CUT A NEWS

ホビージャパン イズルハ 黄金の器ver. (幻奏戦記ルリルラ)

玄人の業というのは得てして危なげに見えていながら実は計算され尽くしているというものですが、毎度毎度締め切り当日の朝にあわただしく必要事項を記入しながらギリギリ投函、よくよく失敗しないモノだと自分でも感心していましたが、よりによって一番失敗しちゃいけないモノでやってしまった。
…と痛烈に後悔し、しばらく立ち直れなかったまーしゃでした。(ヒトとしてイロイロ間違ってるね)

さて、今回のイズルハ黄金の器Ver.はホビージャパン本誌での誌上通販された「イズルハノーマルVer.」のカラーバリエーションで、そんなまーしゃの様な誌上通販忘れた人向けにPOST HOBBYのショッピングサイトであるポストチャンネル未だに発売されています。(ほっとけ)
参考レビュー:foo-bar-bazさんホビージャパン イズルハ ノーマルVer. レビュー

前回の黄金の歌姫Ver.では一体成形による全裸という奇跡を見せてくれましたが、今回はさらに一歩進んだロリで全裸という新境地…。
…って、メガ家さんにとってはいつものことでしたね。

一方そのころダイキさんはさらに一歩先(AM)に進んでおり、限界はまだもうちょっと先にあるようですね?(ナニかを期待する眼差しで)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

■ 盾ちゃん

アグレッスジ(”アグレッシブなスジ”の短縮形)ココ、次のテストに出ます
ダイジョーブ、それ得意科目ですから!

■ おしりマウスパッド

冷静になっちゃらめぇなのはわかってるんだが4000円ってすごいな>尻パッド
ふむ、確かクイーンズブレイドのおっぱいマウスパッドは4000円くらいだったな、うん、オレは冷静だ、これくださ~い。(冷静でもダメという例もあるようです)

■ その他

まーしゃさんのディスプレイケースに飾ってるフィギア見てみたいんですが??のちのち載せる予定ありますか?圧巻の感じがしますがw
いや、確かに壮絶になってきたのは確かではあるのですが…
スパさんとこのショーケースや、余所さまのフィギュア系サイトさんのコレクション風景などを見ていると、「いいなぁ」といつも羨望のまなざしを向けてはいるのですが、これがまーしゃの場合まさに「混沌」という二文字が相応しいスペースとなっており…いや物理的に
つくづくまーしゃはコレクターにはなれないなぁと思うのですよ。(買って開封するのは好きなんだけどね)

基本的に3軍段ボール、2軍適当に置く(積む)、1軍ですらメタルラックに列べるのみ…栄誉ある最前列通称「見上げればそこに君が…」の席は、下半身のガードが不自由な娘たちの優先席になっております。

セヤダ・タラ家に来ました!色々(値段)なやんだけどこれはすごい出来ですマエバリとかwとりあえず電池買ってきます。あ、そういえば箱のでかさが尋常じゃないです^^;さすが1/4
おめでとうございます、すごい羨ましいです。さすがに今月は…ねぇ?わたしま~つぅわぁ♪(ナニをだよ)

表現の自由の限界に挑戦!?・・・次は土偶戦士ですねわかります
これは…やっぱり期待されているのか、いや、まーしゃもスゴイ欲しいんですけどねぇ。
こういう時は、超レビュー:Insecure Zoneさんをみて気持ちを落ち着けるのよ…と思ったら、すごい事になってるので、まーしゃもすごい事になりそうです。(見つめなきゃ現実を)

ユージンの真紅がでるまですごいヤキモキさせられたのも今となっては懐かしいです。
まーしゃは今でもちび円盤皇女が出るのを待ってるのですが…って、なんでユージンさんの話でしょうね。(ぉ

foo-bar-baz、スパさん

撮像素子のゴミについてのご指摘&アドバイス、ありがとうございました。

ただ,撮像素子を直にクリーニングするため,キズを付けたりするととんでもないことになります(^^; 自信がなければ素直にメンテナンスに出すことをオススメします。

ええ、既に一度他の機種でとんでもないことしてしまったこともあったりして、割と近くにサービスセンターがあるようなので週末に行ってこようと思ってます。

いや,別に新型購入を止めはしませんが・・・(^^;

