CUT A NEWS

Fate/hollow ataraxia セイバー メイドVer. アルター版

一時期はまさに「月刊Fate」状態(刊じゃないけど)だったかのような、毎月なにかしらの「Fate」ものが製品化され、WFで発売された「Fate Zero」ものもあわせればやはり未だにその状態が細々と続いている気もしますが、うちのサイト的には久しぶりな感じです。

その凛々しい鎧姿をはじめとして(それが一番少ないかも)、水着姿やらメイド服でいろんなメーカーより製品化されまくり、同作品内でも他のキャラの追従を許さず、発売されたほとんどの製品が好評だったことを考えると、営業的にもまさに「約束された勝利の剣」と言えるセイバーさんです。

その中でもメイドセイバーさんというとこっそり色が変わっちゃったアレとか何となく後発の凛に食われちゃったアレとか、微妙に不遇な巡り合わせでしたが、個人的に本命と思えるのが今回の倉本育馬氏(ミリメートルモデリング)による「セイバーメイドVer.アルター版」です。

キット版が発売された当時から完成品として発売されることを夢見ていましたが、アルターさんから(ここ特に重要ね)発売される事が決まり、その発売を心待ちにしておりました。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

三浦あずさ「運命の瞬間 (とき)」

あずささんと言えば、持ち歌はやっぱり「あずさ2号」だろうと常日頃思っていたら、ホントに(「THE IDOLM@STER RADIO」でだけど)やってたんですね、ボケコメントをつぶされてなみだ目なまーしゃです。(挨拶)

いろいろニコニコした話題などは絶えない「IDOLM@STER」ではありますが、フィギュアの製品化という意味では、「悪くは無いけど、なんか違うだろ」という感想がどうしても離れないアニメ版(AM)のモノが主流となってますね。

売り場で何度か手を取ったことはあるのですが、いやホントに作りは悪くないと思うんですよ?投げ売りになったら全力で買おうと思ってますから(ぉ
(関連:フィギュアに見る「アニメ:アイドルマスターXENOGLOSSIA」の人気(アキバBlogさん))

ゲーム版に基づいたものというと、まーしゃ的にはXbox360の限定版に付属してきたものを思い出しますが、予約の際にちょっと迷っていたのが明暗を分け、手に入れ損ね泣く泣く当日通常版を買った訳ですが…それが明だったのか暗だったのかはまぁいいとして、おまけモノとしてのメモリアルとしては十分すぎるものだったのは確かですね。

今回の「あずささん」ですが去年のWFで一目見た時、「これ、このまま発売される訳じゃないよな?」と言うのが第一印象、もちろんいい意味100%な訳ですが、その凝りに凝った作りに、製品として発売されるビジョンが思い浮かばないというか…ともかく豪華な展示でした。
まぁ、受注生産という形となった訳ですが、いつものノリで限定7650個とかやられていたら、今頃くやし涙で枕を濡らしていたかもしれませんね

さて、この製品が届いたのは9月1日、既に素敵レビュー(10万hitおめでとうございますfoo-bar-bazさん)がなされており、大変いまさら感があるところですが、これも「どうせなら7月19日に届けて欲しいところだよな?」ということでおあいこですよね…、ということで一つ。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

君が望む永遠 涼宮遙 グッドスマイルカンパニー版

フィギュア業界的に涼宮と言えば「ハルヒ」、だけれど「遙」と答える人も少なくは無いだろうと思います、「ハヒル」と答える人はちょっと突きぬけすぎだから自重(ry

前々回のWFでポップで製作が発表された時から、ずっと楽しみにしていた一つです。

君が望む永遠」、まーしゃにしては珍しく思い入れがあるエロゲで、さらに本当に珍しく全キャラクリアまでしてるという作品です。「君望」についてなら一晩中語りあかす事ができるというのも比喩でもなく、当時は実際に朝まで友人と語りあかしたものです…しかも二回もな。(若さってなんだろう)

