CUT A NEWS

エクセレントモデル CAPCOMANIAX (2)レインボー・ミカ メガハウス版~PREVIEW~

これぞムッチリ!…ちょっとやりすぎたくらという真骨頂です。

今はこれが精一杯…本編をお待ちください。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

ハットトリックをねらえ!

そろそろ更新しなくてイイのか?という内なる声(自浄作用)に対して、「いいんだよ、少しくらい更新滞るくらいの方がパワプロがおもしろいって演出になって良いだろう?」という自己弁護にも無理が出てきた今日この頃…お久しぶりです、まーしゃです。(普通に無理あるだろ)

休日出勤とパワプロで微妙にやる気と体力をごっそり削られたり、理不尽な結果に「もうやめだっっ!!、もう二度とやられねーからなっ!!!!」とふて寝→数分後に起きあがって再プレイという展開に、これぞパワプロと満喫しております。

さて、いよいよ1週間をきったワンダーフェスティバル 2008[夏]に対して、既にいいんちょは、気持ちの準備を促してたりもいたしますが…。

大丈夫大丈夫まだ一週間もある…と言いつつ、とひとまずガイドブックだけは入手してきました。

いつもなら蒙昧な説明文をもってしてCUTAのレビューと言ってるところですが、せっかく休みだったし1日複数レビューあわよくばハットトリックにチャレンジしてみようかと思いましたが…無理

無理です…なんで即日三大レビューとかできんの?実は未来人なんじゃね?

そんな訳で、プレビューになるとは思いますがせめて2つ…いや、1つになっちゃうかもしれないけど、この後、がんばれっ!

Post to Twitter

僕たちの夏がはじまった…そして終わった

今日はパワプロ15の発売日、昨年は仲間内でWii版移行推進派PS2版残留派の意見がまとまりきらなかったことから、結局見送りとなっていたので二年ぶりのパワプロになります。

まーしゃは別に野球ファンでもなくまた野球ゲーム好きという訳でもありませんが、通称実況ときめきプロ野球とも言われるサクセスモード(選手育成ゲーム)が大好きなのです。

まずはこれを見て欲しい…。

つまりそういうことなのです。(まーしゃは当時9のOP見てハマリました)

さて、今回は全員Wiiでとコンセンサスもとれ(この為に一人Wii買わせたしな)、今日からしばらくパワプロ漬けな…と楽しみにしていたのですが…。

Wii版は「本体保存メモリ内のセーブデータを、SDメモリカードなどにコピーすることはできません」…。

サクセスで作った選手を集めたチームデータ持ち寄って、オートでペナント対戦するのが楽しみなのにそれはダメだろっ!!(えらい少数派だと思います)

こうしておれ達の夏は終わった…



あのアルターエグゼリカがキャンセルし忘れてうっかり3つ届いちゃった時にも泣かなかったまーしゃがっ!
あの見える地雷と言われるオペレーショントロイで10ゲーム連続で陸ガンにフルボッコにされても泣かなかったまーしゃがっ!!

泣いている…

うん、ゲンキでた。じゃあパワプロやるか!(パワプロ知らなくても、この動画だけはガチ

結局PS2版買ってきました。(終わりは始まりということで…)

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
————————————————-

おしりの どアップに、突き抜けたすがすがしさを感じます。
思いっきりのよさだけが取り得なので…次回は、白タイツでつきぬけろ!(Live like rocket!!)

「終わり無い戦い」ってピッタリの表現ですね(笑)シリーズが続くのは嬉しい事ですが、ふと我に返った時が困りますね。部屋は狭くなるが引っ越しはできない…
そうですねぇ…一番困るのは自分の一番のお気に入りキャラだけ製品化されずに終わっちゃったりすることかな。(♪You’re My Only Feeling Heart)

こんなところに名前が…。これはもしや新手のモザイク!?(ぇ
うっかり職場で開いてしまった時のことを考えてみました。(いまさら?あれで?)

ロングランと言えば、Freeingの1/4バニーシリーズも忘れてはいけません。財布と収納スペースを困らせる憎い奴!そして、朝倉さんの予約始まりましたよhHobbyStockとあみあみで
大物好きとしては超期待のシリーズです。みくるが一部塗装劣化しちゃってるところがあるので、もう一個買っちゃおうかなぁ。(その前にハルヒのレビューだろ?)