スパさんに「今ならD700!!今週の超オススメ」と言われたら、あぶなかった。(君じゃあるまいし)

Post to Twitter

To LOVEる -とらぶる- ララ・サタリン・デビルーク グッドスマイルカンパニー版

巡回先のサイトさんでも熱烈なファンの多そうな「To LOVEる-とらぶる-」だけに、これは思っていてもめったな事は書けないな…というまーしゃです。(不穏当な書き出しはやめて欲しい)

今回は、いきなり本命とも言える「グッスマ版ToLOVEる ララ(AA)」です。
まぁ、既にアニメ化以前の時点から機を見るのだけはに敏なメーカーから発売されてモノもあったりして、励ましながら(主に買った自分に対して)それでも製品化してくれたことを感謝しつつこの日を待つという微妙なファン心理、いやいやわかります。(うれしそうだなぁ、いろんな意味で)

某メーカーなら最初は「ルン」、続いて「御門先生」から製品化という、どれだけ少数派の味方なんだよという、誰に対してもあまり優しくない素敵な製品化順序を実現してくれそうで…それはそれでこれだけ恵まれてるシリーズならそれもありかとも思いますけどね。
♪ユージンの~評価はイマイチでもシーソーキュート、こんな時何故か突然唄いたくなるラブソング。

この後、アルターさんからもアルファオメガ版(AM)ヤミちゃん(AM)という強烈な対抗馬が発売されたり、イロモノに期待したいいろんなメーカーから発売されるのも楽しみなところですね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

希有馬屋 喋るフィギュア 盾ちゃん

これぞ、同人フィギュアの最前線!!

2005年夏、同人誌にフィギュアが付属…というよりフィギュアがメイン同人誌はおまけ、「ベンツ一台分を賭けた勝負」同人フィギュア計画という心意気からして道楽ここに極まるというか、ガレキの祭典WFではなくコミケにあわせた塗装済み完成品(組立は必要だけど)と販売規模という点で斬新でしたね。

あれから3年…というか、むしろ3年しか経っていのが驚きとも言える過去作品のラインナップこちらで確認することが可能ですが、改めてその精力的な活動と「やわらかおっぱい」などの新要素、やはり同人活動だからという点が多くの共感を集めているのでしょう。

今回は「喋る」という要素に加えて過去最大の大きさということで、メーカー製品にもない要素とサイズ的にもメーカー製と列べても遜色の無い作品となっており、同人活動だからこそやれるという要素と同人活動でもここまでできるという成果を双方確かめられるかもしれません。

そしてなにより同人だからやれるという「表現の自由」がどこまでなのか、確かめてみないか?
あっ、別に性的な意味で言ってる訳じゃないよ?

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

おつかれさまでした~COMIC MARKET74~

むか~しむかし、どっかの会議室で行われた小さな催しが開かれたそうな…(超略)、そんな年二回いろんな人間力が試され、毎回結果はどうなろうがやっぱり一年で一番楽しみなイベント、コミックマーケット。

悲悲こもごもな超イベントレポートはこちらをどうぞ(きっと3日目ももうすぐアップされるんじゃないかな?)

まーしゃは昨日(2日目)と本日(3日目)に参加し、

今回の本命、WFでサンプル見た時から楽しみでしょうがなかった、希有馬屋さんの「デカくて喋るフィギュア」は二つとも入手できました。(ほとんどお友達のおかげだけど…ほんとありがとう)

…二日目は控えめ控えめと言いつつ(言うのはタダだけどな)結構な量となってしまったCDにうれしい悲鳴を上げつつ…。

丁dai Blogさん開催のオフ会にも参加させていただき、ひじょ~に楽しい時間を過ごさせていただきました。

3日目の参加ブースは、5人揃ったアーチャーをはじめとした多数のフィギュアがお出迎え、それにより作り出された異空間は訪れる人を思いっきりひかせる引きつけていましたね。(実際に会った人には速攻この扱いか)

でも、サークル参加楽しそうですねぇ、まーしゃも久々に作る側で参加したくなりましたよ…いや練乳とかは抜きでね

萌特化書店員のギル・エールさんにもお会いする事ができ、なるほどさすがあの二人の弟子というだけあるなぁという、思いっきりイベントを楽しもうという姿勢が枯れきってるまーしゃにはなんともまぶしかったです。