まぁ、その時の基本的な会話の流れは、「やっぱ、遙だね」、「いいや水月だろ」という会話の間に10回くらい「孝之(主人公)はどこまでダメなやつなんだろう」というもので、タイムリープできるなら、彼らに人生が有限であることを教えてあげたいところです。

エロゲの主人公なんていうのは、大抵そのうらやましい境遇から「いっぺん死ね」と思われるくらいのことは多々あるものの、プレイしていてここまで「憂鬱という言葉の意味を真に知る事ができる作品もそう多くはないでしょう。

発売前に第一部がまるまる入っている体験版が配布されるという太っ腹っぷりがサービス精神旺盛だなぁと思わせるところですが、それは孔明の罠です

まーしゃは製品発売後の評判を聞いてからプレイしたので、大事にはいたりませんでしたが、発売前にこの第一部(意外にボリュームあるんです)を最後までプレイして、その続きを発売まで待たされるのは生き地獄だと言ってもいいでしょう。(同義語=レイニー止め)

うちのレビューにしては珍しく作品についてふれている序文となっていますが、このまま書き続けると何のレビューだかわからなくなるのはいつも同じなので、この続きは多分第二弾として発売されるであろう「水月」の時にでもね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

焼きたて!!ジャぱん 梓川月乃 水着ver. 限定版 アニプレックス版

前回レビューから1週間ちょっとですけど、すごい更新して無い感に満たされて、「あれ?オレ実は日頃、結構ちゃんと更新してんじゃね?」…と、はなはだ低い志に基づいたポジティブ志向がちょっと頼もしいよね…お久しぶり、まーしゃです。
いろいろと多忙なうちにでか長門(AM)は、その影を見る事すら見る事能わずという例によって瞬殺劇、予約分はひとまず完売ですか。

しかし、ハルヒシリーズというのは限定販売と同義の意味と通じるぐらい、なんか手に入れるまでだけでもいろいろ楽しいクエストが盛りだくさんですね。
まるで発売当時のPS3みたいだ…アレは買うまでが楽しすぎたけどな。

さて、そんな予約コンプレックスに悩まされているまーしゃ故か、「通常版」と「限定版」が列んでいるとつい限定版を選んでしまうのですが…。
ここ最近のレビューだけ見てみても、「限定」やら「LIMITED」やらのなんと多い事でしょう。
踊らされてるなぁ…と自分でも割と思うのですが、その割にうっかり通常版も買っちゃうのはたまには考えなおそうぜ!(たまにですか)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ToHeart2 ルーシー・マリア・ミソラ WAVE版 イベント限定黒メイド服Ver

流れ的にここは、「クイーンズブレードシリーズ」で続けるものがまだあるだろうというところかもしれませんが、ここは一球ハズして様子を見てみるのも肝要…というか、三回連続で同シリーズ書くのはネタ的にツライというのが正直なところ。

そんな訳でWFからもうすぐ一ヶ月、あの時買った限定品どうなっちゃったんでしょうか?ということで今日は「ToHeart2 ルーシー・マリア・ミソラ WAVE版 イベント限定黒メイド服Ver」です。

この「ルーシー」、WFで原型となるキットを見た時から、「完成品になったりしないかなぁ〜、無いだろうなぁ」と思っていたのですがWAVEさんから発売が決定となり、製品化の目の付けどころ非常にナイスなメーカーさんですよね。(変なトコ強調しないでください)

通常版(AM)発売の時は、発売ラッシュの中で「これは後でも大丈夫だろう」という線引きをまた誤ってしまったか?…と少し焦りましたが、WF会場でたまたま通りかかった時に気がつき、これって運命じゃね?ということで購入しました。

なんと言っても全く行列が無かったのがナイスだよね。(そんな事は言わなくて良い)

その、WAVEさんの「ToHeart2」シリーズもいいんちょに引き続き3つ目で、次は非常にニッチな層へ直球なちびタマ姉(AM)が控えているなど楽しみです。

「ToHeart2」シリーズはコトブキヤさんを始めとして、いろんなメーカーから発売されておりうれしい限りですが、「たま姉」「このみ」「たま姉」「いいんちょ」「たま姉」「たま姉」「るーこ」「いいんちょ」…というような無限ループになっていて、ずっとあの人達のターンなんですけど…黄色のターンとかにはもう回ってこないんでしょうか?

