CUT A NEWS

WonderFestival 2014冬(アルター編)

さて、今回も速報に続いてのメーカー別レポートという形で始めさせてもらいます。メーカー別レポート第1回はみんなも大好きな安心のアルタークオリティでおなじみのアルターさんからです。(このフレーズもたいがいだけどな)

アルターさんの場合昨年11月にメガホビEXPOでの新作発表が多かったため、今回のWFでは展示数は控えめに映りましたが、こうしてレポートにまとめてみると魅力的な作品が多く、見どころ盛りだくさんで撮影しがいがありました。

ストライクウィッチーズシリーズのラストとなるリーネちゃんと芳佳ちゃん新バージョン、そしてまさかこのシリーズに新作発表、撮影禁止だったのが残念ですがハイデマリー少佐がフィギュア化決定!本当に驚かされました。

またメガホビEXPOで未彩色だったものが彩色済みサンプルとして展示され、そのどれもが期待通りいや期待以上のモノばかり、本当に発売が待ち遠しくてしかたありません、さすが期待に違わないアルターさんですね。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

WonderFestival 2014冬(速報編その3)

引き続きWF2014冬のイベントレポートその3です

とりあえず、企業ブース全体からピックアップして公開してきた速報編はこれにて終了、次回更新からは速報編で紹介しきれなかったものを含めてメーカー別にまとめていきたいと思います。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

WonderFestival 2014冬(速報編その2)

引き続きWF2014冬のイベントレポートその2です

丁度、今ニコ生で朝まで生ワンホビとかやってますしね。その2は例によって全部グッスマさんを始めとするフィギュアメーカー合同ブース『WonderfulHobbyLifeForYou19』からピックアップして公開します。

もうね名作揃いで、本編をまとめるのが今から怖い楽しみすぎるボリュームになってます。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

WonderFestival 2014冬(速報編その1)

WF2014冬のイベントレポート今度こそはじまるよ~

まずは、参加された皆さん、本当におつかれさまでした

10年に1度とも20年に1度とも言われる都内での大雪っぷり前日からの交通機関麻痺を始めとして、当日朝も阿鼻叫喚がタイムライン上を乱舞し会場に到着できただけでも良かったと心から思えるほど…思い出深いワンダーフェスティバルとして記憶に残ることでしょう。

まーしゃも話したくてウズウズしているような話がいくつかありますが、まずは速報編としてひとまず公開し始めてみます。例によってそのいくつまで続くかわからないところがチャームポイント、なるべくイケるところまでいってみたいと思ってます。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

WF2014 Winterもうすぐはじまるよ~

あれか?そんなにまーしゃがダイレクトパスで良番号取ったのがあれだったのか?東京にこんなに雪が降るほどなんですかね?(世界の中心で叫んでみる)

全てはこの日のためにと…前日のホテルも予約したし、ダイレクトパスもゲットした、仕事もなんとか明後日辺りにフリーキックしてみたしで、前日まで万全の体勢を整えたんですが(それ万全なの?)…珍しく手際よかったから、こんな雪になっちゃったのかな?みんな、ごめんね!

…というわけでとりあえず朝から雪の中、劇場版TIGER&BUNNY-The Rising-観に行ってきましたが、劇場から出てきて思った以上にハラハラさせてくれる天候は映画以上にエキサイティングですね。(やけくそ気味に)

ああ、タイバニの方は雪の中観に行った甲斐があるというもので大満足でした…二期の発表とかなかったけどね。

まぁ、そういう訳なんであとは京葉線が止まらないか(これ書いてる間に止まったけど)、まーしゃはホテルに着けるのか、明日ちゃんと朝起きれるのか…怒涛のヒキで明日に続きます。

せっかくなんで、前回のWF2013夏のイベントレポまとめページを置いときますね。(ホントはモモのレビュー公開したかったんだけどね)