3日目は会場で、萌えっとうぇぶとむそおやさんにもお会いし、WFの時にはワタワタしてろくに話もできませんでしたが、今回は楽しくお話をさせていただきました。素敵なスティックポスターの方は早々に完売だったようで、それも超納得といえる素敵なアイテムでした、次の機会には是非リベンジさせていただこうと心に誓ったところです。

3日目は入場が遅くなってしまったけど、やっぱり思った以上に買っちゃったな。(とりあえず、モンハンとFFXI関連からお気に入りどころ)

参考:VAGRANT 藤屋本店webさいと うどんや

そしてちょうど新しいマウスパッドが欲しくなる時期、「おっぱいマウスパッド」などもう古い!これからは「おしり」だろうというアレもちゃんとゲットできました。

マウスパッドはまた新しいステージに進んだようです。
これホントいいよ?、いろんな意味でね。(便利な言葉だな)

参考:アキバコレクション(公式)

さてじゃあ、まーしゃの本分を果たそうじゃないですか…と、組立ながらかなり感動的な仕上がり、引き続き撮影にもどります。

Post to Twitter

もう一度チャンスをあげましょう?

WEB拍手でも「イズルハのレビューはWF戦利品のあとですか?」という、購入してんだろ前提のはげましのお便り(ポジティブな捉え方だなぁ)をいただいたりしておりますが…。

うん、つまり申し込みをうっかり忘れちゃったてたんだよねぇ。

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

■ WFレポ

ワンフェスメーカーその4 とらのあなではなくあみあみでは?間違っていたらすみません
正解!!これはアタックチャンスの狙い目!!
いや、その通りです、ご指摘ありがとうございました、早速修正させてもらいました。

■ ぱすてるインク

かわいいと連呼する気持ちが良くわかりました。
画像だけで満足致しました。
もえたんのカワイさを思いっきり堪能させて頂きました。ご馳走様です。(やす)
英語例文や構成がおもしろいレビューでした。

ありがとうございます。やっぱ、ねんどろいどのレビューは大変だなぁというのが正直なところです、でもレビューしていてすごい楽しかったです。

■ ハニカムグリッド

見るからに萌えじゃなく燃えそうでコワイです>ハニカムなんたら
燃えたろ?…はしゃれになりませんが、気をつけて使うのが大事ですね。(作ってからの話だしな)

ハニカム・グリッドですけど、六角形に作らなくても「井」型でもOKです。強度を強くしようと思うと六角形の方が良いですけど。あと、奥行きを長くすれば、スポットライト的になります。光量は減りますけど…。
なるほど、この辺は試してみてもいいかもしれないですね、それくらいならまーしゃでもできるかも。

■ その他

CCさくら・・・テレビアニメは途中から見るのが辛くなって、見るのを止めてしまいましたよ。
どうして小学生の女の子が、親兄弟に隠してまで命を張って戦わなくてはいけないのかと・・・
まあ、兄貴のほうは薄々感づいてはいたようですが・・智世のノリも異常だったですし。

いやいや、親兄弟に隠れて命がけで戦うのはむしろお約束ですから…本来少年マンガ的テンプレートですけどね。
智世ちゃんはむしろ一緒にハアハアするのです…あの世界変態ばっかりですから(ぉ

CUT A NEWS でフィグマのレビューってあったでしょうか?気になりましたw
ありません!ええ、全部コンプしてますが、今後も…あれですよ、きっと。

amazonのサーチで両儀 式のフィギュア購入したけどこれで反映されてるのかな?パンツの見えないレビューも期待してます。
それって、パンツはいてないのをご期待されてるということですか?

BLOG化楽しみにしています、がんばってください(^_^
とりあえず、サーバ借りて、MTインストールして、スタイル選んで…

こんなかんじです。

記事はまだ2月までの奴を移行しただけで、デザインもデフォであるものから選んだだけなんですが…あれ?結構見映えいいし、今よりよくね?

