Home > Tags > WF2012summer

WF2012summer

WonderFestival2012夏(速報編)

戦いは既に7月1日から始まっているのです、そうダイレクトパス争奪戦からね。

ダイレクトパス導入開始の前々回は余裕、その有効性が囁かれ始めた前回は数時間の猶予、そして3回目となればイヤな予感しかしなかったのですが、予約開始受付時間前からログインゲームが白熱するのは必然といえるでしょう。

まぁ、徹夜対策という大義名分の元その有効性も相応に発揮できているとなれば、参加者側から見ても有り難いシステムには違いないですね。ある程度数を制限しなければ意味が無いという点を考えても、持つ者と持たざる者が生まれるのも仕方ないでしょう。

…とまぁ、入手までには多少の紆余曲折がありましたが、なんとかダイレクトパスを入手して参加した2012年夏のワンダーフェスティバルは澄み渡る青空の下、滝のように流れる汗と共に始まったのでした。

そのダイレクトパスでの入場シーケンスもさすが3回目ともなるとスムーズなもので、企業ブース(123ホール)への入場は9時30分から開始され決して良い番号とは言えないまーしゃでも9時40分頃には会場内に入ることができました。

特に今回はグッスマさんを始めとするフィギュアメーカー連合ブースWonderfulHobbyLifeForYou(WHL4Y)での撮影は14時まで、それ以降は撮影禁止という事前告知がなされていた為、限定フィギュアの購入などは諦めて少しでも早く入場できた時間的アドバンテージを撮影時間に割り当てようと挑んだのでした…。(つづく)


今回も企業ブースを中心にイベントレポを公開したいと考えていますが、まずは各ブースを写真中心にダイジェストで…。(画像は若干追加予定)

撮影機材:EOS 5D MarkIII + EF100mm F2.8L マクロ IS USM + 580EX II + PLフィルター

↑クリックでレビューページへどうぞ

Post to Twitter

Home > Tags > WF2012summer

WEB拍手
WF2014Winter

flickr

過去レビューらんだむさん

コミックXO 2008年12月号表紙 十文字たまき オーキッドシード版
コミックXO 2008年12月号表紙 十文字たまき オーキッドシード版

アルター、Piaキャロ3 木ノ下貴子 水着Ver.
アルター、Piaキャロ3 木ノ下貴子 水着Ver.

WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act3 HJ・AMAKUNI編)
WonderFestival 2016 SUMMERイベントレポート(Act3 HJ・AMAKUNI編)

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top