CUT A NEWS

久しぶりに、いいスタートをきったと思ったのに…

この時点で撮影完了(まーしゃの場合こっからが長いわけだが)、久々にイケルんじゃなかろうか?と思っていたのですが、既にハットトリック決めてますよ…ひょっとしてまだつづきがあるんじゃないですかね?

少なくともこれ今日中にアップできるようにがんばります。

Post to Twitter

しかし、このジョイスティックで20,000円か…

初日だけで済まずに平日以上に忙しい3連休というのはいかがなものか?と思いつつ、それは平日が暇なだけなんじゃね?

……いや違う、それはそれだ。(即答して欲しい)

そんな訳でえらい馬鹿でかい段ボールをようやく開封、そしてX箱のアップデートとアバター作成に思ったよりハマってのオトメディウス ゴージャス!(AA)です。

しかし、この専用スティックって4ボタンだけなんだ…漢らしいけど、格ゲー用にはリアルアーケードPROの方手放せないんだな。

撮影再開したスク水ですが、微妙に撮影結果が気に入らずにいろいろと編集した後に撮り直しとかやっているウチに、次の発売ラッシュはもうそこまで来てますね。(ほんとに今月末はひどい)

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

レビューもしないうちに拍手返信で更新、というのもどうだろうとか思ってると、つい機会を逸してしまいがちです。

————————————–

ナナエルの最後の画像、壁紙サイズでほしいですぅ
買い損ねたのでいつもレビューしてくれるまーしゃさんに感謝!
おかげでますます欲しくなりました。 。・゜・( つД`)・゜・。

Amazonさんには、また入荷したみたいですね、脱衣抜きでもオススメの逸品だと思います。壁紙ってのは大サイズのヤツ用意すればいいのかなぁ?
Kimagureman! Studioさんのところの壁紙みたいにかっこいいの作ってみたいなぁとは常々思ってたりしますけどね。

最新作のユニゾンヴィータも超かっけー。

白スク菜々子ならオレの隣で寝ているぜ?

おkじゃあ、これからキミの菜々子撮らせてもらおうか。(これだから、寝取られ属性あるヤツは…)

α350の写真の肌が特に好きです。レンズは何をお使いですか?よろしければ。(><;; by f

最近のメインはもっぱらKissX2の方だったりして(やっぱピント周辺を拡大表示できるのがねぇ)、α350の方はTAMRONSP AF90mmF/2.8 Diでアップ気味の構図メインにしようしてますが、イベントなど外に持ち歩く時はα350に50mm F2.8 Macroがおきにいりです。

白スク幼女の写真、撮り応えありそうですねー、よろしければ、バニー朝倉とのサイズ比較希望
あ、それと尼でセヤダ・タラが1万円以上割引されてますよ。PSPと同額とか、あと5000円でWii買えるじゃんとかは考えない方向でw

朝倉さんは一人で撮影スペース占有してしまうので…チャレンジはしてみます。
それず~っと悩んでるんですよねぇ…カートに何度入れた事か<マエバリ子

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

三連休の初日は急な出社でつぶれました。白スク菜々子がベッドで待ってるので手短に…。

————————————–

■ 虹原いんくレビュー

おお、そちらも二個購入ですか。ディーディーの件があったので、かーなーり、不安でしたが、結構良い出来で、これは満足。しかし、良い出来のものはつい予備を購入してしまいますね。黒ユーミルとか、アリスとか…ちょっと偏ってますが。 by asd

お互い冒険野郎ですね。(黙れ)まーしゃの場合はすぐ予備が役に立っちゃったので特に…。
いろいろと色眼鏡を外してみるとまた思った以上によく見えてじわじわと良さが伝わってきた気がします。(ややこしい奴だな)

購入記念に足跡ぺたり。…まだ開けてないけど。(´・ω・`)
やっぱりパンツもぬg(回線が切断されました

メガハウスさんだったら…と思わずにはいられない一要素ではありましたね>パンツ脱衣
でも、なんかクレイズさんの可能性を見せてくれた気がしますね。「おまえならやれるやもしれ(タイムアウトしました

■ ハルヒ→レビュー

偉い人は言いました。長門信者はキモヲタばっかであり、より一般受けしやすいハルヒの方が良く売れるのだと(ヲイ
つまり、一般人にも受けがいいハルヒのフィギュアの方が長門よりも早く店頭から姿を消すというわけです(本当か?)