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

エクセレントモデルCORE クイーンズブレイドP-3 近衛隊長エリナ

前回に引き続き「クイーンズブレイド」シリーズ、今回は第三弾から「エクセレントモデルCORE クイーンズブレイドP-3 近衛隊長エリナ」です。

設定上「エリナ」は「レイナ」(流浪の戦士レイナ レビュー)の妹であり、そのおねぇちゃんの方は第一弾発売前の発表時からそのキャストオフが話題となっておりました、まだキャストオフ自体比較的珍しいものだった上に、そこまで直球でいく度胸のあるメーカーが少なかったこともありましたしね。
もっともいざ発売された後は、「それは反則でしょう」に話題をかっさらわれた気もします。

第二弾は、双方モロ出しということでこのシリーズの方向性を確立し、ロリ&モロというキャッチーなフレーズを合い言葉に(勝手なこと言うな)、その加減の無さは大好評でした。
もっともその人気っぷりがかえって、このシリーズがどこまで続くか不安になるくらいでしたが…。

さて、話を戻して今回の「エリナ」ですが、同時に発売されるのはシリーズ中でもキャラ人気最高とも言われる「武者巫女トモエ(AA)」、その上あちらは早くから上下ミラクル分割というスペシャルギミックについての情報が明らかとなっております。

このシリーズ、2キャラ同時発売という性質上、発売日当日は明暗を分ける人気加減が見て取れことが多く、今まではロリ圧勝!!というパワーバランスが白日の下にさらされ、日本はじまりまくっているなぁというのを改めて感じさせてくれるのですが…。

「エリナ」さんは、妹キャラには違いませんがロリとは言えず、相手は飛び道具(フンドシ)を装備したボスキャラみたいなモンです。
武器を持った奴が相手なら覇王翔吼拳を使わざるを得ない!…ということで、「エリナ」さんに残された最後の手段はアレしかありませんね

そんな意味でもまーしゃ的には、むしろこちらを期待しておりました
巫女さんは、WFで2Pカラーが先行発売されてしまって、既にいまさら感が漂っていたから…とか、そういうの無いですから。
…無いですから。

↑クリックでレビューページへどうぞ

* 撮影枚数多くて、コメント加筆中です8/31 22:55更新完了

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

メガハウス エクセレントモデルLIMITED クイーンズブレイドP-2 鋼鉄姫ユーミル よそ行きカラーバージョン

まーしゃ的にはゲームブックとしても期待している「クイーンズブレイド」シリーズ、最初の頃どのくらいシリーズが続くのか心配していたのは全くの杞憂で、なんだかちょっと方向性が違ってきてる気もするけど、コミケでも勇者仕様な紙袋で注目を集めていましたね…会場内だけにしとこうね

メガハウスから発売されているこのシリーズの立体化も、次回で第三弾…なんとなく少ない気もしますが、一回に二体ずつ製品化されていることとむやみにカラーバリエーションが豊富なところから、いろんな意味で話題が尽きないせいかもしれませんね。

ゲームブックの方では、次回発売キャラは千変の刺客メローナ(RA)雷雲の将クローデット(RA)ということであれ?そろそろロリ担当が枯渇してませんか?ユーミルはまたスルーですか?というのが第一印象でしたが、ともに実に立体化が楽しみなからだつきですね。

さて、ユーミルさんの方は、あまりにゲームブックの方が発売されないので、もうホビージャパンさん的には無かったことにしたいのかと思っていましたが、ここにきてWFにてカラーバリエーションだしてくるとは…公式ホームページのキャラ一覧を見る限り、「もう少し(ちょっと)待つのじゃ」…ということで大変不吉な言い回しに聞こえますが、立ち消える事の無いよう期待したいですね。

