、大まかに「魔女=生まれつき魔法の使える異種族(サリー、メグ等)」、「魔法少女=他者から魔法の力を与えられた人間の少女(アッコ、クリィーミーマミ等)」と区別されて居ました。プリサミ辺りから始まった「大きなお友達向け非女の子モノ魔法少女作品」でも、ここは踏襲されていて、魔法少女はアイテムを受け取ることで魔法が使えるようになっていました。この流れで見ると、「まどマギ」は、魔女については「生まれたときから魔法の使える異種族」で、魔法少女は「力を授かった人間の少女」と云うことで、確かに古来からの暗黙の定義に従っていますね(^^) by 栗本 規司

    言い得て妙というか…そか、ミンキーモモはどっちかっていうと魔女なんですね。(そこかよ)

Post to Twitter

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st フェイト・テスタロッサ 私服Ver. アルター版 LimitedEdition

少女というのがのは女になるまでの過程とするならば魔女になる過程はまさに魔法少女というわけですか、納得しました。ずっと魔王とか冥王と呼ばれるまでの過程なのかと誤解していました。(旬でウィットに富んだ書き出しを心がけたい)

アルターさんのなのはシリーズの話題は基本「箱のデカさ」から始まり「飾るスペースがない」で終わるという不文律がまことしやかに繰り返されているわけですが(ほっとけ)、撮影にあたる上でも決して手を抜けない完成度が常であるため、いつも以上にレビューに対して構えてしまうのも仕方のないかもしれませんね。(他人事のように言わないで欲しい)

「フェイトちゃんハァハァ」とか「フェイトちゃんチュッチュッしたいよ~」とか公言して乳白色に染めるサイトさん(怖くてリンクはれないや)でいつぶっかけられるのかレビューされるのかワクワクしているのはまーしゃだけじゃないと思いますけどね。

バルディッシュを静かに掲げ、きれいな髪をなびかせながらたたずむ金髪の美少女…後ろに長物を持ちつつやさしく微笑む通常版も捨てがたい良さがありますが、それでも場所を取りそうなバルディッシュが無い実に絵になるフェイトちゃん…今回はより住宅事情に優しい限定版です。

実はまだ締め切りまで一週間あるという大変素晴らしいタイミングでのレビューと言えましょう。(自画自賛…さっき気が付いたんだけどな)

関連:ほびーちゃんねる【期間限定受注】「フェイト・テスタロッサ 私服Ver.-An oath and a little wish-」WEB受注(3/15まで)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のCUTA:2011/03/04 MDR-XB1000

昨年末にアンプを買え替え、次に欲しくなるのは新しいスピーカー…でも、お高いのでしょう?となると次の標的はヘッドフォンということになります。(一般論のように言わないでください)

ちょうど今月頭に発売されたこいつが見た目的にもたいへんハッタリが効いており、遠目に見ても「カッコよく見える」か「痛々しい人に見られる」か本人の資質が問われる外観となっていますのでまーしゃは基本的に外で装着することはないでしょう。

まーしゃは低音至上主義というより低音さえズンドコしてれば満足といういわゆる「ていおん!」派ですね(わかりません)、レビューを見た後即日買いに行ってきました。

装着感はフワフワのモコモコ上々、見た目通りの大きさにより耳をほぼすっぽりと覆いながら心地良い密着感があり、装着に対する圧迫感が少なく長時間装着していても疲れを感じることはないです。

すっぽりと耳を包んではいますが背面開放型ということで遮音性は高くなく、最初はそんなに音漏れしないかな?とも思いましたが低音存分に堪能しようとボリュームをあげると、おそらく電車内のとなりの席でもグレートシングのメロディラインまで聴こえてきそう…というえばわかってもらえるでしょうか。(わかりません)

低音重視ということで結構曲を選ぶんじゃないかと思いましたがボーカルが埋もれてしまうようなこともなく、スピーカーの真ん前で聴いてるかのような重低音の迫力は今までにない感覚です。

今まで聴いてた曲もちょっと新鮮で、澪ちゃんのベース音がより際立つというものです。(それっぽくいいやがって)ていおん!だいすきー!って人にはオススメのヘッドフォンになると思います。(それが言いたかっただけか)

SONY ステレオヘッドホン XB1000 MDR-XB1000
SONY ステレオヘッドホン XB1000 MDR-XB1000

Post to Twitter

今日のCUTA:2011/03/01 3D効果2倍のおしりマウスパッド

先週末(2/26)に発売されたニンテンドー3DS(AA)、発売日(土曜日)にこそ買えませんでしたが日曜日に新宿のヨドバシカメラで購入することができました。twitterのTL上で夕方頃「新宿ではまだ200個くらいあるよ」…と流れていたので寄ってみたらボディカラー黒のみでしたが、たしかにまだいくらか残っていたようです。