けっ、気にいらねぇ。(ほんとへそ曲がりだな)

Post to Twitter

夏休みの宿題、残りは図工と…

いい加減に過去ログを整理したい→だがそれならばいっそBlogベースに移行しちゃいたい参考書買う…この繰り返しに陥るのがありがちです。(ありません)

そしてやってきました参考書購入フェーズ。

前回はWordPressがマイブームだたのですが、今回は新しいモノ好きっぽく(ダメよねぇ、こういうところ)、ブログ簡単パワーアップ Movable Type4 スーパーカスタマイズテクニック(AA)Movable Type 4.2 パーフェクトガイド(AA)です。

スーパーカスタマイズテクニック」の方は、MT3.1版の頃からお世話になった良書で、従来機能をMT4.2で実現する辺りを調べてみようかと、「パーフェクトガイド」の方は800ページ近い分厚さがなんだかスパロボの攻略本みたいでいいよね。

MTの参考書はこれで10冊になるのかなぁ…これが夏休みの宿題なら読書感想文にできそうです。(いやむしろ自由研究でBlog作れよ)

宿題っぽいといえば、休暇中に以前Kimagureman! Studioさんで作り方まで大変詳しく解説されていたハニカムグリッド付きのバウンスボックスを作ってみようとチャレンジしてみたのですよ。

WFの時にスパさんから、ハニカムグリッドは結構作るの大変ですよ…みたいなことは伺っていたのですが、やっぱ自分で作ったりすると愛着もわくってもんですよね、そうお金で買えない何かがゲットできる気がするのです。

…で、予想通り途中で挫折中です…なんとか一列は作ったのですが。(はやいよっ)
どっかで安いの売ってないかなぁ(ぉ

Post to Twitter

Hobby Dogさん、マックスファクトリー カードキャプターさくら 木之本桜(クロウカード編 オープニングVer.)レビュー

今となっては非常に希少な、時たま発売されるプライズものにわずかな望みをかけてみたりするくらいしか、完成品製品としては望み薄なさくらちゃんです。やはりPVC完成品にはないシャープな髪の毛などが素敵です。

思わず真顔で娘さんさくらちゃんをくださいと言ってしまいそうなくらいかわいらしいです。(どんなだ)

世が世ならたくさん製品化されそうなんですけどね、スカートの中は埋められそうですけど…

Post to Twitter

ねんどろいど もえたん ぱすてるインク グッドスマイルカンパニー版

POP先生のかわいらしいイラストで釣り上げセンセーショナルな例文で一世を風靡した、「受験参考書としてはいかがなものだろうか?」というマジレスすらいただくほどに、役に立つのか実に微妙なライン上に位置する辺りが実にまーしゃ的にもツボでした。後に雨後の竹の子ように発行されていく「萌え」系解説書の先駆け的な存在といえるものですね。

トレーディングフィギュアや同じくグッドスマイルカンパニーから発売済みのポップアップヴィネット(AM)など、インク先生自体はかなり立体化に恵まれており、既に何度もこれが決定版と思われるモノが出ていたりもしますが、今回のねんどろいど化は個人的には最強にマッチした企画であると思っています。

ねんどろいど体型にあって、むしろ原作に忠実とも言えるような独特のカラダの起伏はまさにロリまっしぐら愛らしい幼女体型を作り上げておりが、「ねんどろいどだから恥ずかしくないもん!」という自己正当が可能という逃げ道があるから安心して飾って欲しい。(どう安心なんだ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
イベントレポートを優先して、いつもに増した(いつも言ってるけど)超遅レスで申し訳ありませんでした。
————————————————-

エスカレーターの事件では大丈夫でしたか?まーしゃさんに倒れてもらっては正直困ります。楽しみが…
おこころづかいありがとうございました、ちょっと即物的だけどストレートな表現がうれしいです。

エスカレータのニュースはびっくりしましたが、例年のまーしゃさんの動きを見る限り大丈夫ですよね?
開幕ダッシュ組という話なので、まーしゃさんは大丈夫だと思いましたが、ちょっと心配していました(^_^;

…と思ったら、もっとストレートなお言葉いただきまして、あ~よくわかってもらえてるんだなぁと微妙なうれしさに涙が出そうになりました。

アルターといいコトブキヤといい、ヘルロードへの一本道を進むのは私も同じです。
既にその2の時点で地獄行き決定という感じでしたが、全て書き終えた時点での未来完了してる気がしました。