長門好き=キモヲタって、うん、それまちがってるよ。だって、まーしゃも長門好きだし。(証明されつつあるようですね)

■ 透け透けジブリールゼロ通販申し込み

ジブゼロいけましたか。本気度がわかります。ほんと10分もたなかったですね。サーバーが復旧してから瞬殺。「お問い合わせ」メールに長文、こちらの名前入りで返信がありましたので、かなりひどい状況だったのでしょうね。 by asd

休暇をとれなかった分、昼休みに殺気だった男が職場に一人…「今の私は阿修羅すら超える存在だ」とブツブツ言いながら、WillcomやらEモバイルやら普段からその必要性を疑問視されるむやみに充実したモバイルガジェットをフル動員して臨んでみました。(本気すぎて怖いよ)

■ その他

まーしゃさん、いつも楽しいレビューありがとうございます。私もこのフィギュア衝動的に買っちゃったのですが、キャストオフさせるために頭部をどう外すのか解りません。下手に力入れると壊しそうで(涙目
まーしゃさん的にこういうギミックというのは、色々試行錯誤しているのでしょうか。それとも一目見ただけで「あ、これはここをこうすれば外れるな」ってのが解るものなんでしょうか?
よろしければ、ひとつ極意をご教授ください。

ハルヒかな?ナナエルの方かな?双方とも頭部は外れますから気をつけて左右にズラしながら引き抜いてみてください。
たしかにわかりにくいモノもたまに存在しますが、普通の生活ではまず役に立たないスキル経験値がたまってきたのか、最近は「なんとなくわかるんだ…」とちょっとニュータイプっぽい感性を手に入れつつある気もします。
でも、一番大事なのは「外れぬなら、壊れてしまえ、キャストオフ」という気持ちでチャレンジするこころなんじゃないかと思います。(絶対にマネをしないでください

ランバ・ラルのレビュー楽しみにしてますね

いいのかなぁ…やっちゃっても。

ナナエル買えなかった。むきいいいいい! というわけで、レビュー期待してます。(*ノノ)

例によって、発売日以降ちらほらと見かけたりもしましたが、最近のメガハウスさんの中では久々の早々完売コースっぽかったですね。(ワゴンの中のメローナやらレインボーミカを眺めながら)

センセイさまは、むしろ”青い巨星”と思いますw

つまりあなたはこう言いたい訳ですね?「ヒゲだるまめっ」と…わかります。(次にあった時殴られますね…わかります)

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

三連休の初日は急な出社でつぶれました。白スク菜々子がベッドで待ってるので手短に…。

————————————–

■ 虹原いんくレビュー

おお、そちらも二個購入ですか。ディーディーの件があったので、かーなーり、不安でしたが、結構良い出来で、これは満足。しかし、良い出来のものはつい予備を購入してしまいますね。黒ユーミルとか、アリスとか…ちょっと偏ってますが。 by asd

お互い冒険野郎ですね。(黙れ)まーしゃの場合はすぐ予備が役に立っちゃったので特に…。
いろいろと色眼鏡を外してみるとまた思った以上によく見えてじわじわと良さが伝わってきた気がします。(ややこしい奴だな)

購入記念に足跡ぺたり。…まだ開けてないけど。(´・ω・`)
やっぱりパンツもぬg(回線が切断されました

メガハウスさんだったら…と思わずにはいられない一要素ではありましたね>パンツ脱衣
でも、なんかクレイズさんの可能性を見せてくれた気がしますね。「おまえならやれるやもしれ(タイムアウトしました

■ ハルヒ→レビュー

偉い人は言いました。長門信者はキモヲタばっかであり、より一般受けしやすいハルヒの方が良く売れるのだと(ヲイ
つまり、一般人にも受けがいいハルヒのフィギュアの方が長門よりも早く店頭から姿を消すというわけです(本当か?)