Post to Twitter

プライズ POP WONDERLAND ヴィネッティアム

2ヶ月半ぶりの更新というフィギュアクリップ補足ブログさん、その間遡っての巡回をまとめた巡回まとめは、非常に読み応えたっぷりで時間を忘れて読みふけってしまいました。(時間泥棒)

基本的に言いたい事はメインコンテンツの中でという、拳でしか語り合えない人達みたいなポリシーがありまして(なに?そのややこしい矜恃)、遅ればせながらたくさんのレビューを紹介していただきまして、いつもいつもありがとうございます。(ホントに遅ればせながらで申し訳ありません)

こうした形でまとめられたものを見ていると、「なるほど、これ買わなかったけどいいなぁ」とか、今からでも遅くはない「えいっ、ぽちっとなとか、それはそれはキャッキャウフフと楽しいものであります(後者は危険です)。

ところが、これがさぼりがちレビュアー視点で眺めていると、途中からは「購入はしたけれど未レビューであるもの」のあまりの多さにいろんな意味でクラクラしてきちゃったりするのですよ。

特にプライズ製品などは、クローゼットの中に調子にのって吊しておいたものがここは昭和の駄菓子屋か?というようなノスタルジー溢れる光景として部屋の一角に具現化してしまい、夏だなぁと現実逃避したくなる自分を奮い立たせながら少しは片づけようと、前向きな気持ちをわき上がらせてくれるのです。(正解は購入を控えるです)

そんな訳で、さらりと帰ってきたちょこっとレビュー(ちょこレビジャック)を行おうと思っていたのですが、ついつい撮影枚数が多くなっちゃって結局手間は変わら無かったりするんですよね、ほらプライズ製品って大抵2種類以上のセットで製品化されるから…。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

戦国ランス 鈴女(すずめ) コトブキヤ版

コトブキヤさんから「戦国ランス」シリーズが発売される…その第一弾のセイバーさん上杉謙信が発表され、前回WFのコトブキヤさんブースにおいてはそのシリーズ展開が期待できそうな力の入ったプロモーションががなされており、いやが上にも今後に期待が高まるというものです。

なにしろToHeart2シリーズなどで超ロングスパンでの製品展開でコレクター達に終わり無い戦いを強いらせているコトブキヤさんです。

それこそコトブキヤさんが本気で「なのは」シリーズを製品化してくれていれば、きっといまごろはボルケンリッターもシャマルを残すのみというところまで製品化されていることでしょう。(シャマルが最後なのは決定事項なのかよ)

さてその戦国ランスシリーズ第二弾は「鈴女 (すずめ) (AA)」、序盤からいつの間にか仲間となり即Hシーン、またゲーム的には強力な能力を持ったユニットでもありランス的にもプレイヤー的にも非常に都合の良い娘であり、露出の多いエロさ満点という点ではシリーズ第二弾としてのツカミ的にもよろしく、メーカー的にも実に都合の良いキャラクターな訳ですね。(ほっとけ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

あてにならない次回予告だけど…

Post to Twitter

機神飛翔デモンベイン アナザーブラッド マックスファクトリー版

今週は週頭と週末に発売ラッシュを迎え、さらに傑作も盛りだくさんということでレビュアー達のうれしい悲鳴があちこちで聞こえてきそうなナイスウイークな訳ですが、今日のは週頭の方ということで読んでいただきたい。(どうでもいい前提)

フィギュアの購入理由はみなさん様々な思いがあるでしょうが、「ソレのレビューを書いてみたいから」という理由はフィギュアレビューサイトの管理人くらい、というかその中でも相当少数派(派閥になるほどいるのか?) だと思います。

もちろん、好みのキャラで出来がよろしくて思わず欲しくなるとか、いろんな方向から眺めてみたい(パンツDAパンツ)とか、新技術やギミックを確かめたい(主に脱衣)というみなさんと同じ理由で購入を決意する方がほとんどですが…。(勝手な事言うな)

