Home > Tags > 和風堂

和風堂

ラ・ピュセル 光の聖女伝説 ダークエクレール 和風堂玩具店版

ガレージキットとして有名な原型がPVC完成品として発売されることも珍しくなくなってきた昨今では、夢見れば夢も夢じゃないというように「あの人気キットが!」とか「あの原型師さんの作品が!」と、ガレキ製作という高いハードルを乗り越えることなくそれを手に入れられるという点で良い時代だと言えますね。

もちろん、ソレを自力で作り上げた時の素晴らしさは、何度となくHobby Dogさんなどで紹介されており、特に先日のブロンドパロットさんのシャナなどは製品版アレンジとの差に暴れそうになるくらい素晴らしかったです。(おちつけ…なっ?)

…とは言え、製品化をただ待つ身にできることと言えば、せいぜいメーカーさんの発表に一喜一憂するくらいしか無いわけですが…その点、和風堂玩具店さんの製品化発表の際のワクテカ感は異常、デコマスが発表された時、製品版サンプルが発表された時、常に先が読めない筋書きの無いドラマを堪能できるわけです。

そんな訳でまーしゃ的には、和風堂さんによる製品化が発表されるたびに、うれしいニュースとガッカリニュースを同時に味わうという、例えるならば天にも昇る気持で数百メートル上昇したのち予告なしで保障の無いバンジージャンプをさせられてきた気がします。(生還率は聞くな)

一度、グッスマさんから同じく鉄虎竜さんのいろはが発売されると聞いた時のまーしゃの嬉しさはどれほどのものだったかわかるでしょうか?
こういった感動は、コンスタントに良作を出し続けるアルターさんにはなかなか出せない魅力的なところといえましょう。(そんな魅力いらねぇよ)

ふぅ、これくらいでいいかな…。
前回がちょっと微妙すぎて(AA)かなり自分を励ます必要があると思って気持ちを盛り上げるテキストをしたためておりましたが、やればできる子の気配(AM)を感じさせてくれたので、確変が終わっていない事に賭けていました。(ぉ

昔から憧れていて止まなかった、一歩間違えればなんどかオークションで完成済みのものに手を出していた、まーしゃにとって「あこがれの一品」と思える作品を、こうして純粋にうれしい気持ちでレビューできたことに今はただ感謝したいところです。

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

Home > Tags > 和風堂

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

鏡音リン キャラクター・ボーカル・シリーズ2 グッドスマイルカンパニー版
鏡音リン キャラクター・ボーカル・シリーズ2 グッドスマイルカンパニー版

WonderFestival 2013夏(コトブキヤ編)
WonderFestival 2013夏(コトブキヤ編)

すーぱーそに子 ソニコミパッケージver. オーキッドシード イベント限定版
すーぱーそに子 ソニコミパッケージver. オーキッドシード イベント限定版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top