行列ができたり、早々に完売し入荷未定のお店も多いようですが、さすが十分な数を用意できていたのか欲しくてもどうにもならないという状態にはなっていないですね。子供向け(の側面もある)玩具はこうあってほしいものですね。

個人的には強烈に惹かれるソフトもなかったので「いずれ絶対買うだろうけど、しばらく買えないんじゃないかなぁ」という心持ちだったのですが、3D撮影にはやっぱり興味あるじゃないですか、おっぱいフィギュアの撮影とか…ね。

…という絶妙のタイミングでもう一つうれしい立体化がお届け。
スクールデイズHQ おしりマウスパッド 言葉です。

これはもう3DSでの3D撮影を使うがよい!という啓示に違いない!(いろいろと頭が悪い発想)

昨年の射命丸土手マウスパッドすーぱーそに子 ぷにMマウスパッド以来の立体マウスパッドですが、土手マウスパッドのオーソリティとしてぜひこの立体感を伝えたい!(初耳です)

スクールデイズHQ おしりマウスパッド 言葉 通常版
スクールデイズHQ おしりマウスパッド 言葉 通常版

Post to Twitter

ToHeart2 愛佳でいくの!! サムライ 環 アカゾナエVer.コトブキヤ版

ほとんどイベントレポートだけで終わろうとしている2月も残すところあとわずか、世間ではアイドルマスター2が発売され、えっと…破界編でしたっけ?(ちげぇよ)いろいろと賑やかでありますが、WF後ということもあって先月末の発売ラッシュが嘘のように静かなそして相変わらず鎮座ましますフェイトちゃんの山フィギュア売り場ですが、ひと月に一度だけ輝くウルトラの星を見る限り…風物詩ですねぇ。(一度だけって、おい)

2月はイベントレポート強化月間のためレビューの方は控えてきましたが(しれっと正当化したよ)、そろそろフィギュア撮影が恋しくなってきたのでこの静かな月末は寂しい限りです。(驚きの白々しさ)

今回のWFではアルターさんが久しぶりに会場限定販売を行うなど開場前からいつも以上にホットな話題に富んだ物販ブース情報戦でしたが、そのアルターフェイトをはじめ、コトブキヤ、グッスマ&マックス、オーキッドシードと欲しい物は全て手に入れることができました…ひとえに西の方向へ足を向けて寝れないという、やはり持つべきはともですね。(なんで地元のこいつが遠征組に買い物お願いしてるの?)

覇龍の宝玉だろうと崩竜の削顎だろうと必要なときはいつでもお手伝いさせていただきます。(等価交換の意味について考えさせたい)

そんな訳で久しぶりのフィギュアレビューとなりますが、今回はコトブキヤさんブースにてイベント限定として販売されていただけど、しばらくコトブキヤ店頭でも買えたような)、「ToHeart2 愛佳でいくの!! サムライ 環(AA)」のカラーバリエーションとなるアカゾナエVer.、通常版と比較してVividなカラーリングがカラバリ愛好者の心を鷲掴みという逸品です。(せまい範囲だな)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のCUTA:2011/02/22

おとこには確かめなければならない時がある…、おとこには確かめてみたいモノがある…。なるほど微妙に盛り上がってますね。(なんの話だか)

  • foo-bar-bazさん、[撮影機材レビュー] クリップオン・ポップアップストロボ用ディフューザ 13種比較
  • イベント撮影用に「これいいやん!」と準備したアイテムが「やっぱあかんかったな」となることは良くある事で、同じような条件で事前に再現することが難しかったりして大抵の場合はぶっつけ本番となることが多いのですが、そこはさすがスパさん、系統だった解説と実例でとても参考になる記事ですね…まーしゃもこれくらい説得力のあるレビューをしてみたいものです。

    まーしゃは最近のイベントではGARYFONGのスフィアというドーム型のディフューザーを使用していますが、こうしてみると確かに光量不足を感じるシーンもある気がします。先日の2011冬 ホビーメーカー合同商品展示会ではショーケース無しというのがわかっていたので久しぶりにリングライトストロボを使用してみましたが、ねんぷちサイズの撮影には使いづらいとか…毎度試行錯誤の繰り返し、そこがイベント撮影のおもしろいところかもしれませんね。(うそですね、ほんとはそんな余裕を感じた事はありません