↑前回のWFレポを振り返りながら次回更新をお待ちください。

Post to Twitter

Fate/hollow ataraxia セイバーオルタ 水着Ver. アルター版

タマ姉、関羽、綾波、セイバー…言わずと知れた永く君臨するフィギュア化四天王ですが(知りません)、さすがに出し切った感というか、もうお腹いっぱいでちもうゴールしてもいいよねというか…私服、水着、メイドなどその手の定番はひと通りやり尽くした感はありますから当然かも知れません。(それも二周くらいしてそうだけどな)

中でもセイバーさんの人気はアニメ化、映画化、FateZeroアニメ化、ゲーム化(EXTRA)、外伝的な作品も多く、さらに再びアニメ化との話もあり…話題の尽きない作品に支えられているだけあって必然とも言えますね。まぁ、フィギュア化と作品人気は関係あるのかは長年疑問に思っているとこではあるんですけどね、例えば一…。(それ以上は言わないでいい)

とは言え、フィギュアが発売されるのは大抵放送終了後であることが多いため、本来一番欲しい時にはフィギュアは発売されていない事が多く、2期放送開始の頃にちょうどいい感じに発売されることもあるのでやはり恵まれたコンテンツはありがたいですね…さぁ、2期が始まった中二病行きましょうよ、アルターさん!(なんのレビューなんだこれ)

それはともかく、今回はイベントでのサンプル公開時から話題を集めていたオルタさん、今年発売されたフィギュアの最初のレビューはFate/hollow ataraxia セイバーオルタ 水着Ver.です。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のCUTA:2014/01/21

気がつけばWFまであと3週間を切り、そわそわした毎日を過ごしております。(主に当日ちゃんと休めるかどうか)

ダイレクトパスとかホテルの予約とか、珍しく準備は順調なんですけど当日の予定だけが読めない、毎年年度末に向けて忙しくなる時期ではあるので、今年もなんとかするとは思います。

今回は冬のWFということでグッスマさん&MAX FACTORYからは恒例の今年の雪ミクが販売、それ以外にも進撃の巨人、艦これとメガヒットコンテンツ狙い撃ちという実に隙の無いラインナップですね。

今回のねんどろいど雪ミクは、なんとしても手に入れたいところ…WEB受注もあるけどね。

  • すーぱーそに子 チアガールver. 1/6 オーキッドシード 08月予約
  • 毎度WFの度に新しいそに子が発表されてるオーキッドシードさんから、ガレキ→完成品の流れを踏襲していよいよ完成品フィギュアとして発売(発売予定は8月だけど)、アニメも始まり今回のWFでの新作展示も楽しみです…で、今回のイベント限定カラーはこないだの1/5そに子辺りですか?(既定路線として期待)

  • 拍手返信・私信
  • いつもたくさんの拍手、コメントありがとうございます。

    水着はやてちゃん、かわいいですね。商品サンプルでは分からなかった魂の入り具合が見れて感激しています。これで1/4サイズでなければ購入するんですが…。

      ロリの1/4なので実際の大きさは比較的小さめ、1/4入門に最適の一品となっております。

    新年、一発目からこれだよ!もっと、もっと色々レヴューお願いします。しかし、色々ヤバイ、ブツですな。作り込んでる部分が・・・。 by DECAD@DECAD

      去年のnativeさん発売分は全部スタンバイされておりますので、鋭意撮影………準備中。

    艦これでのクラインフィールドはただのMISSをそう表示しているだけで何の効果も無いんですよ…ネイティヴの本気をを見ました

      あれはそういう仕様だったのですか、それはそれで効果的な実装ですね。nativeさんのはいつだって本気さ。

Post to Twitter

ネイティブクリエイターズコレクション Gamer Girl

新年最初のフィギュアレビューには相応の意気込みをもって臨んでみたいものです。

一昨年は新年早々にバスタブとフィギュアというインパクト重視の攻めの姿勢で臨んだところ、公開直後しばらくしてサイトが見えなくなり一瞬で正月気分も吹っ飛んだものでした。

まぁ、レビューの更新間隔が空いた時はメガハウスかネイティブ製品というのを信条にしていたCUT A NEWSですが(ゲスいなぁ)、そう言えば最近はそういうのレビューできてないなぁと思って調べてみたら、どっちのメーカーも去年1つもレビューしてないじゃないですかっ!