長門好き=キモヲタって、うん、それまちがってるよ。だって、まーしゃも長門好きだし。(証明されつつあるようですね)

■ 透け透けジブリールゼロ通販申し込み

ジブゼロいけましたか。本気度がわかります。ほんと10分もたなかったですね。サーバーが復旧してから瞬殺。「お問い合わせ」メールに長文、こちらの名前入りで返信がありましたので、かなりひどい状況だったのでしょうね。 by asd

休暇をとれなかった分、昼休みに殺気だった男が職場に一人…「今の私は阿修羅すら超える存在だ」とブツブツ言いながら、WillcomやらEモバイルやら普段からその必要性を疑問視されるむやみに充実したモバイルガジェットをフル動員して臨んでみました。(本気すぎて怖いよ)

■ その他

まーしゃさん、いつも楽しいレビューありがとうございます。私もこのフィギュア衝動的に買っちゃったのですが、キャストオフさせるために頭部をどう外すのか解りません。下手に力入れると壊しそうで(涙目
まーしゃさん的にこういうギミックというのは、色々試行錯誤しているのでしょうか。それとも一目見ただけで「あ、これはここをこうすれば外れるな」ってのが解るものなんでしょうか?
よろしければ、ひとつ極意をご教授ください。

ハルヒかな?ナナエルの方かな?双方とも頭部は外れますから気をつけて左右にズラしながら引き抜いてみてください。
たしかにわかりにくいモノもたまに存在しますが、普通の生活ではまず役に立たないスキル経験値がたまってきたのか、最近は「なんとなくわかるんだ…」とちょっとニュータイプっぽい感性を手に入れつつある気もします。
でも、一番大事なのは「外れぬなら、壊れてしまえ、キャストオフ」という気持ちでチャレンジするこころなんじゃないかと思います。(絶対にマネをしないでください

ランバ・ラルのレビュー楽しみにしてますね

いいのかなぁ…やっちゃっても。

ナナエル買えなかった。むきいいいいい! というわけで、レビュー期待してます。(*ノノ)

例によって、発売日以降ちらほらと見かけたりもしましたが、最近のメガハウスさんの中では久々の早々完売コースっぽかったですね。(ワゴンの中のメローナやらレインボーミカを眺めながら)

センセイさまは、むしろ”青い巨星”と思いますw

つまりあなたはこう言いたい訳ですね?「ヒゲだるまめっ」と…わかります。(次にあった時殴られますね…わかります)

Post to Twitter

エクセレントモデルCORE クイーンズブレイド P-7 光明の天使 ナナエル

「クイーンズブレイド」シリーズは「アレイン&アルドラ」で第1シリーズ終了と言うことで、しょぼーんとしていたいたところでありましたが、8月末のキャラホビ2008では早々に第2シリーズの発表、来週にはその第1弾「叛乱の騎士姫アンネロッテ(AA)」が発売、ほびーちゃんねるで公開されているイラストストーリーでは第二話にして「アンネロッテがエリナに捕まってあんなことやこんなこと」とえらい展開です。

そのHJと言えば先日こんなニュースが…「クイーンズブレイド」シリーズの好調に気を良くしたのか、今度は対戦要素のないひとりで遊べる通常のゲームブックで発売ですよ。僕らよっぽど友達いないと思われてるのでしょうか?(超被害妄想)

まぁ、元々クイーンズブレイドもイラスト集みたいな見られ方でしたからね、そりゃゲームブックだってイラスト次第で売れるよとは思っていましたけど、クイーンズブレイドなみの大版で全ページイラストメインにしてくれればいっそ別の使い途もあるというのにねぇ。(なんのだよ)

しかし、「デストラップ・ダンジョン」、「ハウス・オブ・ヘル」…どっかで聞いたような?