そのWF限定ということで、諦め半分だったまーしゃですが、ホビージャパンブースで発売されていた「トモエ(AA)」の2Pカラーともども、割とすんなり買えてうれしいというか拍子抜けだったりしましたが、通常版に先駆けての先行販売という形の「トモエ」はともかく、「ユーミル」の方はどちらかというと通常版もっていない人向けというか、まさにファンアイテム的なポジションですね。

おまけとして「スライム」が付属してきまして、恐らく「ぶっかけ」用だと思うのですが、だったら「白いスライム」とかにしてくれれば、それだけで買いに来るひといたかもしれないね?

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

拍手れす〜ありがとうございました〜


いつもたくさんの拍手ありがとうございます。

——————————————-
ToHeart2 AnotherDays 草壁優希 -バカンスVer.- コトブキヤ版

久々にいいモノ見れました。胸の迫力はタマ姉にかなわないので、後ろからの観察日記にしようかと・・(ォ。

そりゃ、キャラとしての格が(ry。
いやいや、大変よろしい後方アングルです。暑いので傾き日記とかにならないといいですね(ぉ

——————————————-
良質な白水着分を補給できた

白っていうとビキニよりスク水の方が多かったりするフィギュア界の不思議

——————————————-
ボーイミーツガール 真行寺真央 ソフマップエクスクルーシブ(限定版)

下着が布製で「お好みの位置までズラして下さい」ってのもアリだよなぁ…(´ー`*)←妄想中

そういうのもありますね、ピュアニーモシリーズとか…。なかなかよろしいアイデアなのですが、実際に行うと自らの行為に恐怖したりします…。

——————————————-
お、お嬢さん!み、見えてますよ!ミゾが・・。 いいのかコレ??

見せてんのよ!

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ご紹介ありがとうございました

ToHeart2 AnotherDays 草壁優希 -バカンスVer.- コトブキヤ版
ボーイミーツガール 真行寺真央 ソフマップエクスクルーシブ(限定版)
をご紹介していただきましたサイト様ありがとうございました。

foo-bar-bazさん

 久々に外で自分のサイトのTOPが見づらくなるようなものはどうだろうか?
 と考えさせられました。(今更?)

究極最終兵器2ndWeaponさん

 パンツまで脱がせられるものも増えてきましたが、
 デフォルトであのポジションをキープしているはそうは無いですね。
 レビュー中で引用させていただきましたが、きのしたきちさんのレビューみて
 改めて普通の方が欲しくなりましたw

あきばらいふさん

 >♪頭の中に久々に剃毛プレイという単語が浮かび上がってきたんですがっ!( ゚∀゚)

 えっ、「ボーイミーツガール」ってそんなプレイあるの?(食いつくのそこかよ)

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ボーイミーツガール 真行寺真央 ソフマップエクスクルーシブ(限定版)

ボーイミーツガール 真行寺真央」と言えば既に グッドスマイルカンパニーから発売され、ストライピスト(縞々大好きな人の意)な方々に大好評となっていた、ボーイミーツガール 真行寺真央(RA)という決定版といってもいいものが存在しております。

■ 参考(あれはイイ縞々だ)リンク
究極最終兵器2ndWeaponさん、グッドスマイルカンパニー ボーイミーツガール 真行寺真央レビュー

まーしゃもストライピアン(縞々と共に生きる人の意)として、買い逃した事を後悔しつつもその後、たまたま店頭に残っていたのを見つけ、これが天啓キタコレってやつか?と思いましたが、真央といえばソフマップのすごいの(RA)が控えていたハズだなと…せっかくだからオレはソッチに賭けるぜ!とスルーしたのでした。(せっかくなら買っとけよ)

…とまぁ、それが正解だったかどうかは失敗だったけど置いておいて、一応ニーソ縞々にしてみたけどダメかな?な「ボーイミーツガール 真行寺真央 ソフマップエクスクルーシブ(限定版)」です。