確かに、キャストオフ可能なフィギュアって撮影一つとっても結構手間なんですよ。それは単に撮影枚数ってだけでなく、コスチュームの着脱とかね、思いの外にもう一度着せるのが大変だったりしてね、脱がすだけなら楽しいだけなんですけどね。

本来、そういうところこそレビューすべきところだろっていうのももっともなんですけど、撮影し終わったと思った後に「あっ!上着だけ着た状態撮り忘れた」とかね、そういう苦労話とかレビューサイト管理人くらいしか共感無いですからね…いや、あれホントに凹むんだよ。(どうでもいい)

そんな訳で今回は去年のうちにレビューしたかったなぁシリーズ第1弾(続くのか?)、圧倒的な肌色成分、flickrに公開するのがちょっと怖くなる、いろんな意味で新年早々から限界に挑戦…大丈夫だよね?

この先のコンテンツは18歳未満の方の閲覧をお断りしています。大変申し訳ございませんが,18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のCUTA:2014/01/09

艦これx蒼き鋼のアルペジオ コラボイベントが終わってしまいましたね。喧々囂々狂騒曲だった秋イベントに比べて、難易度も若干低め、期間限定の強力なゲストキャラの味方艦としての参戦など、終わってみると霧の艦隊の面々がいなくなった鎮守府は少し寂しげな余韻を残し、祭りの終わりという感じで純粋に楽しかった思い出になった気がします…大型艦建造はアレだとしてもね。

まーしゃ的には思う存分霧の艦隊の方々にはお世話になりまくりというのがわかる各ステータス、おかげさまで最終日に5-3まで一気にクリアさせていただきました、全てはバリアとビームのおかげです。

蒼き鋼のアルペジオは未見なのですが、戦闘中も喋りまくるおかげで各キャラのだいたいポジションはわかったし、味方にならなかった戦闘中ギャーギャー騒いでいるマヤがのがなんとも可愛かったです。

超重力砲(ビームによる全体攻撃)やクラインフィールド(攻撃を無力化するバリア)などを既存の艦娘には無い能力を実装した強キャラ達を味方として使用することで、イベント海域のクリア自体はかなりハードルを低くできたのではないでしょうか…そのおかげで通常マップの難所も一緒にクリアできちゃいましたが、これくらい自由度あった方が楽しいよね。

まぁ、なんの言っても『クリアした奴は良イベントって言うよな』という側面も否定はできませんが、コラボ作品への興味を導きながら、両作品の共通の土台を感じさせる企画としてはとても良かったと思います。次はナディアとのコラボで空中戦艦とかと戦いたいな。(バリアーかっ!…その通りだよ、ネモくん)

…という感じでお正月休みを満喫してしまいましたが、そろそろ初レビューを…近場見参!(予定)

Post to Twitter

2013年レビュー総括

そもそもレビューサイトの年内最後の更新は人気レビュー総括というのがお約束ですが、過去を振り返るのはいつでもできるさ…という言い訳のが、CUTANEWS流。今年はそもそもレビュー数が少なく、必然中に話題の中からおまーしゃの気に入り中のお気に(いいね!)を選んでレビューしていたこともあって、年間ベスト3を選ぶことも非常に難しかったです。

という訳で、個人的な2013年ベスト3…正直レビューしてない方にベストがありそうな気がしてならないけど。(ドラムロール鳴らす前に存在意義を問う発言はやめて欲しい)

さて、第3位は正直かなり迷いましたが、どうしても無視できないマウンテンバイクの凄まじいまでの造形レーシングミクさんの可愛らしさと最後まで死ぬほど迷いましたが、萌え至上主義を貫くまーしゃを持ってしても撮影枚数の半分を自転車が占めるという異例の作品、可動式のペダルやハンドル…どこまで作りこんでいるんだろうと感心させられました。

その上でこれに負けないフィギュアの魅力を出さなければこれは相当の…という一歩間違うと美味しんぼみたいな薀蓄を語りそうだった、鈴羽さんとスパッツも忘れられない逸品でした。