著者「イアン・リビングストン」、「スティーブ・ジャクソン」って、これFF(ファイティングファンタジー)の「死のワナの地下迷宮」と「地獄の館」じゃねぇかよ。(ほんとにまんまだな)

どんだけおっさんホイホイ仕掛けてんだよ、ホビージャパンさんの本気はおっかねぇなぁ。

しかし、まさかちょっとえっちぃ挿絵空中幼彩センセイのイラストが付いたくらいで、ゲームブックの復刻に成功すると思ってるのかね?

僕らどんだけちょろい客層だと思われてるんだろうね。(さて、冬コミはコレ読みながら列ぶか…)

…で、これはどれだけエロい展開に改変されているのかね? きっと負けた方がエロいし負けても楽しい対戦ブックならぬ、死んだ方がエロい死んでも楽しいゲームブックになると思います。

ゲームブックなんて知らない」という世代の人への解説はまた今度ね!(いや、このフィギュアの説明をしてくれ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

フィギュア情報(11/21):涼宮ハルヒ 激奏Ver. …ほか

 

Post to Twitter

涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ ビーチサイドVer. コトブキヤ版

一番人気が長門であるのは明白でだと思われますが、出荷量の問題なのかどうにも売り場に溢れがちになる長門さんに比べて、前評判は大抵「まぁ、ハルヒだしなぁ…」とかいろいろ言われつつ、油断してると売り場から消え去るのが意外に早いハルヒさん…なに?みんな実はツンデレなの?

「今が旬」という放送中のものから、「なぜ今更今だからこそ」という懐かしいものまでが入り交じり混沌とした世界を生成するフィギュア業界において、永らくシリーズが続いて愛される作品というのはやはり元作品の人気があってこそというものですね…「Fate」然り、「なのは」然り、「一騎当千」の話は今日はいいな

ハルヒ関連のPVC完成品が製品化されはじめた序盤にしてマックスファクトリー版涼宮ハルヒという早すぎる決定版として語られるほどの逸品が出てしまいながらも、手を変え品を変え(主にバニー)傑作続きのハルヒさん、プライズ製品でも非常に完成度の高いモノ(AM)が発売されたのも記憶に新しいところです。

アニメ二期についてが噂されつつあることを見越してか、夏以降のフィギュアイベントでも数多くの期待作を目にしており、近日発売の涼宮ハルビンアルターさんのハルヒ(AM)ダイキさんのバニーハルヒ(AM)など、発売が楽しみなものが続々という感じですね。

あれ?今日はオチがないんじゃない?そうでした、タキさ~ん、出番ですよ~!!(ほっとけ~ッ!!)
(でも、ほんとに出たらちょっと楽しみじゃね?)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

リトライオンラインパート…いくつだ?

ジブリール アリエスリュウナの時も、激戦ではありましたが、今回はそれに増しての瞬殺具合だった気がします。

本日(20日)正午からほびーちゃんねるにて開始された、ほびちゃ限定「聖天使ジブリール・ゼロ 透け塗装Ver.」の申し込みは、正午付近からサーバがアクセス不能だったことから実質5分程度の狭き門であったようです。

今回もかなり本気で挑んだおかげでなんとか確保する事ができました。

届くのが楽しみではありますが、今回のは単なるリペイントな訳だし、数量的にもう少しなんとかならなかったんですかね?

もうスケスケVer.の方を通常版にしちゃっていいんじゃね?

Post to Twitter

ナナエルはもう遅い、たぶん妹もダメだろう、ならばっ!!

少しばかり穏やかだったフィギュア新作ペースでしたが、勢いに年末調整が入り始めたように、3日も遅れると既に浦島太郎状態ですね。

ようやく「ぶっかけ天使(AM)」の撮影が終わったぞ…と思ったら、既にリアルでぶっかけられてたりします…みんな早いよ!