今回は、連合制作(オーキッドシード制作協力とありますね)のソフマップ販売ということでいろいろと不安なところはありましたが、その限定版の違いに無駄な期待をかけておりましたが、おまけの抱き枕が付属している点と前述の通りニーソがストライプになっているという点だけでしたね。
(これ以上、どこにサービスするのかというものではありますが…)

新参ブランド故のインパクト重視というか、冬のWFでは十分すぎる全開な展示っぷりで、ほんとにこのまま発売されんのか?その責務は十分に果たしたと思いましたが…。
発売された製品版も、通常、めくり上げ、何も無しと、各自好みブレーキ加減に合わせて選べるものとなっております。
もっとも、通常のスカートを選んでもムネはモロですから、ブレーキ壊れてる人推奨ということですね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ToHeart2 AnotherDays 草壁優希 -バカンスVer.- コトブキヤ版

連日、まだ最高気温記録でも更新したいのか無駄に頑張りを見せる暑さの中、やっぱ夏は水着フィギュアだろうということで、今日はコトブキヤさんの「ToHeart2 AnotherDays 草壁優希 -バカンスVer.-」です。
…と言いつつ、このToHeart2の水着シリーズ、第一弾のタマ姉(RA)はさむ〜い頃に発売されてましたね、水着フィギュアはいつだって良いモノに決まっているのです。

そんな訳で、フィギュアにおいての水着というのは、季語にはなり得ない通年発売される季節感の無いものでありますが、そうは言ってもやはりこの時期に眺める方が多少なりとも臨場感みたいなものを感じさせるものがありますね。
海でバカンスなんていう時点で、まーしゃ的には既にファンタジー世界の出来事ではありますけどね。

さて、メインストリームとなる制服Ver.にて順調にラインナップを重ね、隠しキャラである草壁さんを含めて既にメインヒロインどころは全て製品化されているコトブキヤさんのToHeart2シリーズですが…。

既に発表されている通り、みんながおおよそ期待はしていたがそれは想定外だろというところまで網羅されつつある怒濤のサブキャラ製品化がうれしくも驚きであります。
それとは裏腹に、タマ姉だけで終わっちゃうの?な1/6なヤツや、今回の水着シリーズもようやく第4弾です。

まぁ、このシリーズの評判からすると特価セールの常連の割に良く第4弾でたよな…というのも正直なところです。
このシリーズの特徴として、やたらカラーバリエーションが豊富なところがありましたが、そういえば今回は聞きませんね。
タマ姉(RA)いいんちょ(RA)このみ(RA)ですら、意外とアレでしたからね、やっぱり草壁さんじゃ冒険できなかったのかな?(ぉ

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

希有馬屋 天野ツバサ・黒髪 WF限定ツバサB’

WF終わって気が抜けた…という訳ではありませんが、(微妙に尻すぼみな)イベントレポートを書き上げた後に、その積み上がった戦利品を見ると、どれから開封しようかwktkしながら悩むという以前に、途方にくれてしまったまーしゃでした。

なんだろうこのデジャブーはと思うと、そうだ…8/31に積み残した宿題を前にした時のアレだよ。

さて、そんなWF戦利品レビュー第一回は、同人完成品フィギュアの草分け的存在という「希有馬屋」さんの天野ツバサ WF限定ツバサB’です。

コミケでフィギュア、それも完成品をという、おおよそ当時ではなかなか考えられなかったモノ(今でも珍しい存在には違いないですが)を出品、その後も「やわらかおっぱいフィギュア」などメーカー製でもそうそうお目に掛からない工夫を盛り込んだものなど、その非常にチャレンジブルな精神は、まさに同人ならではといったところでしょうか。

今回WFで発売されたのは「黒髪バージョン」、同人誌表紙に描かれている金髪バージョンは明日(8/19)のコミケで頒布される予定となっています。

まーしゃ的には、こういう髪がピンピンはねてるキャラは大好きなんで、こっちもいいなぁ…と思ってますが、明日は無理だろうな。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