第2位は僕らのはやてちゃん、1/4サイズという大きなサイズならではの迫力、同じ水着でもWAVEさんのビーチクィーンシリーズとは真っ向から異なるコンセプトであり、ニーズを考えると発売後の投げ売り率ちょっと不安になりますが、コアなファン層に支えられてか今後も楽しみなシリーズです。

今回のはやてちゃんについてはなのは、フェイトに続く出るだけでもうれしい最後発だけあって出来も一番素晴らしかったです。

栄えある2013年まーしゃ的1位は京まふ2013でのコラボ企画として制作された舞妓まどか、まどかさんは昨年のアルティメットまどかに続いて二年連続の1位となりました。

可憐なまどかさんもさることながら綺麗な着物のプリント、精細な和傘など元絵の印象を忠実に再現した本作品は立体化されるならこうあってほしいというカタチそのものと言っていいかもしれません。

次に発売が予定している晴れ着ほむらちゃんにいやが上にも期待が高まるというものです。

そんな訳で私的ベスト3でした。今回はまーしゃがレビューしたものから選びましたが、それ以外にも多数の候補も多く前述の通りレビュー出来なかったものの中にも素晴らしいものが多く、その点が残念でした。今年はそんな心残りのないようにレビュー本数を増やしていきたいところです。

Post to Twitter

2014年、あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます、本年もよろしくおねがいいたします。

実は昨年12月23日をもって当サイトCUT A NEWSは開設10周年9年目だった。

昨年は業務上でも多忙なイベントが重なっておりモンハンも発売されたしねぇ、レビューの数も少なかったのが残念でなりませんでしたが、今年は昨年の分もあわせてレビューできたらいいなぁと決意をあらたにするまーしゃでした。(置き場所的にもがんばれ、オレ)

Post to Twitter

2013年お疲れ様でした~

2013年も大晦日のコミケで〆、参加された皆さんお疲れ様でした。3日間とも天気に恵まれ、良いコミケ日和でしたね。そのコミケはやはり艦これ強しという印象でしたね>~。

今日は丁度年明け前にソードアート・オンラインの特別編集版が放送されており、今現在壁殴り大会が盛り上がっております。(無駄なライブ感)
今年の総括や来年の豊富などはこの後の更新をお楽しみに!

Post to Twitter

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s 八神はやて 水着Ver. Gift版

普段、この序文は大まかに書こうと思う内容を3つくらい決めてから書き始めるのですが(それで、あれなの?)、今回のはやてちゃんについては「はやてちゃん可愛い」、「水着はやてちゃんは可愛すぎる」、「やっぱりはやてちゃんは可愛い」しか思い浮かばなかったので困ったものです…あっ、この導入はさやかちゃんの時にも使えるな。(使えませんから)

それはそれとして…グッスマさんの頃はハルヒバニー、FREEingさんのらき☆すた、最近はGiftさんから発売されるようになり、毎度次はもう無いんじゃないだろうか?と不安になる1/4サイズのでかい水着とかバニーとか体操着とか、改めて振り返るとかなりの数になりますね、ハルヒバニーを全部飾るスペースを確保するのに悲鳴をあげていた頃が懐かしいです。

そんな中では今回のはやてちゃんは幼女枠ですからサイズも控えめ、置き場所的にはアルターなのはシリーズよりも優しく(比較対象が)、お値段も比較的優しく…(声が震えてるぞ)、フェイトちゃんなのはと一緒に飾って、言い訳できない空間を作り出そう!