コラボの棗鈴のために今猫フィギュアを沢山あつめてますよ!とりあえず30体はほしいですね
30体すげー、あれはそんなマストアイテムだったのですか…フレームに収めるの大変そうだなぁというのが思い浮かんでしまうのもどうだろうかと思うけどね。

ナイスなレポート、ナイスな写真。地方でイベントに行けない私には大変ありがたいです。これからもお世話になります!
画像サイズが大きいので、とても見やすいです♪
いろんなサイトさんを拝見しましたが、こちらが一番鮮明でわかりやすかったです
あの会場の照明でよくこれだけ綺麗な写真が撮れるなぁと感動しました

いやいやいや、うれしいコメントありがとうございます、照れくさいのでまとめさせてもらいました。新しいあみ子人形買って来なきゃ!

ぱんつ半脱ぎメイドこのみの次は猫耳スク水ななこですか?ToHeart2とはいったいどんなゲームなんだーーーー???????
エロゲですからねぇ…ファンタジーRPGでどう見てもスク水ですみたいなのに比べれば、まだまだわかりやすいでしょう。

セイバーオルタ限定版を買われたんですね。私は迷いに迷って買えませんでした。レビュー楽しみにしてます!!
珍しく予約までして挑んでみました。終了時間間際にキャンセル待ちの行列ができてたようなので、結構な人気と言えますね。レビューはなるべく頑張りたいところです。

レンはフィギュアを買うような女子(主に自分)には有り難いのであまり弄らないでやって下さい。ヒヨリはちゃんと脱げるそうですよ!勿論購入予定です。
そうでした失念していました…人類のおよそ半数をしめる女性サイドから見ればそうですよね、むしろリンに対して「なによ、あのおんな」という感じな訳ですね、わかります。(いや、ほんとすいません

( ゚∀゚)o彡°B・K・S!B・K・S!…ところでまーしゃさんは今回の5割は買うんですよね?w
いやいや、そう決めつけるのはどうよ?…と思っていたのですが、割と好みどころを選択して掲載してる為か、むしろ5割で済むかどうか…心配です。

キョンとこいずみだけ超ほしいです・・・!<ねんどろぷち     丁dai
あれを見てそう言いきれるところがさすがホンモノって感じですね。(ぉ)丁daiブログさんで募集かけたら死ぬほど集まるかもしれませんよ?

アルフェイ → エグゼリカ → セイバーリリィ&ねんどリカ ホント年末は地獄だぜ!
なんか年末に限らずいつも地獄っぽいのですが…。

盾ちゃん楽しみですねどんどんクオリティあがってますが7500円とかって赤字じゃないんでしょうか?大丈夫なんだろうか^^;
毎回驚かされるクオリティでありますが、今回はその中でも大きさ、肌の色合い、装備品のディテールなどものすごい事になってると思います。

フィギュアの世界はここまで来たのか!?と驚きを隠せません
絵描きを志すものとして危機感を感じてしまう程美しい・・・
まーしゃさんのレビューを見ていてふとそんなことを想ったり
ここ数年レビューしてる視点からすると、段々と購買層のニーズに着実に応え続けてきた結果という感じですね。価格的にも世情を反映してズンドコ右肩上がりというとこをに危機感を感じてしまいますね。

Post to Twitter

WONDERFESTIVAL 2008夏 メーカー編その4

WFから既に一週間…冗長なレポートにつきあって、引き続きご紹介していただいているサイト様方、ありがとうございます。

こうしてイベントレポートを書き続けていると、「もうそろそろみんな飽きてきてるんじゃね?」という真理に対して目を背けるのもいかがなものかと思いがちでして…。

昨日発売された新作の超速レビューをみながら、まーしゃさんもちょっと寄り道(片道切符だけど)しちゃおうかな…と思いましたが、一足先にレポートをまとめ上げたスパさんの個人的今年度最優秀フィギュア有力候補のレビューをみて…大事なのはまずやり遂げる事よね!と敵前逃亡を決め込む事にしましたと正気にもどりました。

そんな訳で企業ブース編のラスト…その4更新しました。あとはまーしゃのWF感想を雑記として加えるのみとなります。

その4を追加しました

まとめページは↓こちらから

Post to Twitter

WONDERFESTIVAL 2008夏 メーカー編その3(連合編)