WonderFestival2007夏〜まとめ〜

↑クリックでまとめページへどうぞ

遅ればせながら、まとめページ作成しました。
一般ディーラー編を追加しております。

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ファイト一発!充電ちゃん!! ぷらぐ 絶縁体スーツVer. コトブキヤ版

前回WFにおいて、無彩色のサンプルでありながらまーしゃのココロをガッチリとキャッチしたものが、コトブキヤさんのブースでいくつかありました。
一つは既に発売されてまーしゃ的には未だに今年のイチオシの一つである「ソル・ヴァルキリー」、もう一つは本日発売された「グランゾート(AA)」。
そしてその中で、もっとも期待の期待度の高かったのが、本日の「ファイト一発!充電ちゃん!! ぷらぐ」です。

無彩色の状態ですら、「こんな状態」でしたからね、どのように仕上がってくるのか非常に楽しみでした。
特に、説明不要なエロスーツっぷりに大量に含まれるツヤツヤピッチリ分(もちろん生きていく為に不可欠な成分の一つ)は、彩色サンプルが発表された時点で、期待度MAXを振り切ったほど楽しみにしておりました。(おもにそのワイヤーがどんな具合に食い込むのかが…)

ピンチの後にチャンス有り、ほにゃららな後に逸品有りと、ここのところ微妙なツヤツヤ分に悩まされていたところを払拭したいところですね。(ぉ

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

原型師オリジナル「whip×nonoko」nonoko -noon-やまと版

最近は、フィギュアの通販ショップも数多く、予約受付の早いところや、商品の入荷の早いところ、あまり聞いた事無いけどそれ故に予約瞬殺商品が残ってるところ(でも結局ショート)など、選択の幅が広がってうれしいです。

そんな中、ネット通販の定番としてのAmazonさん、フィギュアの予約開始というのは、えてして発売より相当前に開始される事が多いので、地雷検知器に引っかかったり発売までに事情が変わったりで、注文内容を変更しやすいところは非常にありがたいところですね。

もちろんそんなにキャンセルした事ある訳じゃないですし、クーリングオフしまくったって口やかましい赤い人形が送られてくる訳でもないしではありますが、時として「ごめんね、ごめんね…」と繰り返しながら、どうしても回避したくなる時があったりするのも、ほら、無くは無い訳ですよ。
で、そういう微妙なものに限って発送早いんだよなぁ…中の人は相当、優秀な地雷センサーでも持っているのかしら?(ぉ

そんな訳で、忙しくて事前にいろいろと確認する前に届いてきた、発表時おもにその肉感たっぷりのボディに条件反射してしまった、やまとさんの「原型師オリジナル「whip×nonoko」nonoko -noon- 」です。

…とまぁ、いろいろ言っておいてあれですが「うれしい誤算」と言うのがあったりするのも通販のおもしろいところだとは思いませんかね。
(いいフォローじゃん?)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

くじびきアンバランス 荻上千佳 コスプレVer. アルター版

一週間ぶりのご無沙汰となってしまいました、お久しぶりです、まーしゃです。

今日も渋谷で5時ぃ〜♪朝の)という嫌な歌を口ずさみがちだった仕事上の一大イベントも一段落し、夏休み前にもう一頑張りというかWF&コミケ空けの休暇をなんとか確保したいと画策中の毎日です。(思いっきり無理があるけど)

今回はリハビリがてら、前回というか前々回、メガネ無しVer.としてレビューせざるを得なかった「くじびきアンバランス 荻上千佳 コスプレVer. アルター版 」です。
前回レビューとあわせてご覧いただければ幸いであります。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 天宮学美 グッドスマイル版

もうすぐ7月も終わり、来月と言えばもうワンダーフェスティバル 2007[夏]ですね。
発売された模型情報誌などでも、さっそくWF限定品情報についての情報があきらかになり、今の段階からため息が出そうになるほど絶望的な発売数に、クラクラしてきますね。