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 阿万音鈴羽&マウンテンバイク アルター版

曰く…「発売直前を何度もループしてる気がする」、「気が付くといつの間にか来月発売予定になっていた」、「この世界線では発売されない」…など、作品世界観を利用した広報戦略なのかと(どんな判断だ)、本気で思えるほど長く待たされた阿万音鈴羽&マウンテンバイク

普段からアルターさんの製品についてはアクセサリーや装備品などでその精細なつくりに毎度驚かされ、「さすがアルタークオリティ」というレビューする上で非常に便利な慣用句が成立している訳ですが(えっそうなの?)、その中でも今回のマウンテンバイクは屈指の造形と言っても過言ではないでしょうね、さすがメカモノブランドアルメカをして名を成すアルター製品というところでしょうか。

では本作品はマウンテンバイクwith鈴羽なのかといえばそれは早計というもの、全国スパッツェリアの支持を多く集める鈴羽さん、本作をみて自転車のサドルになりたいと思った人も多いことでしょう(特殊性癖については一般論っぽく)、年末を待つまでもなく2013年スパッツフィギュアのベスト10入り確実との呼び声も高い逸品と言えるでしょう。(スパッツフィギュアって何個出てんだよ)

さて…じゃあ、最後はみんなで「さすが、アルタークオリティ」言っときましょうか!(本編でも使うよ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のCUTA:2013/12/10:EF8-15mm F4L USM

12月に入りましたね(もう10日ですが)。年末が近づいていることもあってか最近は毎週末、新製品をいくつも抱えて帰る日も多くうれしい悲鳴を上げつつ、持ち帰った後は玄関にAmazonのダンボールが積み重なっているのをみて悲鳴を上げたりするものです。ついでに言うと部屋のキャパシティも悲鳴をあげています。(もう慣れただろ)

久しぶりに新しいレンズを買ってみました、Canon 超広角ズームレンズ EF8-15mm F4L フィッシュアイ USMです。

いわゆる魚眼レンズと呼ばれるもので、前から一度欲しいと思っていたものです。魚眼レンズはインパクトのある特殊な写りから、「多用して飽きる」とかよく言われますが、その辺わかった上で一度は使ってみたいんですよね~。

室内でのフィギュア撮影自体にはまず出番がない上に、それほどレンズ資産も豊富なわけでもないので、他にいくらでもおすすめどころはありそうですが…実際、EF17-40mm F4L USMにしようか最後まで迷ってました。

まだ届いたばっかりなんですが、いつもの見慣れたアキバの景色もちょっと変わって見えて面白いです。近いうちにどっかに撮影に行きたい…そう思わせるところに価値があるのです。(言ってみた)

  • 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s 八神はやて 水着Ver. 1/4 完成品フィギュア[Gift]
  • なんと発売日変更で12/16出荷とか!、延期は慣れっこの僕らフィギュアクラスタですが、発売が早まるのは珍しいですね。WFで見た時から今年一番期待していた作品でもあったので年内に手に入るのは純粋に嬉しいです。レビューが早く出来るのも相対的に嬉しい気味です。(煮え切らない)

    まぁ、同シリーズのなのはフェイトちゃんとか『こんな値段で売られるのはどう考えてもお前らが悪い』状態なんで???状態なんですけど~。つい憤ってフェイトちゃん二個目買っちゃったんですけどぉ~。

    はやてちゃんは大丈夫だから(震え声)。

  • 拍手返信・私信
  • いつもたくさんの拍手、コメントありがとうございます。

    素晴らしいムギちゃんのお写真ありがとうございました!ハァハァ(*´д`*)あの、画像いただいてもよろしいでしょうか?あまりに素敵なムギ&撮影なので by むぎゅう

      過分の評価ありがとうございます、ムギちゃんってことはウェイトレスムギちゃんレビューのことでしょうか、MAX FACTORYさんのけいおん!シリーズはどれも良かったですね~。画像については個人利用の範疇であればご自由にどうぞ(^_^

    レポお疲れ様です。不人気もとい、情報の少ないリーネちゃん、はやてちゃんの差替えパーツ説明写真があったのは、まーしゃさんのサイトだけかもしれません。(感謝と共にやり場のない憤り)しかし、差替えパーツフィギュアも多くなりましたね。購入する立場からすると単価が上がるのが困りモノです。まーしゃさんのようなレビューサイト管理者様だと、撮影枚数の増加の方が気がかりかもしれませんが…w