来週まで続きそうな(いや、確実に続く)新作ラッシュはとどまる事を知らず、この調子で続けていくと今月分だけで確実に未開封の塔が二つくらい作れそうです。

そんな訳で本日購入分で巻き返しを図るぜ、確かセンセイさんは「永遠の妹」を選択するぜって言ってたよなぁ…と思ったら、両方でしたか。

さすが、フィギュアレビュー界のジョニーライデン少佐、早すぎるぜ。(いやな、二つ名はやめてください)

Post to Twitter

魔法少女虹原いんく クイーンズゲイトVer. (もえたん) ホビージャパン版

ここにきてまさかクレイズ製品を連続でレビューすることになるとは…いや、あくまでタイミング的な話で、他意はありません

さて今回の「魔法少女 虹原いんく クイーンズゲイトVer.」、既にいつ申し込んだもので本来はいつごろ発送予定であったのか思い出せないくらい待たされた感のあるHJ誌上通販…というのは、おっと、これはいつものことでしたね。

「クイーンズゲイト」シリーズがHJ誌上通販で発売、しかも「鎧幼女」(高校生だけどな)ということで、本来なら脊髄反射で予約…と行きたい題材でありながらも、最後の最後ギリギリまで申し込みに迷ったというのも、あっ、いつものことだから他意はありません。そう、本来ならの部分をメガハウスさんならと読み替えろとは言っていません。

当日は外出しており受け取ったのは夜なんですが、その間「もう届いたよ」という友人に対してまっさきに聞いたセリフが「パンツは脱げるか?」ではなく、「肌色は大丈夫だった?」とかもっとぶっちゃけると「受け取り拒否しなかった?」というあたり…いやそれが一番気になるところはわかるが、どちらとしても君はヒトとしてどうだろうか?

WEB拍手でいただいた中にも、購入者の喜びの報告もいくつかあったりしました。
特に「予想を上回る出来と、分の悪い賭けに勝った…!!」というたいへんストレートな表現でうれしさが伝わってくるメッセージはまったく同感ですね。

いや、ほんとに迷ったんですよ。(真顔で言うな)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のお届け物…しかし、今週は意外なものが続々と届くな

いつから待たされていたかもう忘れたけど、不安と期待とやっぱり不安でイッパイだったあのアレが、届きましたよ。

うん、すぐ撮影したくなるくらいには不安を払拭できそうな出来っぽくて安心、レイプ目っぽくなくなっていてちょっと残念?(じゃねぇだろ)

Post to Twitter

E☆2 オリジナルフィギュア第1弾 限定バージョン クレイズ版

毎年今頃に開催されているクレイズさんの萌え~ろ祭り、思い出すのは2005年開催時の絶望へのカウントダウンのことしか思い出せません。(忘れてください)

まぁ、毎年段々と転売屋さん的にそんなにおいしくなくなったのかマイルドになってきた限定販売状況などもあって、撮影コーナーも本当の意味で楽しみにしている人達の集まりになってきた気もします。前日センセイさんとたまたま会った時に翌日のイベントについて牽制しあって話を振ったりして「今回はTony絵のカラバリねらいで行きますよ」と、いつもフットワークの悪いまーしゃなりの決意をキラキラとした表情で語っていたモノです。

その夜は、さて明日は何時に行こうかと考えながらいじり回していたCUTANEWS MT版の動的再構築の失敗にギニャーとキレつつ、もういいアタイもWordPressにするっ!とWordPress版を作ってふて寝したのでした。

な~に、本当に行きたいって気持ちがあればちゃんと起きるだろうという、即回収されそうな伏線が暗示していたとおり、センセイさんが上空に放った「ファンネルっとく?」というウルトラサインを爆睡中に見落とし、気がついたのは13時を回っていたのでした。

結果として再び会場に寄ってくれたセンセイさんのご厚意により入手に成功、なんでもスパさんの分も購入済みで発送済みとの事…「ハンデとして、発送を3日くらい遅らせてくれれば良かったのに」という第一声は、連日早朝レビューに対してお体ご自愛くださいという一心からでた言葉であることを付け加えておきましょう。(じゃあ、ハンデってなんだよ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

こ、これは夢か?…死亡フラグみたいな言葉がついこぼれたうれしさ

いや、ほんと今回もきっと…なんだろうなぁとか、「ドンマイ!次は来年夏頃かな?」とか、わたし待つわぁ♪と覚悟完了して…すっかり忘れていましたが…がっ!