前回WFで発表された中でも、個人的に期待していた中にあったのがこのグッスマ版まなびであり、当時はアニメ放送直後ということもあって会場でもそのインパクトのある台座もあり、なかなか注目を集めていた感じでしたね。

さて、最近のアニメの放送本数は凄まじいものを感じるというか、少し前からOP、ED集めてそれを眺めてある程度把握した気になるくらいだったものですが、最近はもうそれすら無理な気がするほど、まさにきら星のごとくというヤツです。
そんな状況ですからね、フィギュアが製品として発売されるまでの間に、発表当時とだいぶ温度差を感じることも良くあることですね。

最近になって、トイズワークスさんからは、白スク(RA)紺スク(RA)、どっちがいい?という問いかけがあったり(もちろん両方だ)、この次はブルマの色(RA)の色を問われたりするらしいですが…盛り上がりとしてはやや時期をハズしてしまっている気もしますね。

…で、今日はグッスマ版のまなびです。

トイズワークス版も購入済み未レビューではある訳ですが、トイズワークスとグッスマどっちがいい?
もちろん…アレだ、もにょもにょ(あれ?両方じゃ?)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

くじびきアンバランス 荻上千佳 コスプレVer. アルター版

さて、昨日はねんどろいどハルヒシリーズ…しかも長門(RA) 、ハルヒですら気をしっかりもっていないと萌え死にかけた可愛さだったので、これはまず瞬殺は必定であろうと思っておりましたが、本当にそうだったようですね。>ねんどろいど「長門有希」 あっというまに完売(アキバBlogさん)

昨日中…というか昼の時点でもう、いくつかのレビューサイトさんでもレビューされており、その中に写された売り場の様子(参考:あきばらいふさん)を凝視しつつ、『長門はいいっ!(どうせ買えないから)、荻上を写せっ!』と酸素欠乏症なおとうさんっぽい勢いで、写真をチェックする男が一人…。

なんだか、長門のせいかまったく話題に上っていませんでしたので、ほんとに入荷してるのか心配だったのです。
結局昨日はトラブルで買いに行けなかったのですけどね…。

そんな訳で、決して長門が買えないだろうから代わりに買うかとか、人気番組の裏番組的な狙いとか…そういう訳ではなくてですね?
個人的に期待していた一品だったのですよ…特に制服の中身が(ry

…という所まで書いておいてなんですが、今日はちょこっと中途半端な形になってしまいました、申し訳ありません。

本製品は、非常に良くできたエッジングパーツのメガネが付属しておりまして…ただし、サンプル写真通りと言えばその通りですが、鼻の上にちょんとのせて掛けるデザインである為、柄の部分は存在しないのです。

つまりは、自分で接着しろ…ということであるのですが、すいませんただ今我が家には接着剤が存在しませんでした。
正確にはあったけど中身固まってるたよ、ほんといざというとき役に立たないねぇなぁ、黄金聖闘士かよっ!(ぉ

正式公開時は、せっかくの豊富なバリエーションをもうちょっと撮影してみたいと思ってます。
このまま流しちゃっても良いかとも思ったんですが、どうしてもこの作品の場合メガネが欲しい!つうか、メガネ無いとダメ、絶対!!、ここは荻上への愛をもってということで一つ…。

本文コメントはこのあと正式にレビューする機会にでも…えっ次回?いやぁ、明日はまなび(RA)だろ?常考…(愛は?愛)

↑クリックでレビューページへどうぞ(ごめんなさい、メガネ無しVer)

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

HJ誌上限定通販 関羽雲長 艶姿Ver.