今週のラッシュのように全部買ったら本気で死ぬ(いろんな意味で)というようなケースでは、いかに書き出しがスムーズに思い浮かぶかが重要なのです。
(ホントにややこしい性格してるな)

さて、マックスさんの「みくる」(AM)は恐らくセンセイさんのところでレビューされるに違いないので(予想どおりの速攻レビューでしたね)、その辺をオチに使うのは良いとして(良くねぇよ)、問題はハルヒものはまーしゃ的に話題の引き出しが少ない割にレビューした回数も多いからつらいんだよね。
まぁ…どうせ後で買うんだけどな

次は、グリフォンさんのハルヒ(AM)…ってあれ?なんか妙に良くない?
でも、グリフォンの奇跡ネタはもうやっちゃったしな、今となってはどっちにころんでものタキさんに比べてちょっとパンチに欠けるんだよなぁ
まぁ…どうせ後で買うんだけどな

他には、和風堂さんの「いいんちょ」(AM)このシリーズ、打算に基づいて購入時期をほんのちょっぴりズラして買っている為、ボス(AM)手下1号(AM)ともに未レビューであるところから構成上望ましくないよなぁ。(なんてひどい理由付けだ)
まぁ…これは近未来的に検討しようか。(アレ?アレ?)

…といろいろ考えていたところで、それまで考えていた書き出しを全て無に帰すインパクトがそこに!
最後にものを言うのは結局ロリとパンツ一目見てハートを掴む魅力というところでしょうか。(流れ的に台無しね)

おまけの没書きだし案:へぇ、これ(朱子)(AM)で「ベニス」って読むのかぁ、一瞬読み間違えてびっくりしたんだよなぁ。(おっと、そこまでだ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

U101いいすよねぇ、うちでも現役ですがメモリーとかSSDとか増設しようか迷ってたり(つんだら後10年は使うカナ)
まーしゃもメモリは初期に増設しておいても良かったなぁ…と思いつつ、ソニー製品ってバッテリーが容赦なく死ぬ印象なんで、そっちもかなぁ。
…と、ACアダプター給電onlyのVAIO SRを愛用しつつ思うのでした。(ホントVAIO好きだな)

VAIO PCG-U1は今でも現役です(^^)、やっぱりこのサイズの相当機種は出ないんですね~
こちらは初代さんですね、当時あれを見た時のインパクトはすごかったですね。まーしゃもほっしーーーー!!と思ってるうちにU3が出ちゃったので、U1には縁がありませんでしたが、既に初代の時点である意味完成されていましたね

まーしゃさんは、EeePCですか。自分はWILLCOM D4が届きました。後iPhone買う予定なんですが…。って思ったらTouchが壊れたorz
やはりビッグウェーブきてるね!(すごい気に入ったんだね)
PHS好きとしてはアレもまた非常に気になる存在だったのですが、じーちゃんの遺言がVisたんはやめておけ…とね。
でも、ハードウェア的にはものすごい魅力的ですね。
Touchが「オレにかまわずiPhoneに行け!」とおっしゃっておられます。(「iTouchが僕らにさよならを言った気がした…」でも可)

Post to Twitter

乗るしかない このビッグウェーブに!

EeePC901には正直あまり期待していなかったのですが、このところUMPCブームに久々にウズウズしていたこともあり、発売間もないところで「山積みいつでも買えるよ~」というスパさんなんか買ったみたいだしなぁ…と自分への理由付け完了。(えっ、どこが?)

乗るしかない このビッグウェーブに!(これ言ってみたかった)

一昔前やたらとPDAの類が流行った頃、まーしゃ的にも良い物欲のぶつけ先ができたとばかりに、むやみにモバイル機器に凝ったとがありました。

「CUT A NEWS」をはじめる前にはスタパ斉藤センセイに憧れて「くわっ!喝っ!ジョリーグッド」といった影響受けまくりのレビューもどきを書いていたりしたものです。

WindowsCEやらザウルスやらのPDAから始まり、モバイルギアシャープのTeliosなどのハンドヘルドPC、そしてVAIOのミニノートであるVAIO C1XEからVAIO U3を経て、VAIO U101へと…、いや改めて書いてみるとほんとアホですね。