おお、神よ!

店頭では昨日発売だったのですねぇアキバBlogさんより)、いやこれはホントに「奇跡の画集」ですね。

うちの過去ログ見てみても、2004年のホイホイさんの単行本が発売された時点で、いつになるんだろう?とか言われてるくらいなので…ほんとに長かった。

そして待ったかいあったなぁという数々の作品が…涙でよく見えないぜ

そして、超絶聖剣も!

明日もう一冊買えるかなぁ?

…という訳で、まーしゃもがんばってこの後レビューアップしますね。(ハンタが再開されたら、オレも頑張る…というノリで)

Post to Twitter

モエコレPLUS 鏡音リン & レン ボークス版

プライズ版(AM)も好評のボーカロイドシリーズ、今回は他メーカー先駆けた形で発売されることとなりましたボークスさんのモエコレPLUSシリーズ第四弾となる「鏡音リン&レン」です。

発売済みの「ミク」とあわせて「ボーカロイド集合!」というフィギュアレビュー的には大変見栄えのするおいしい製品構成でありながらも、「ドラクエ」と「ミシシッピー殺人事件」の素敵なセット販売がなぜか脳裏を横切ったまーしゃです。

個別売りにした場合に想像されるであろう出荷数(マイルドな表現)に大きな差ができてしまうであろうことを考えると、レンに対するボークスさんのこころ優しい配慮とも言えるかもしれませんね。(言えないかもしれません)

やっぱり美少女フィギュアのレビューを期待されているであろう(されてるよね?)CUTANEWSのスタンスとしては、オトコフィギュアレビューは過去にない訳ですよ…ああ、もちろんカトレアの時のアレを除いてね。

しかしまさかその最初がレンになるとは…ひそかにお気に入りのランバ・ラル(AA)ですら、空気読んでレビュー見送ったというのにっ!

もういっそレンについてはツーショットメインで単体としては1、2枚で済ませてしまおうかと思ったくらいですが、「せっかくだから」という貧乏性ゆえエンター性を重視し撮影に挑むも、予想に反して多くの撮影枚数となってしまった気がします。

ほら、うちのレビューはウソの無い率直な感想を心がけておりますので…時々ちょっと頑張って欲しい気持ちが前面に出過ぎちゃう時もありますけどね?
今回は正直自分をどれだけ騙せるかと覚悟していたのですが(主にレンに対して)、二人列べるとかなり画になりますね、ホント良かったです。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のCUTA(買った)

ちょっとお待たせ感のあった前作のミクからすると1ヶ月経たずに登場、ボークス モエコレPLUSでのVOCALOIDシリーズ第二弾、「鏡音リン&レン」です。

午前中になんとか手に入れたは良いけれど、今日はこれから出掛けてしまうので、撮影は夜になります…速報性大事ですよねぇ
フィギュアクリップ補足ブログさん、フィギュア適当アンケート58 レビューで重視するのは?)

んじゃまた。

Post to Twitter

魔法少女アイ アイ みやびや版(限定版)

触手というと…あれですね。
陰獣な触手(AM)発売のニュースが当時うれしすぎて、もういっそお気に入りのフィギュアの台座代わりに使っても良いんじゃないかと、全色三個ずつ買っちゃったのは良いけれど結局半分も開封していないことが、テンションに任せた多々買いは控えようと思ったきっかけだったりするまーしゃです。

魔法少女にとっての表のパートナーがぬいぐるみみたいなマスコットだったり、フェレットとかいう陰獣だったりするならば、決して表にはでない裏のパートナー、それが触手!