本日は(やや今更気味だけど)、HJ誌上限定の「関羽雲長 艶姿Ver.」です。

ショップ限定、イベント限定など数ある限定品の中でも、もっとも取りかえしのつかない限定品と言えるのがこの誌上限定というヤツです、もちろんいろんな意味で取りかえしがつかないことも多い訳ですが…。

なんだかんだで意外と間口が広かったりするショップ限定や、とりあえず現物を見ることができる(見るだけかもしれませんが)イベント限定品に対して、サンプル写真からまだ見ぬ量産後の主に劣化具合に対して望みを託して申し込むという意味では、届いた時の喜びと悲しみもまたひとしおというものです。

今回の制作は、あの「グリフォンエンタープライズ」ということで、過去何個かポリストーン製の一騎当千シリーズを購入しる身としては、ほら…アレだよ
「来るならこいっ!」って気持ちで待ってました。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

うん、キュンキュンできゅるるんで…まぁ、いろいろだったよ

今週は妙に忙しく、おまけに今日も休出ということで久々にテンパリ具合の醍醐味を満喫していましたが、そんな中ですが昨日はSHORT CIRCUIT �U Premium Show IN TOKYOに行って参りました。

FINAL☆PARTY☆NIGHT以来のライブレポになるかと思いましたが、同行した方が既に完璧なそれを昨日中に書き上げられていたので、もういいよね?

もともとライブチケット入手までの流れが、センセイさんより「エスカゲットしておきましたよ!その代わりお願い事が…」とチケット抽選の申し込みを頼まれ、この人はまーしゃのリアルラックの無さを知らないらしいな、まーしゃは「いたスト」やってる時にサイコロ振る前に励まされちゃうくらいなんだぞ?(知らんがな)

と、まず当たることは無いだろうが、君が満足するなら他ならぬ余のエスカの為でもあるし申し込みしておこう…で、当たりましたw

その事を伝える最初の発言が「ひょっとして全員当選ですか?」とKOTOKOファンを前にして殴られそうな推察を口にしてしまいしたが、センセイは外れたとのこと。

ふふ〜ん」と微妙な優越感に浸り、既にこの時点で満足しかけていましたが、まてまてよく考えればまーしゃもKOTOKO好きだよ大好きさ!とこの日を待ち望んでいました。
(もって行き方が強引です、少し流れを考えて話した方がいいでしょう)

キュンキュンできゅるるんでChuChuでおっけーおっけーであーめーふりで牛骨でパンポンでshock!…らしいという事で、会場に近づくなり一ヶ月後の雰囲気を先取りしたようなオーラが感じられ、妙に落ち着いた気分で開始時間まで待つことができました。(あの雰囲気いいよね)

レポ用に写真を…と思ってカメラ持って行ったところ、電車の中でCFカード忘れたのに気づき…うろたえるな小僧どもっ!途中でCFくらい買えるぜと冷静に対処しようとしましたが、バッテリーも忘れてましたorz

ライブについてはほんと詳細なレポートが上がっておりますので、そちらを見ていただくのがよろしいでしょう…守備範囲の異常にせまいまーしゃでも完璧に楽しめた辺りが、相当ソッチ系の曲が充実していた証だと言えると思います。

しかしセンセイさんは、1曲ごとに「オレのターン!LPをBPに変換!」(ぴろ〜ん♪)という勢いで限界まで弾けまくってるようにみえましたが、良くこんなん書けたな。

まーしゃはライブ終了時にはもう既にヘロヘロ(残りLP100)、その後帰り道が一緒だったあきばらいふのびんさんとのみに行き、次の日仕事がなければ朝まで語り明かしそうな勢いでしたが、ギリギリ意識を保って帰宅、さてなんか書くかとノートパソコンを起動しようとしたら、ノートPCがお亡くなりになったようです…残りLP0(ぴろ〜ん♪)

Post to Twitter

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
50/64 ページ« 最初へ...102030...4849505152...60...最後へ »

Home

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

WonderFestival 2016 WINTER Act.1 WF-速報編
WonderFestival 2016 WINTER Act.1 WF-速報編

ホビーメーカー合同商品展示会 2014夏(オルカトイズ編)
ホビーメーカー合同商品展示会 2014夏(オルカトイズ編)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか -始まりの物語/永遠の物語- グッドスマイルカンパニー版
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか -始まりの物語/永遠の物語- グッドスマイルカンパニー版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top