イベントレポートの編集というはブロックを積み上げる作業のようなものな訳ですが、一番重いブロックを積み上げた気がします。

枚数的にはともかく、作品数が多いとコメントが死ねるね、やたらと楽しく書けましたけどね。

ご紹介していただきましたサイト様やWEB拍手などでコメント多数いただきまして、本当にありがとうございます。返信が遅くなっちゃってもうアレだよねと思いつつ、もうちょっとお待ちください。

その3WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!(連合)編を追加しました

まとめページは↓こちらから

Post to Twitter

おまけのCUTA(買った)NEWS

当サイトの趣旨的に忘れちゃいけない戦利品報告を遅ればせながら…。

まずは、一番最初に行ったグリフォンエンタープライズさん。
まーしゃ的にはココ以外にあるまいと思っていたグリフォンさんでしたが、一緒に行ったスパさんまで初手グリフォンと聞いた時は、「スパさんのイメージ的にそれはどうでしょう?」といらぬ心配をしたものでした。(ほんとにいらねぇよ)

ちなみにPVC製品全5種になります…前々日に届いた通常版(AM)二つ(AM)が忌々しく目に映ったり…。

このパッケージからしてWF限定版が別に作られている辺りから、本気加減がわかりますね。

続いて、コトブキヤさんの「よつのは 猫宮のの ~ねこみみスク水オーバーニーソ 白ねこVer.~」隣は前日に買った通常版(AM)です。うん、これは両方必要なものだから、いいね。スク水は白・黒両方!これ豆知識な!

…で、オーキッドさんの「関羽」。パッケージのやっつけップリが先行販売の醍醐味っぽくてよろしいですね。
しかしこの日だけで、関羽が3つ、ほんとは願望百貨店さんの限定関羽も買おうかと思ってたんですが、あれは通常版カラーの方が欲しいなぁと思っていたので…って、どんだけ関羽好きなんだよ

…でWEB通販はあるけど、やっぱり当日手に入れておきたいと思ったWAVEの「ヨーコさん」とねんどろいど「メリッサ魔王Ver.」。

思いのほか早く売り切れていたようで、まーしゃにしては珍しく手際の良かったソリッドシアターの奇跡「セイバーオルタ限定版」です。

なんというか、リアルテトリスを一気にゲームオーバーに持って行きかねない勢いですね。(他人事っぽいよ)

Post to Twitter

WONDERFESTIVAL 2008夏 メーカー編その2(KOTOBUKIYA編)

たくさんのサイト様にWONDERFESTIVAL 2008夏アルター編をご紹介していただきまして、ありがとうございました。

過分な評価をいただいたりもしておりまして、「いや、そんな…」とあみ子人形にボッスンボッスンとうれしさをぶつけたりしています。(やめてあげて)

ようやくその2まとめページを作成しました。
引き続きメーカー編その3を作成中でありますが…5夜連続企画とかそういう演出だと思って待っていただけるとよろしいかもしれません。(うっ、かえってプレッシャーに…どんだけ打たれ弱いんだよ)

↑クリックでまとめページへどうぞ

その2KOTOBUKIYA編を追加しました

Post to Twitter

WonderFestival2008夏…イベントレポートはじまります

昨日は参加者の皆さんお疲れさまでした。
昨日(8/3)に開催されましたワンダーフェスティバル 2008[夏]に行って参りました。

今回はスパさんと一緒に並ぼうということで、まーしゃにしては珍しく早くから参加したこともあって昨日は帰ってきてから速攻で倒れるように寝てしまいました。

まぁ、「まだ慌てるような時間じゃないな」と、イベントレポートを書き始めたのですが…みなさんとっくにレポート書かれているようで、「ままままだ、あわあわわわてるようなじじかん…」と、取り乱しながらまとめはじめております。

参考:WFイベントレポートリンク集
RinRin王国さん、ワンダーフェスティバル(ワンフェス)Woonder Festival 2008夏 レポートLink集
とあるひのコタツガさん、WonderFestival2008summer イベントレポートリンク集
アスまんが劇場さん、WF2008夏 関連情報