TVアニメ作品では出たとしても(意外に出るよな)、放送という越えられない壁のせいでせいぜい拘束程度までしか許されない悲しき存在でありながら、このあとは二次創作でね!…というお約束のもと、時には平積みコーナーの半分以上を席巻するともしないとも言われる人気ジャンルにまでなったりします。(なんの話だよ)

エロゲーというジャンルにおいてすらやや腰の引けた作品傾向だった「魔法少女もの」に、「触手もの」という人気ジャンルを掛け合わせてねらったハンバーグカレー路線、割と本気な展開がある意味ひとを選ぶという傑作「魔法少女アイ」、PVC完成品としての発売が期待されていたところでからみやびやさんから (AA)発売されました。

なお今回は必要以上にナニかを期待させるホワイトパールカラーバージョン」という限定版でのレビューになります。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

まさか、今になって夢がかなうとは…

メガドライブ版オリジナル曲がついにCD化、テープに録音してすり切れるほど再生したり、MDに録音して無くすまで聴いたり(無くすなよ)したあの日々の想い出が今ここに…というソーサリアン メガドライブバージョン オリジナルサウンドトラックです。

名曲揃い故に同人アレンジはいくつか見かけたものの、全曲収録がDISK2枚組で手に入るとは、メガドライブ20周年記念企画様々です。

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

どうも、始めまして。
玩具サイト『Natsume-Exceed』を運営している、なつめと申します。
この度は、当ブログにリンクを貼らせていただいたので、その報告で連絡させていただきました。(サイト下部のメールフォームで送るとエラーが出てしまうので、こちらに書かせていただきました。もし送れてて、何通も同じメールが届いてしまってたら申し訳ないです。)

実は以前から、イベントレポート等でサイトを覗かせていただいたことが多々ありまして、色々と参考にさせてもらってました。
人ごみの中であれだけキレイに写真を撮れるなんて、自分には不思議でしょうがないです。尊敬しちゃいますね。

今後もレビューやらイベントレポートやらでお邪魔させていただきますね。
しがないサイトですが、よろしければ相互リンクなんてしてもらえると幸いです。 by なつめ

Natsume-Exceedさんからご挨拶をいただきました、こちらこそよろしくお願いいたします。

隠し要素のごとく見つけにくいメールフォームについてはご指摘ありがとうございます。サーバ移転後の設定変更などしないで放置状態でした。
イベントでの撮影についてはひとえに手ぶれ補正まんせーと言うところでありますが、室内撮影とは違った楽しさ(と難しさ)がありますね。

Post to Twitter

渡瀬望 ネイティブ版

さて今日は、先日ネイティブより通販限定として発売された『真章 幻夢館』渡瀬望です。

本製品は18禁ということからなのか受注生産品ということで7月10日~8月5日までの期間限定注文受付されていたもので今月中頃(10/17付近)に発送され、既に界隈では「ネイティブブランドぱねぇッス」というMAX FACTORYから危険要素排他新ブランド立ち上げという役目は存分に果たしたというのはよくわかりました。

そんなものをこの時期にレビューをするということは、まーしゃのことをよくご存知の方々からは、やってしまいましたか(^^;とかこれだから大人のやり方はとか、日頃の行いから当然のように類推されるヤフ(ry早合点されるかもしれませんが、待って欲しい!今回違うのです

手違いで発送が遅れていたようでお詫びと共に先週末に無事届きました。
たぶん、振り込みがちょっと遅かったからかな?…すいません10月に入って慌てて振り込みさせていただきました。(良く届けてくれたな、コレ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

38/64 ページ« 最初へ...102030...3637383940...5060...最後へ »

Home

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

ゼノサーガ エピソードIII T-elos(テロス) アルター版
ゼノサーガ エピソードIII T-elos(テロス) アルター版

魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st 高町なのは -STAND BY READY- アルター版
魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st 高町なのは -STAND BY READY- アルター版

SWシリーズ 灼眼のシャナ ねこみみVer.トイズワークス版
SWシリーズ 灼眼のシャナ ねこみみVer.トイズワークス版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top