そんな訳でU101購入以降は、この手のちっこいPCについてはそれを上回る魅力を感じさせるものが無かったこともあって(type Uの時は結構あぶなかったけどw)、

U101との大きさ比較はこんな感じ↓。大きさ的にも機能的にも今でも非常に優れているU101です。この方向性で後継機が出てくれればとは今でも思わないでもないですが、文字入力という点では、キーボードにやや難ありで不自由は無いけど、気持ちよく文章打つにはちょっと遠いかなぁ。

ちなみに文章入力の観点から考えると、NECのモバイルギアが是非もう一度欲しいのです。(あれは本当に気持ちよく打てるマシンだったなぁ)

そしてDellのInspiron1520との大きさ比較。PCとしての機能はノートでありながらも不自由なく、FF XIだって普通に遊べる点が頼もしいが、さすがにこれを日頃から持ち運ぶのは無いとして…。

ほぼデスクトップと同じ役割どころだけど、旅行先でみんなで対戦ゲームする時なんかは、デスクトップとディスプレイを運ぶのに比べれば遙かに楽チンで素敵なのです。(その前提はおかしい)

とりあえず、メモリを2Gに換装したり、16GBのSDHC買ったり、「こうなると通信カードもUSBのヤツが欲しい」…と、まーしゃの明日はどっちだ?

しかしあれだな…PFR-V1、リアルアーケードPro EX、そしてEeePC901-X、ついでに言うとハイパースティック PROもだが…なんだこの買い物ストーカー

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
————————————————-

センセイさんとは良いライバル関係を築いているのですね>なのは
う~ん、ライバルといえるのか、ハチロクの拓海とハチゴーの樹…というか、最近は周回差つけられてる気がするんですよね。
今日もまーしゃ的には、ここまでが精一杯でした。

続きはセンセイさんところでお楽しみください。

ユーミルを3体一緒に拝めて、最高です!!私は特にロリ好きという訳ではないのですが、まーしゃさんのHPを見て、ユーミル購入を決めました。これからもがんばって下さいね。
まーしゃも特にロリ好きという訳ではないのですが、3体揃えて悔い無しです。

ブロックアウトというよりも無数のボーグキューブの侵攻で我が部屋の命運は風前の灯です。
抵抗は無意味だ(Resistance is futile)

いつも楽しみに見てますw特にパンツに対する情熱には共感せざるをえませんww
今後は中身にも均しく情熱を注ぎたいと思います。

フィットさせる技術はあるのになんでユーミルのぱんつはあんなにぶかぶかなのだろうかと
できるけどあえてしない…ここ重要ですから。

13日更新の最後の2枚がツボにはまりました。同じの並べるっていうのも良い物なのですね。
撮影の為、台座使わずに3体列べるのに苦労しました。ショーケースとかに綺麗に飾るとなおよろしいんでしょうけどねぇ…。

ネイティブの「渡瀬 望」はどう見ますでしょうか?
わたしの見立てでは、正義ですね。

Post to Twitter

クイーンズブレイド R-2 鋼鉄姫ユーミル 2PカラーVer.(完全版)

遅くてよっ!

前回の全年齢版にいろいろと追加した完全版です。(ちょっと蛇足感あるけど)
あれ、前回のは全年齢って言えんの?

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
————————————————-

影強めのユーミルの写真はいつもに増して美しいですね。一瞬TASTEさんとサイト間違えたかと思っちゃったよ!(こんな遠回りな愛情表現でも、まーしゃさんなら分かってくれるよね…?)
ありがとうございます、レビューサイト的に最上級のほめ言葉の一つじゃないですか?