Post to Twitter

超健全CUT A NEWS


今日はまーしゃさんの健全写真コーナーだよ。(誰のマネだか)
まぁ、CUT A NEWSはいつも健全ですけどね!(このサイトはキッズGoo上では表示されません)

2/19、20に石打丸山にスキーに行ってきました、今回はせっかくなので先日WFで購入した「雪ミク」を連れて一眼レフ抱えて滑ってきました…出不精のまーしゃを知っている人間なら「良くもまぁ…」とほろりときても不思議ではない一幕と言えましょう。(どんなだ)

↓ちょっと大きめの画像はflickrにおいてみました。(どうせならもう少し大きくても良かったな)

この記事の続きを読む

Post to Twitter

「2011冬 ホビーメーカー合同商品展示会」PHOTO REPORT

先日(02/08)、秋葉原UDXで開催されたグッドスマイルカンパニーさんをはじめとした、WAVE、あみあみといったメーカーによる合同開催となる「2011冬 ホビーメーカー合同商品展示会」のフォトレポートです。

WF直後の開催ということもあり情報は少ないですが、WF会場でのショーケースごしの撮影ではなくゆっくりと撮影することができたところはとてもありがたい催しでありました。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

ワンダーフェスティバル2011 冬(PHOTO REPORT)

WFのレポートも終わらないうちに「2011冬 ホビーメーカー合同商品展示会」(「2011冬 ホビーメーカー合同商品展示会」フォトレポート(アキバHOBBYさん))が開催されたりして、楽しいイベントが目白押しな昨今でありますが、イベントレポートはもう少し続くのです。

今回はレスポンスと公開速度を重視してhtmlによる力業でイベントページを作ってみましたが、いつもの形式に比べて密度も薄いし少し見づらかったかなぁ…と反省することも多かったですが、当初考えていた「使ってないサーバを画像公開用に使ってみよう」計画の方もようやく形になったので公開してみようと思います

公開時期が重要なイベントレポートなどの際にはこういう形式も考えてみたいと思います。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

ワンダーフェスティバル2011 冬PHOTO REPORT(WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!13 編)

…という訳で1製品1枚という形式で公開してきたこのPHOTO REPORT形式でも1ページ(100枚)に収まりきれなかった「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!13」後編も追加しました。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

ワンダーフェスティバル2011 冬PHOTO REPORT(その2)

引き続きフォトレポートをお送りします。ここからはグッドスマイルカンパニーさんをはじめとするフィギュアメーカーさんによる合同ブース「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!13」です。

前回までの速報編で100枚の公開枚数となりましたが、このWONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!13だけで100枚以上のボリュームになりそうです。

あっ、今回使用した撮影機材はEOS 5D MarkII + EF100mm F2.8L macro IS USM + EX580EXIIでした。(どこ向かって言ってるんだよ)

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

ワンダーフェスティバル2011 冬(速報版)

本日(2/6)、幕張メッセにて開催されました「ワンダーフェスティバル2011 Winter」に行ってきました。例によってワンフェスの本来の趣旨からすればいかがなものかという自責の念にかられつつも企業ブース中心のイベントレポートを公開させていただきます。

今回もなんとか限界までがんばってみましたが、やはり量的にも質的にも全てを見て回るのは撮影するのを考えないとしても難しい規模になっていますね。まぁ、だからこそ自分で参加したイベントにもかかわらず余所様のイベントレポートを新鮮な気持ちで眺めることができ、それもまた楽しいところである訳ですが…今回も余所のイベントレポートはまーしゃにとって新鮮すぎる気がします。


鋭意柄更新中

公開開始:2011/02/06 22:00【コトブキヤ】

UPDATE:2011/02/07 01:00【アルター、オーキッドシード、ホビージャパン】追加

UPDATE:2011/02/07 14:50【グリフォンエンタープライズ】追加

UPDATE:2011/02/07 19:50【メガハウス、プラム、あみあみ】追加

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

いよいよ明日はWFですね


直前までバタバタしてましたが今回も無事参加できそうです。今日中に幕張メッセ付近のホテルに宿泊して明日に挑みたいと思います。

今回はイベントレポートの下準備も(一応)できているので、早めに公開できるように心がけたいですね。(心がけレベルか)

Post to Twitter

けいおん! 秋山澪 マックスファクトリー版

順当にプレミアチケット化している2月20日開催予定の「けいおん!ライブ」、先行予約には予想通り「はずれ」、続く救済処置的な再抽選にも「ハズレ」…藁にもすがるつもりで挑んだ1/22の朝からの一般販売はホントに販売したのか?と思える瞬殺具合…最後の手段を考える時がきたということでしょうか?(やめておけ貴様には過ぎたシロモノだ…ということ?)