      確かに最近は差し替えパーツが豊富でアクションフィギュアで無いものでもいろんな表情付けが可能なモノも多く、撮影するのも楽しみなものが多いですね…レビューのことを考えなければ大歓迎です(ぉ
      特にお気に入りのキャラだとこれ1体で3体分くらいの枚数になってしまいそうだ…、とついついアレがそれでストライクウィッチーズとかなのはシリーズなんかは…楽しみですね。(1/3くらい正直な気持ち)

Post to Twitter

メガホビEXPO2013 AUTUM(Act2編)

主催であるメガハウスさんを後回し、あまつさえ他のメーカーとの合わせてレポートというのは恐れ多きことながら、「メガハウスさんとゆかいな仲間たち」と銘打つのも気が引けるもの(当たり前だ)…とは言え、今回は滞在時間の殆どをアルターブースの撮影に費やしてしまったこともあってせいぜい2編に分けるのが精一杯のボリュームでした。

そんな訳でAct2はメガハウス、コトブキヤ、ホビージャパンブースです。

当日は午後に予定があった為、まーしゃにしては珍しく午前中から参加、物販列に後ろ髪を引かれつつ展示エリアに入場しました。メガハウスブースはヤマトガールズコレクションの新作、アイマスシリーズはもはや新作を探すが難しいくらいの充実した展示量、萌えから燃えまで、最近のアニメから懐かしのアニメまで幅広いラインナップには驚かされました…まさかウテナのフィギュア化とか…ホント驚かされたわ。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

メガホビEXPO 2013 AUTUM フォトレポート

先日(2013/11/30)に秋葉原UDXにて開催されました「メガホビEXPO 2013 AUTUM」に行って来ました。

メガホビEXPOはメガハウスさんを主催とする、メガハウスさん、アルターさんやコトブキヤさんの新作フィギュアなどが展示される(主に)秋葉原で開催されている入場無料のイベントです。(ここまで定型文)

前回は5月に開催された「メガホビEXPO SPRING」から約半年、夏のWFから4ヶ月、いい感じに新作への期待感も高まりますね。そういえば2013年発売予定のハズだったアレはどうなったのかなぁ…とかは、今日は気にしないでおきましょうね!(ほっとけ)

今回はちょうど旅行の日と重なっていた為、午前中のみの参加でした。いつもに比べて若干撮影ボリュームが少ないかと思ってましたが、むしろ午前中の方が若干空いているのか、いつものあまり変わらないかもしれません。

開場直後から速報気味にタイムラインを席巻していた、シャルロット&セシリア水着Ver.を始めとする注目のアルターブースから公開したいと思います。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Post to Twitter

鹿目まどか 舞妓Ver. アニプレックス版

先日からいよいよ劇場公開の始まった「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語」既に観に行った方も多いことでしょう。前作劇場版スタッフロール後の特報から、いや、TV版終了時から待ちに待った新作映像にこころを踊らせていたのもまーしゃだけではないと思います。

TVシリーズ放送終了後も、劇場版公開やコラボ企画やコミカライズ、キャラクターグッズ展開などで何かと話題を維持し続け、グッスマさんから約2年間掛けて発売され続けたフィギュアは主要キャラ全キャラに加えてアルティメットまどかまで製品化され、今回の新作劇場版でも「ああ…これ絶対フィギュア化されるな」と確信するだけのモチーフがありました。

そんな劇場版のこちらは1作目『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』 と 京都名物 『生八ツ橋』 とのコラボ…えっ?なんで?なんの取り合わせ?と思ったものの、パッケージに描かれたまどかを見てこれは納得、さやかちゃんではこうはいくまいという可憐さと雅な感じが(余計なことは言わんでいいの)とても絵になるイラストでした…新編を見た後だと対になっている舞妓ほむらちゃんがとてもアレに見えてよろしいですね。(ニコリ)

アニプレックス と グッドスマイルカンパニーのコラボレーションで京まふ2013で先行販売されました「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか 舞妓Ver.」、9/7に開催されたイベント会場で先行販売された他、一次受付は<イベントの翌日から2日間待たずに完売、好評のためその後受注生産での二次受付が決定、そちらは12月発送予定だったので、発送を楽しみにしている方も多いと思います。

今回はイベント翌日に申し込んだ一次受付の物で、9月に届いていましたが劇場公開にあわせて撮影しようと考えていましたが、あっさりオーバーランしてしまいました。でも、今週末の公開から新規特典配布とかの話もあるしちょうどいいよね、さぁ、もう一回観に行こうぜ!