リアルテトリスのつもりがブロックアウトってのは、良くある事じゃないのでしょうか?特にフィギュア・コレクターには…
そうかもしれませんね。でもせめて一度は開封してから積みたいところですね。

私は今、バベルの塔期です。ダンボールが身長超えました(汗)置き場所にホント困りますね。まーしゃさんは、箱を最終的にどう処理してますか?
基本的にレビューの為に箱の撮影した直後(つまり開封後すぐ)に、ブリスターはつぶして、箱はばらして捨てちゃってます。唯一の例外は「エグゼリカ」の箱で…あれはかっこよすぎて捨てられないんですよ。
一番邪魔ですけどね。

2Pユーミルに違う色のパンツを履かせたくて今頃1Pやよそ行きが欲しくなった私をしかって下さい
しょうがない人ですねぇ。でも立場が逆だったらまーしゃもきっと同じ事言っていると思います。

Post to Twitter

エクセレントモデルCORE クイーンズブレイド R-2 鋼鉄姫ユーミル 2PカラーVer.

積み上げたフィギュアの箱(未開封)は塔を作り(通称バベルの塔期)、その塔が増え壁となる(通称ベルリンの壁期)、そして壁が重なり強固なものになっていきます。こういったリアルテトリスを楽しんでいたらいつのまにかブロックアウト(立体テトリス)になっていたことはありませんでしょうか?(ありません)

次の新作ラッシュまで少し時間のある今がチャンスとばかりに連続レビューでもと息巻いてみましたが…最初の一手でつまずきました
3色目のレビューだしラクチンじゃね?という、自分に優しい思惑は、良い意味裏切られた3色目にしてなお撮り応えたっぷりの逸品でありました。

発売されるたびに好評の「クイーンズブレイド」シリーズリペントももはや定番でない方が珍しいくらいです。でも、2回もリペイントバージョンが発売されるとなるものは、さすがにキャラの骨の髄までしゃぶり尽くす勝算有り人気どころと言ったところでしょうか。

「もうちょっと」は、僕と君との永遠(とこしえ)の約束になりがちなCUTAでの大切なキーワード
ホントにお待たせしてしまいました…先日レビューした「アイリ」に続いて本日は、「鋼鉄姫ユーミル 2PカラーVer.」です。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

待たせたの…いや、もうちょっと待って

待っておれ王女…貴様のもとに狂気が征くぞ

Post to Twitter

拍手れす~ありがとうございました~

いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
————————————————-

figmaでサイキックフォースとは盲点でした。楽しいそうですが、パティの髪がどうなるか不安で眠れません。
ボリュームたっぷりでは済まない、しめなわの様なパティのチャームポイントですね(ひでぇ
まーしゃ的にはガデスでエミリオの顔を壁に擦りつけてみたり、ウォンでウェンディ串刺しとか夢が広がるのですが…いや、本気でどうにかなりませんかね?(もし製品化されてもガデスは無いから)

いや~、ヘルダイバーよりも暗黒騎士団の機動兵器でしょう。武装だけでなく、あのフォーメーションXも差し替えなしの完全再現で(笑)。
団長!フォーメーションXは対艦戦闘用の…ごっこをやりたいですねぇ
いやぁ、ホントはそっち書こうと思ったんですが、ちょっとマニアックすぎるかと思ったので(^_^;(いや、ヘルダイバーもどうよ)
…いや、本気でどうにかなりませんかね?(もし製品化されても暗黒騎士団は無いから)

再現度は高いんだけどやっぱりあのきっかいな動きがあってこそのケメコなのだなと思ったり(意味不明)
あれはよくうごくきれいとか、そういうレベルの動きじゃないですからね(^_^

ケメコ自分も買いました。ケメコはじーっと見ているうちに(一応)美少女フィギュアなんですが、伝統芸能の趣が…
夜中に目が覚めた時、目があったりすると泣いちゃうかもよ?
エムエムの顔出しモードは、思った以上にかわいらしくてイイですけどね。

おぱーいの大きさは違えども、こみぱの`みずきち’に見えてしまう私。
まーしゃもこのバランスの悪いヘアースタイルには覚えがあると思ってました。左右逆なのかな?