例によって長くなりそうですが、おつきあいいただければ幸いであります。

ますは、WONDERFESTIVAL 2008夏 メーカー編その1(アルター編)からはじまります。

↑クリックでレポートページへどうぞ

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
————————————————-

マオ(→レビューへ

マオは彩度抑え目な色合い的にも、微妙に同シリーズの他作品と比べ撮影が難しそうですね。いつもながら不遇な子に対するコメントの微妙な優しさに癒されました。見習いたいです。
そうなんですよね、マオもそこそこ良いスタイルだとは思うのですが、このシリーズやたらゴージャスな娘とかムネが激しく目立つ娘とか多いから…あれだね、バカ高校でトップかエリート高校でビリっけつってヤツ。

マオ欲しくなっちまったじゃねーですか!どうしてくれる!マーシャ悪い子メッ!!あ、どうも初めまして。
いやいや初めまして、いやほんとちょっと地味だけど良い娘なんですよ>ジミー

アレ・・・マオの分岐線はどうなったんだろう?
なんだ、チャレンジしなかったのか。てっきり逝くもんかと思ってたのに。・・・・・・・イクヂナシ。
分割線は!? 分割線は!!??
ここ数日脱衣を期待してた人は何人いたのだろう…
まーしゃさんならやってくれるよね!
この後、完全版がうpされるのですね?わかります。

ほんとにみんな好きだなっ!>分割線
非常に多数のご期待寄せられております。

う~ん、みんな夢見るアリスちゃんだなぁ。(誰のせいだよ)

このまままーしゃが意気地無しということで終わるのがほんとは一番なんだけどさ
ほら、やっぱりイロイロ言いたいことはあるのですよ。

こどもにサンタクロースいるの?って言われたらなんて教える?…とかそういう話なのです。

Post to Twitter

シャイニング・ウィンド マオ コトブキヤ版

今回の「マオ」ですが、エルウィンと同じく「シャイニングティアーズ」から引き続いての登場キャラとしてその「ティアーズ版」は既に、プレジデントジャパン版マックスファクトリー版(AA)(片方は水着だけど)で製品化されております。プレジデントジャパンにしては赤い瞳のドールアイもナイスでしたね。(余計なこというな)

コトブキヤさん的には、アレ(AA)が黒歴史的な扱いになってることを考えると新シリーズになってからの参戦でありながらも、乳姫(AM)縞パン(AM)隠し乳(AM)そして先月発売されたエルウィンと好調で、既に再販分まで品切れのものあったりして、今回のマオはその中でも特に気になる一品だったのです。
どこが気になっていたのかは言わなくてもわかるでしょう。

来年の夏までには20体の発売が予定されてるとかShineなBlogさん、いつもご紹介ありがとうござます)そんな話もありますので、ここはやはりコトブキヤ版初のブランネージュ(AM)に期待したいですね。(ほっとけ)

コメント、画像追加しました

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
いつもに増して遅レスになってしまい申し訳ありません、ちょっとまとめて返させていただきます。

ホントはこの後、本編レビューをちゃっちゃと済ませてしまうつもりだったのですが…フラゲ報告ついでにたいへんな時間泥棒へうっかり誘導されてしまったものでして…。
————————————————-

アリス(→レビューへ

おすわりアリスの、ストッキングシームにセガの心意気をかんじます。・・・私もちょっと買ってきます。
ぱっと見、プライズっぽいチープさは確かにあるのですが手に取ってみると、独特の淡い色合いが製品版と列べても思った以上に違和感なく、十分よくできてると思います。

容赦のないスジですか。素肌に白タイツですね。了解しました。
ここの部分は、さすがに塗装もいまひとつという感じでしたが、製品版ですからね、アレは…。

セガもアリスを出してたんですね。システムサービスのカプセルフィギュアぐらいしか知りませんでした。
背景台座が絵本風のやつでしたっけ、あれは全然見かけなかったなぁ。

ミカ(→レビュー

レインボー・ミカの正式レビューは節度ある期待を持ってお待ち申上げます。
節度あるレビューをお願いされたのかと思いましたが(それは無理)、もうちょっとね!