年明け以降、比較的おとなしかった新製品も今年初の月末を迎えいよいよ本格的な新作発売ラッシュを感じさせるラインナップとなり、店頭の新作コーナーも賑やかになってきましたね。まぁね、これを賑やかで済ますのもどうかと思いますが…。

そんな感じで店頭に並ぶ様はまさに大型スーパーロボットとリアルロボット的な存在感の差を見せつけ、アキバ各店販売スペース確保の苦心っぷりは話題をかっさらった日本の住宅事情に優しくない方のフェイトちゃん(AM)ですが…一週間経った今でもその存在感を誇示し続けているのはちょっと心配になってきちゃったかな。(ほっとけ)

さて、今回はそんなレビュアー界隈でもいろんな意味で注目作だったフェイトちゃんと発売日を同じくしたその一方で、予想以上に早く売り場から姿を消してしまった「けいおん! 秋山澪 マックスファクトリー版」です。

いやぁ、今回はどっちを先にレビューしようか迷いましたが(しらじらしい)、アルター版との縞パン対決が気になるなど、レビュアーらしい視点からこちらを選びました。

次回は住宅事情に優しいフェイトちゃん(AA)でお会いしましょう。(おぃぃぃっ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

シャイニング・ウィンド クララクラン 水着ver. マックスファクトリー版

諸君 私は水着フィギュアが好きだ 諸君 私は水着フィギュアが大好きだ(以下略)

とかく水着フィギュアというのは「造形が単調になりがち」とか「原作の世界観的にどうだろうというモノが多い」とか「いっそ水着も脱がせろ」(それはないだろ)とか言われがちでありますが、まーしゃは大好きです

ごく自然に肌色率が高くなるため危険なアイテムに見られることもありますが、服を着ていたってモストデンジャラスアイテム認定確実なものもありますしね。先日CATV業者が工事でマイルームに訪れた際に真っ先に非公開にしたくなったのは水着棚でした…もちろんもっと危険なモノコーナーは完全に撤去しましたけどね。(通報されなくて良かったね)

…とはいえレビューサイト的には比較的好評な水着フィギュア、困った時のおっぱい祭り開催の時がきたわけですよ。(困った時って…)

そんな訳で今回は三人揃うこの日まで…ものすご~く待たされた感のある三人目まだ後ひとりいるけどね(AA))、乳姫様のニュースタンダード!「シャイニング・ウィンド クララクラン 水着ver. マックスファクトリー版」です

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のCUTA:2011/01/22

Post to Twitter

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 高町なのは -私服- コトブキヤ版

本当に恐ろしいモンスターはゲームをやりたいという欲望に支配されてしまう自分なんだよ!…じゃなかったもうすぐ年度末という恐ろしいモンスターが近づいてきますね、お久しぶりいろいろと忙しいまーしゃです。(どっちもホントくさいからツッコミづれぇ)

そんな前フリはどうでもいいとして(ホントにどーでもいい)、久しぶりに「ぼくたちは…まっていたんだ」…と思わずガンフロ風につぶやかずにはいられない期待の逸品が登場!(微妙な表現はやめて欲しい)

なのはさんは9歳にして既にかわかっこいいの極致を体現しており、フィギュア化される際にはことさらこのかっこ良さが前面に押し出されてしまっているせいか、いつでもスターライトブレイカーをぶっぱなすイメージが先行してしまっていますが(それはそれで事実だけどな)、本当はこんなかわいい娘なんだぜ?ということを知ってほしい。(世界中のみんな知ってるから)

日頃からフィギュアレビューサイトでは発売は待ち遠しいが撮影するのはおっかないことで有名ななのはシリーズ(アルターさんのを付けろよ)、映画公開から一年が経ち「なのは完売」が辞書に載りそうなモンスターコンテンツとなったなのはさんはこれから多数立体化されそうですが、新年早々からこんなカワイイなのはさんに出会えるとは幸先の良い一年になりそうですね。

まぁ、そんなことが言えるのも本当のモンスター(AM)がちょっと延期されたといううれしいような寂しいようなニュースのせいかもしれませんけどね。(モンスター言いたかっただけだろ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

らき☆すた~らっきー☆ぐらんぷり~ B賞かがみ :一番くじプレミアム

「けいおん!」と比較されながらもうオワコン?根強い人気の「らき☆すた」シリーズ、さらにいまさら?満を持してブルーレイコンプリートBOX(AA)の発売が発表されたりで、ここにきていよいよ最後の回収にきたのか近いうちにアニメ二期制作発表とかきたりしませんかね。(君はどっちサイド?)