なのはさんは、”ちいさい なのはさん”が正義ですか わかります。
ちいさいは正義ってやつですね。

Post to Twitter

魔法少女リリカルなのはStrikers 高町なのは 教導隊制服Ver. グッドスマイル版

魔法少女」という言葉の意味に従来までのそれとは全く違った方向性を与えた「魔法少女リリカルなのは」。

魔法少女とモビルスーツどっちが強いだろう?」という問いに対して『お前ナニ言ってんの?』という至極当然な答えが返ってきたでしょうが、今なら即答で『なのは』と返ってくることでしょう。

そんな『最強』の名すら手に入れそうなキャラに立ちはだかったのは、「残酷な時の流れ」、シリーズ3作目は2作目から10年後が舞台です。

そのままの君でいて欲しいという言葉の意味を、本当の意味で理解したダメな人は多いのではないでしょうか?

魔法少女、はじめました」からはじまったキャッチコピーは、2作目では「魔法少女、続けてます」、そして3作目では「魔法少女、育てます。

ちなみに、まーしゃが3作目の話を聞いた時にまっさきに思い浮かんだキャッチコピーは「魔法少女、おわたーっ!」でした。(ほっとけ)

だがちょっと待って欲しい
9歳」と「19歳」そして「魔法少女」、これらの要素を組み合わせて考えれば、「9歳なのは」が変身して「19歳なのは」になるという、むしろ本来の「魔法少女もの」の姿と言えるのではないでしょうか?(ナニを言いだすかと思えば)

まぁ、心の中で設定改ざんしてみたりして、みなさん「なのはさん19歳」を受け入れるまでにイロイロとあったことでしょう。(ねぇよ)
いや、まーしゃの友達の友達の話ですけどね。(→友達の←友達…自分じゃねぇか)

受け入れられずにオレの嫁は永遠の幼女(AM)という正解が残されていたのが良心という見方もありますね。(ほっとけぇ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のはやいよスレッガーさん

はやいよ、いやマジでさ?

センセイさんの『高町なのは 教導隊制服Ver.』レビューはこちらからどうぞ。
非常に正当派な解説文付きですので、そういう考察は全部こちらにお任せしたい気持ちで一杯です。

こちらはようやく撮影終わったところというか、微妙に足りないカットに気がついて複雑な心境というところです。

そんな訳でスピードキングさまより、キラーパスを頂いておりますが、もう少しお待ちください。

Post to Twitter

ねんどろいど ぷらす ケメコデラックス! ケメコ

さて後編…前回のエムエムと組み合わせることで真の魅力を発揮するという「ねんどろいど ぷらす ケメコ」です。

ねんどろいどシリーズでありながら、1/8スケールの「エムエム」と組み合わせるというおもしろいコンセプト、コミックスの表紙(AA)そのままと言える再現度が実に素敵ですね~最初から組み合わせてちょっとリーズナブルにしてくれよ

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

.30CAL CLUBさん、戦闘妖精雪風 FFR-31MR/D スーパーシルフ”雪風”レビュー

戦闘妖精雪風』…まーしゃ的には店頭でDVDの宣伝映像を見た後、速攻で予約してまで買った想い出のある作品です。

それもこれも戦闘シーンで掛かっていたBGMが非常にかっこよくてねぇ…「グリッドシーカー」みたいな曲にしびれたモノです。(零のテーマ)
その為DVD1巻買った後、サントラ買っちゃった以降は観てない訳ですが…。

アルターさんから発売されると聞いた時から、ず~と気にはなっていたのですが、シャープでエッジの効いたつくりは、メカモノでもさすがというかんじですね。

さとっちさんの解説は非常に読み応えあり、思わず読みふけってしまいました。

このボリュームでかつ2回に分けてのレビューということで、後編も楽しみですね
どうやって縛りを絡めてくるのかが一番楽しみなところですね。(他人事だと思いやがって…)

PS.
松屋の『うまトマハンバーグ定食』が復活したニュースは、まーしゃ的にここ一番のうれしい話題でした。(しあわせヤツだな)

Post to Twitter

42/64 ページ« 最初へ...102030...4041424344...5060...最後へ »

Home

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

おねがいツインズ 小野寺樺恋 水着Ver. グッドスマイル版
おねがいツインズ 小野寺樺恋 水着Ver. グッドスマイル版

WonderFestival 2013冬(アルター編)
WonderFestival 2013冬(アルター編)

朝比奈 ミクル ミクルビームッVer. マックスファクトリー版
朝比奈 ミクル ミクルビームッVer. マックスファクトリー版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top