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

超次元ゲイム ネプテューヌ ノワール PULCHRA版(サンプルレビュー)

今回は当サイトでは珍しいだが、最近はレビュー自体が珍(ry発売前のサンプル品でのレビューとなります、前回スマホスタンドのサンプルレビューにつづいて、PULCHRAさんより発売予定の「超次元ゲイム ネプテューヌ ノワール」です。

さて、本日(11/11)は丁度7年前にPS3が発売された日、ノワールはPS3がモチーフですからあえてこの日にレビューを公開というあたりにこだわりというか、こじつけを感じて欲しいと思いつつ…あの伝説の「物売るっていうレベルじゃねぇぞ」からもう7年ですよ。

まーしゃもあの日はPS3購入のためにアキバヨドバシに徹夜で並んだりして、これが若さか…というつぶやきが冗談でなく似合ってきている事実は置いといて、振り返ればあの熱気はなんだったんだろうとも思いますが、次世代機という響きにワクワクする時代でもありましたね。

長らくほんとに長らくこうして我が家にやってきた初代PS3は現在もtorneの相棒として、SACDのプレイヤーとして絶賛愛用中、PS4はちょっとアレっぽいからこのまま末永く愛していきたいと思わせるPS3…となれば、このノワールも末永く愛していけるのではないでしょうか。(アレ?そういう流れ?)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

今日のCUTA:2013/10/28

「ネタバレは?」「イヤどす」(ネタバレありません)

先週末より、いよいよ劇場公開となった「魔法少女まどか☆マギカ [新編]~叛逆の物語~」、昨年公開された総集編的なもの2編とは異なる完全新作ということで、事前に公開されたPVもなるべく見ないようにして身構えておりました楽しみにしておりました。

まーしゃ自身はあまりネタバレ踏むこと自体には抵抗ないのですが、「エヴァ」と「まどか」だけは極力事前情報無しに観たいと思っていたので、公開初日のバルト9に足を運びました。

バルト9では先日発表されたグッスマさんの新作のまどかや、新キャラ「百江なぎさ」の展示がされていた…らしいのですが、まーしゃは映画観た後に見ようと思っていたのですが、観終わった後はそれどころでは無い心情だったのでうっかり見逃してしまいました。

その展示内容についてはstudiorzhobbyさんがレポートされております、今回の映画でも「ああ、これ絶対フィギュア化されるな」と強烈に訴えかけてくるモノもあり、今後も目が離せませんね。

  • アイドルマスター 水瀬伊織 1/8 完成品フィギュア ファット・カンパニー 04月予約
  • アイマスフィギュアと言えばXBOX360版の限定版についてきたアレメガハウスさんのシリーズを一番に頭に浮かべますが、モバマス(シンデレラガールズ)での人気からもあと押しされてか、最近では多くのメーカーから発売されていますね。

    グッスマさんやfigma展開はモバマスからの製品化が多かったので、ファット・カンパニーさんは
    に続いて今回の伊織は嬉しいです。WFで展示されていた時から楽しみでしたが、なんつっても白タイツがっ!白タイツですよ!(落ち着いて)

Post to Twitter

Home

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

CL#005 Mine bluE#10 妄想…原付と、女の子と、桃源郷
CL#005 Mine bluE#10 妄想…原付と、女の子と、桃源郷

エクセレントモデル RAHDX ガンダム・アーカイブス サイド5 ラクス・クライン
エクセレントモデル RAHDX ガンダム・アーカイブス サイド5 ラクス・クライン

涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ マックスファクトリー版
涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ マックスファクトリー版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top