そんな訳で前回に引き続き「一番くじプレミアム らき☆すた~らっきー☆ぐらんぷり~」からB賞のかがみです。ほんとはつかさと一緒にレビューしたいなと思っていましたが、こちらはかなり容易にキャストオフ可能だったため思いのほか撮影枚数が多くなっていまいました。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

らき☆すた~らっきー☆ぐらんぷり~ A賞こなた :一番くじプレミアム

昨年は総レビュー数40ということで月3本程度しかレビューできなかった計算ということもあって、今年は心を入れ替えてモンハンは少し慎みたいレビューしていこうと決意したまーしゃです…終焉を喰らう者まであとちょっとですから。(違うだろ)

さてそれでは、久しぶりのレビューということでリハビリがてらにかる~くレビューできるものからとプライズもので…と思い、撮影を始めましたが…えっと、これキャストオフできなくはない作りという一番手間が掛かるヤツを選んでしまったのではないでしょうか…。

新年初レビューは「らき☆すた~らっきー☆ぐらんぷり~ A賞こなた :一番くじプレミアム」です。(関連:一番くじプレミアム らき☆すた~らっきー☆ぐらんぷり~-一番くじ)です。

毎年、来年はないだろうと言われつつすっかり「地域密着型オタスポット」として定番の初詣場所となっている鷲宮神社は今年も盛況だったようで…まーしゃも一度くらい行ってみたいと思いつつ毎年「来年はきっと人も少ないだろうから行ってみよう」とか思ってますけどね。(ぉ

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

プレイバック2010フィギュア

昨年(2010年)12月23日にて当サイトCUT A NEWSは7周年、別段区切りのある訳でもない8年目へと入った訳ですが、フィギュアレビューをやり始めた2005年から丁度5周年と言える訳ですね。(なにそのエヴァ誕生10周年の後に劇場版公開10周年商法みたいな話)

5周年ということで過去ログを見ながら当時のフィギュアを眺めてみましたが、やはり最近のフィギュアはクオリティやシリーズ展開など行き着くトコまできてしまった感が強いですね。(まぁ、毎年言ってる事ですが)

今年はその中でもオーキッドシードさんが個人的にツボなラインナップを連発し、さらにそのクオリティ上昇が目を見張るものだったこともうれしかったです。

そんな総括気味なコメントの中で恒例(昨年末はやらなかったけど)の年を明けてからの2010年超個人的フィギュアランキングベスト3です。

第三位:Pia☆キャロットへようこそ!!2 愛沢ともみ 体操服タイプ WAVE版

完成品フィギュアとして発表された時はまさに「マジで?おおゴッド!!(神よ)」という歓喜と「ああ…うん、WAVEさんからね」というそれ以外の感情で非常に複雑な気持ちでしたが、ほんと素晴らしいものをありがとう。

なんと言ってもカラバリ展開もうれしかった。

第二位:ネイティブクリエイターズコレクション 少女S

はい、個人的にこれはもう反則ね。限定受注販売&エロティックブランドという辺りで既に真豪鬼的なスペック差を感じますが、それだけではないところがこのシリーズ展開が続いている理由と言えるでしょうね。

今年は現時点で既にリーサルウェポン的な石恵「智恵」への期待で胸がいっぱいです。

第一位:セイバーオルタ メイドVer. アルターxホビージャパン版

当サイトの芸風的にこうして万人に納得のいく作品が一位という点でかなり異例なことである訳ですが(そこまで言い切るのもどうだろう)、それでもこれを選ばずして今年のベストは語れないという程の傑作だと言っていいでしょう。

…という感じで、みなさんのベスト3はどうだったでしょうか。正直ここに上げたもの以外にも甲乙つけがたいモノも多くて3つに絞るのはホント苦労しました。(つか、前フリのオーキッドシード製が一個も入ってねぇよ)

Post to Twitter

20/63 ページ« 最初へ...10...1819202122...304050...最後へ »

Home

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

森田ゆかり from ロケットガール クロノ∞ゲート版
森田ゆかり from ロケットガール クロノ∞ゲート版

涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる バニーVer. フリーイング版
涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる バニーVer. フリーイング版

塵骸魔京 牧本美佐絵ファンタスティカVer. ソリッドシアター版
塵骸魔京 牧本美佐絵ファンタスティカVer. ソリッドシアター版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top