ミカは本当に凄いと思う。思い入れが無くても尻だけで買ってしまう所だったぜ…
思ったより賛同者多くてビックリ(失礼だな)、実は今月もっとも楽しみにしていたモノの一つなのです。

マオ(→レビューへ

マックスファクトリーのマオはおぱいが小さいみたいですけど、コトブキヤのマオはおぱいがけっこう大きいんですね
マックスファクトリー版って、以前でた水着のやつでしたっけ?あれは「シャイニングティアーズ」の頃ですから、あれから成長したですね

パワプロ(→24日

サクセススキーなら、パワポケとかは手を出さないんですかー?
食わず嫌いだとは思うのですが、まだプレイしたこと無いです。こないだのPSP版「パワポタ3」は、キャラクター的にも原点回帰でちょっと興味わいたのですが、時期的にちょっと…。あとPSPのアナログスティックだとなんかあった時ぶち切れそうだなと思ったり。

パワプロも曲も知らないのですが、下の動画はマジ鳥肌立ちました。
動画も曲自体も素晴らしいのですが、職人さんのシンクロさせる作りとセンスは本当に驚嘆に値しますね。
パワプロ15のオープニングは無かった事にして、毎日これ見てからパワプロってます。

萌特化書店員さん
ここにも同志が!きっかけとなっただけあって今でも一番好きなOPです>パワプロ9
しかし、師匠センセイのダブル補給物資とは…たいへんですね実に頼もしいですねぇ。

その他

大悪司 土偶戦士 セヤダ・タラ
セヤダ・タラもちろん購入でしょうか?私はもちろん購入しますよ!(ヤケパチw

今月末から来月末に延期になったようですね…いやぁ、気になっているのです。サンプル公開される度に意外にどんどん完成度高まっているようなので、実物見た時に我慢できるかはもちろん自信ないです

朝倉バニー、瞬殺で終了してますね。いや、たしかに良い出来(^^;;
このシリーズ今までもほとんど予約できた事無いんですが、発売日に店頭で買えなかったことも無いのでちょっと不安だけど、何とかなると思ってるんですけどね。

ところでソルティックは・・・おやこんな時間に誰か(ry
おまえっ…消され(ry
永らくご期待し続けていただきレビュアー冥利につきるというものですが、ここは是非リボルテック・ニコラエフ&マッケレル発売の時にあわせてレビューしたいですね。(絶対に製品化のなさそうなとこ選んできやがったな)

Post to Twitter

シャイニング・ウィンド マオ コトブキヤ版~PREVIEW~

ゲームの評判はともかく、フィギュアでの製品化はハンパ無いシャイニングシリーズ、めざせ「一騎当千」シリーズって感じですね。(うわっ、微妙だ…失敬な)

非常に世界観を感じさせる和洋中足して割るのを忘れたような独特なコスチュームが特徴的とも言えるシャイニングシリーズではありますが、今回のマオは前作の忍者っぽいコスから一転、チャイナ服っぽくもありレオタードっぽいフレイバーを感じさせる、エロさだけで言えばを足してから引いたようなところはあるんですがが、チャイナ服とレオタードのイイトコ取りって感じで、サイドにスリットのあるレオタードって考えると実に変態的ですね(ぉ

イラストとは違うイメージながら、かわいらしい作りで元気いっぱいな感じで、ぴったりとカラダに密着したコスチュームは大変よろしいです。
特に張り付いたおなかの部分はおへそがクッキリと浮き出ていて、どう考えても腰回りのサイズ間違えてるだろうというレオタード(か?)が素敵すぎます。

羽織っているジャケットは外す事が可能で、デザイン的にもフィギュアの作り的にも非常によく考えられており、その下のコスチュームの分割線を絶妙隠すような作りとなっているのは見事ですね。

しかし、なにより気になるのはその下の服の分割線…。
これはアレかね?デフォでは無理だけど、実はもう一段階無理矢理アレできちゃうとかそういう事なのかな?そういう事なのかな?

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

41/64 ページ« 最初へ...102030...3940414243...5060...最後へ »

Home

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

ピュアニーモドール ぺとぺとさん ぺと子(藤村鳩子)
ピュアニーモドール ぺとぺとさん ぺと子(藤村鳩子)

けいおん! 平沢憂 まったり唯付属 アルター版
けいおん! 平沢憂 まったり唯付属 アルター版

涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる バニーVer. フリーイング版
涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる バニーVer. フリーイング版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top